作家のひとりごと

ジュエリー Kadomi 内藤圭美のブログです。
本日平常営業/最終日ブリュッセル

おはようございます。

 

今日は火曜日。アトリエショップは平常営業です。

14時〜20時までの営業となります。
 

いよいよ来月15日から始まります東武さんでのリミテッドの準備もしっかりスタートです。
これから制作してアップする新作には、SNSも含めて、お納めしたセミオーダーなのか、
店頭に即置く新作なのか、東武さんで販売スタートする限定品となるのかなどの記載も
していきます。
 
そして、東武さんでもバイカラーなどのセミオーダーをお受け致します。
ルースは弊社が準備した物の中からとなります。
その際、石屋さんに会期中石をお借りして、お見せ出来るようにしたいなと考えても居ます。
詳細は6月に入りましたらブログでアップして行きます。
*DMは6月の10日までには到着するようにお送り致します。

〜〜〜〜

5月5日 金曜日 旅の最終日。
お昼にアムステルダムを出る電車をネットで予約していました。
朝は6度。まだまだ寒いアムステルダムの今年の解放記念日。
日本はこどもの日ですよね。
 

前回もここのカフェの場所の画像を撮っています。駅近くのちょっと有名なブラウンカフェ。
デルフト焼きのタイルの壁が有名ですが、私は鉄好きなので、アイロンやストーブに目がいきます。


朝食がてら外に出てきました。
まん丸ですね。私。


大きなアップルパイ。そしてクリームがドーン。
あとカプチーノ。一人では食べない(甘いの苦手で食べられない)ものも、味見させてもらえるのは
一人旅では出来ないのです。
そして一人旅では出来ない事。
顔ハメ画像もそうですし…



こんな事も一人では出来ません。一人でやってもだれも撮影してくれませんし。
お土産屋さんの店頭にある、大きな木靴を履いてみました!

アムステルダムから電車に乗り、一路ブリュッセルへ。
途中、ロッテルダムやらアントワープにも電車は停まります。

私はイタリア時代、フェルメール観に行ったりデルフト焼きの買い付けをお手伝いさせて頂いたり
した事があり、オランダは地方の小さな街へも脚を伸ばした事が有るのと、アントワープもこのブログに2回は
登場しているのではないかな。

今回、ブリュッセルの空港へ行く前、私は旦那にデルフトかアントワープを推薦していました。
例えば朝一でアムステルダムを出て、半日アントワープにしたら?と。
 
実は旦那は99年に10ヶ月フィレンツェに居たのですが、アントワープも候補に入っていました。
旦那の場合は日本の会社から研修という形で当初来ていたので、留学というよりは研修だったのですが、
フィレンツェではなく、こちらに来ていたかもしれなかったアントワープがどんな街なのか
見られたらいいのかなと思って。
しかしながら今回は「行かなーい。興味が無ーい」の一言。

ブリュッセルという街が個人的に好きではない私。
あとで絶対に後悔するぞーと思いつつ、ブリュッセルに到着。


ブリュッセルは、好きな方、住んでいる方すみません、私本当に好きではなくて。
多分、甘い物に情熱が無いのと、ビールが飲めない、マグリット嫌い(ルネ・マグリット。ベルギーの画家)
なのも大きいのかなぁ。あと、以前ブリュッセルに来た時に泊まったホテルで、
とてもとても嫌な目に遭っているんです。ちょっとここに書けないような、人種差別的な。
ま、私のブログだし書いちゃおうかな。
いや、やめておこう。
興味のある方は私に会った時に聞いて下さい。
ただ、どんより嫌な気持ちになるか、爆笑かどちらかです。
 

ブリュッセルで3時間で出来る事で、旦那が嫌な気持ちにならない事は何かなー。

中央駅は小さいので荷物が預けられるか不安(ロッカー数も少ない)だったので、
電車の到着した南駅に荷物を預ける。で、やっぱりグラン・プラスに来ました。

インスタにアップしたこの広場をぐるっと見回した動画です↑

あとワッフルは食べたいというので、この広場近くの有名店へ。
 

 


甘そー。。ブラウンシュガーなのか蜂の子なのか

甘いものだめだー。かき氷以外。

「『世界一美しい広場』らしいよ?」
「へー。なんかイタリアみたいな国だね」
やっぱり。
私もそう思っていた。

アムステルダムから電車で一気に入ると急に強く感じるラテン感というか。

いきなり増えるジプシーの数とか。


大学時代からバックパッカーだった私が行った全ての国に旦那を連れ回す旅第1弾、無事終了です。

アンティークジュエリーも一緒に見られて良かった。
次はいつ、どこに行けるかな。

北アフリカ(チュニジアやモロッコ)やインドはまだ心の準備が出来ないらしい。 
でも世界中にある魅力的な国や場所ほど、なかなか行きづらくて、行ける体力がある時にしか行かれないんだよな。
だから、私は心の準備はいつでも。

またコツコツお金貯めよう。

 

| admin | 放浪記 | 10:07 | comments(0) | - | pookmark |
5月3日〜アムステルダム その2

おはようございます。
 

これから個々にご連絡をいたしますが、3月の松屋銀座終了後〜4月の連休前までに
ご注文頂きましたセミオーダーの加工、昨日で全て終えました!
(フルオーダーメイドは少しずつ進めさせていただいております)
お納めが終ったら、撮影した画像をまたこちらでもご紹介して行ければと思います。

今日は旅日記の続き

〜〜〜〜

オランダは自転車の国。


刺繍糸屋さんのお店の前の自転車も刺繍で飾られている!


ちょっと面白いです!


この日、夕方にダム広場の裏手にあるジェネバーバーへ。
多くのガイドブックに最近記載が無いので、記憶を頼りに行きました!
初めてアムステルダムに来たときから毎回必ず来る。


賑わっています!


なみなみ注がれるので、顔を近づけて最初の一口は飲みます、の図


ジェネバー(オランダのジンです)の前では老いも若きも身分の差も関係なく同じように飲みますよ、の図


一口目を飲んで移動して来た。フランボワーズとリンゴ。


21時過ぎのAmsterdamはやっと陽が落ちる時間。
この日、5月4日はオランダでは『追悼の日』。 
追悼の日とは、第二次大戦や、国外の平和維持の為にオランダ国内外で命を落とした兵士や一般市民を悼んで

毎年5月4日の午後8時から2分間、黙とうを捧げる日なんだそうです。
知らなかった。

宿泊していた宿の近くのダム広場(王宮前)には物凄い人。
テレビでは式典が生中継されていて、その2分間、路面電車もバイクも停車。

街が静寂に包まれた様子をホテルの窓から見ました。

その黙祷の時間、タイのチェンマイで毎日同じ時間、待ち行く人が脚を止めていた事を思い出したりして。


明日5月5日は、解放記念日。



2週間前の画像だけれど、うんと前のような気がしています。
もう大分暖かいんだそうです。
寒かったなぁ、この日も。
| admin | 放浪記 | 10:29 | comments(0) | - | pookmark |
5月3日〜アムステルダム

おはようございます。

イベントまで1ヶ月。新作などもコツコツ手がけているのですが撮影も出来ていないので

今日は旅日記を。


〜〜〜〜

5月3日夕方、ロンドンからアムステルダムへ。
移動はeasyjetです。

今もまだ予約フォームに日本語は無いんですねぇ。そしてちょいちょい変わるサイトの作りが
便利になったりならなかったりで。
オンラインチェックインまで時間がかかるなぁという印象です。
まぁ、テロ防止とかなんだろうけれども、前みたいに(3年前)予約確認書をプリントして行けばOKでは
なくなっていました。
出発何日前に自動チェックインできますよ、という連絡がメールに届いてからチェックイン項目に
詳細を打ち込んで、バウチャーがpdfで届くのでそれをプリントして行くかスマホ提示なんですが
私旦那の予約もイタリア語で全て行って、私のスマホにね、旦那の分まで来るんだけれど転送
出来ないんですよ。
スクショ撮ってラインで旦那に送ったコードがそのまま空港で使えるのかなぁ。。。謎。
ま、プリントしておくか、という事で今回はプリント。
小さいお子さんを連れてeasyjetに乗る方に今度聞いてみよう。
今回周りのお子さん居る方はプリントアウトだったし。
しかし安いですね。ロンドンーアムステルダム、1人20kgの預け荷物分加算しても、1人5000円かかりません。

アムステルダムの空港を利用するのは、弟と旅をした2004年?2005年以来。
母の快気祝いを兼ねて3人で旅をするはずが、母は行かれず、弟と旅をしたのです。
その後確か、やはり6年くらい前に1人で来ています。ミュンヘンに仕入れに行く前に。
その後電車でミュンヘンに入っていると思います。
アムステルダムは確か6回目…かな?
空港はそんなに変わっていませんでした。
夜に到着でしたが、記憶を頼りに(ガイドブックは街歩きの物しか持って来ていなかった)表示も頼りに
空港から街へ。
ダム広場近くのホテルをとっていたので歩いて向かいます。
時間は22時半を過ぎている。
チェックイン前に夕食をとろうという私に、まずは荷物をホテルに置きたい旦那。
23時を過ぎて開いている所は限られてくると思うので、チェックイン前に食事。
これが正解。
 
予約したホテルは後から笑える感じ。でもその時はもう2泊だから仕方が無いよね…。と絶句する感じ。
1階はバー、エレベーター無し、日本で言う5階、階段は斜め。いわゆるアムステルダムの中心地の古い建物でした。
5月の頭はアムステルダムはホテルがなかなかとれないのです。高いし。
 

アムステルダムは運河の街です。


建物が隙間無く並んで建っているのも特徴。


微妙に歪んだり斜めだったり。


丁度チューリップの季節でした。
花が咲いて美しいアムステルダムと、ダッチデザインの国。
そして街中にあるコーヒーショップはマリファナを吸うお店だからカフェとは別だよ、あと飾り窓地区も旦那に案内。
不思議な国だねぇ、と。

アート、美術館などとても魅力的な国。
自転車のスピードがバイク並の国。
 

お店の内装も独特でおしゃれ。


街のあちこちに貼ってあったポスター?
剥がされている物もあったけれど、とても可愛らしくて。
〜もし私が王様だったら、毎日はパーティーだ!〜
これが一番好き。


お手洗いのマークが面白かったので撮りました!
女性の脚!
つづく。
| admin | 放浪記 | 10:04 | comments(0) | - | pookmark |
本日営業です/ロンドン〜5月3日

おはようございます。

ムシムシします。

夏が近づいて来ていますね。

 

本日は金曜日。13時〜20時までの営業です。

私は彫りをしたりオーダー品を進めたりしつつ皆様のお越しをお待ちしております♪


〜〜〜〜

ロンドンへは5月3日までおりました。


ビックベンが見たいと言う。
橋を挟んで向こう側からしか見た事がなかったビックベン。
今回はちゃんと目の前から、お天気がいい日を選び、見てきました!


芝生も青くて!


カムデンパッセージでずっとある古着屋さん。


2階の窓枠もブルー。レースのカーテンには白鳥がいたりして、すごくいい知らせを運んで来てくれそうな
そんな窓ですよね!


私が21歳のときから変わらずある古着屋さんもいくつか。
街は大分変わってしまいましたが、それでも同じ店主が娘さんと営んでいたり。
そんなお店で


ヴィンテージのメキシカンスカートを購入しました。
手描きのもの。大学生の時こういうスカートをよく履いていましたが、図柄がもっと派手だったり
スパンコールがついていて、手放していて、今手元にあるのはシマウマ柄の1枚。
この柄なら、これからも着られそうと思って。
最近またヴィンテージや各国の古着を手に入れ始めています。
もの凄く厳選した物ばかりを少しずつ。
「これはとてもレアなアイテムだし、コレクターアイテムよ」という女主人。
うん。私もそう思う。
手入れをしながら大切に履いて行きたいと思います。

今回のロンドンの旅、いつも通りルーペ片手にアンティークジュエリーの勉強したり
現代ジュエリーの視察なんかも行いました。旦那がアクセサリーやベルトのバックルの原型を制作する仕事を
今している事もあり、ベルトのお店も。旅の間夫婦でいろいろ語りました。
市場や作りについて。
いやー、勉強になりました。
ジュエリーはロンドンて、日本に入って来ていない素敵な物が多いのです。
うっかりいくつか買いそうでした。
「作れるだろ!」そうでした。
旦那も私も作れるんだった。
でも違うんだなー。
アンティークは特別なんだよな。
結局ロンドンで私が購入した物って、メキシカンスカートとあとシャツを2枚(やはり古着)のみ。
でも大切に着ていけるものばかりでとても満足です。
アンティークジュエリーはまた一人で来るときだな。
| admin | 放浪記 | 10:41 | comments(0) | - | pookmark |
本日平常営業/連休始め、まずはロンドンへ

おはようございます。

連休明け最初の火曜日。アトリエショップは平常営業となります。

14時〜20時までとなります。


〜〜〜〜〜〜〜〜

4月28日金曜日。
ゴールデンウィークに海外に行くことになるとは。
とにかく高いイメージです。且つ予約も取れないイメージ。
でも、連続してお休みがとれるという。
どこに行きたいかと旦那に聞いて見ると、「ロンドン」。
そうかー。ロンドンなんだー。

8月に入ってからチケットを見ていました。まだそんなに高くはない。なら体力や日程を考えると直行便がいい。
ロンドン往復では勿体ないからロンドンINでOUTはどこからにしよう。パリから抜ける便は既にいっぱい。
ドイツまで行く?いや、ブリュッセル辺りにしておこう。道中の移動や行く国は後で決めればいい。
 
私も最初の一人旅はロンドンだった。いずれも安い春休み時。21歳でした。90年代の始めです。
当時はJTB(他IHSでも)で飛行機チケット+宿泊分ホテル(空港までの送迎付き)というフリープランが
色々あって飛行機チケット代と+アルファで予約できたのです。それが一番安全で安かった。
例えば21歳の時ロンドン8泊で108,000円。当時のポンドとロンドンのホテル代を考えるとかなりお得です。
22際の時はロンドン10泊。23際の時はロンドン(どんだけロンドン)8泊と高校時代の友人と
バルセロナに1週間行きました。
そして24歳の時は留学先の下見もかねて、ロンドン、パリ、ローマ+フィレンツェの旅へ。
4月28日に羽田を出発。ロンドンへ到着したのは15時20分。ですが、入国審査に時間がかかる国
ですので、1時間強並んでやっと入国です。


ロンドンは丁度花の季節。そして日没が20時半!
ホテルに入ったのは18時半でしたが、その日はホテルの周りをうろうろして、軽く食事をして終了。
翌日に備えました。

4月29日(土)はロンドンへ来たらポートベローということでノッティングヒルへ向かいます。

 

駅を出てマーケット入り口の建物をみるとテンションも上がります!いつも来るのは2月が多く、この季節は
初めてです。新緑が眩しいです!


いつもは蔦だけだと思っていた木が、実は藤の花だったんだ!と。


あちらこちらで立派な藤を見ました!
マーケットはとにかく旦那さんが楽しそうでした。よかった。
私は店のディスプレイや仕事に繋がりそうな物を探してのんびり散策。


カラフルな街も素敵。


ソーラーパネルがついていて、左右に腰を振るおもちゃの中に、イギリスの有名コメディアン、Mr.ビーンと
中央にはエリザベス女王。おもちゃの名前は「ダンシング・クィーン」。
イギリスっぽいですよね!こういう愛情って。
日本ではなかなか。
イギリスの好きなところでもあります。


顔ハメ撮影も一人旅じゃないと可能。もう顔ハメはライフワークなのです。
この後少しショーディッチの方へ移動して、足が痛くなり終了。

夕食を食べてホテルへ戻ります。
この日から、私は明るいうちに寝るという俺時間をまた3日繰り返したのです。体調もまだ万全ではなかったですし。
旦那も同じく明るいうちに寝ていたようです。朝4時には目覚めるのにね。それもまぁ、焦らず。


朝焼けのような夕焼け。この時点で20時半です。
既にお店は閉まっている。こんな明るい時間に仕事が終れて夕食も終っている。
そんな日々が羨ましくもあります。
土曜日だったので、とくに街はこれから!という雰囲気でした。

続く。
| admin | 放浪記 | 11:28 | comments(0) | - | pookmark |
ジョドプル最終日 9/24(土)

おはようございます。
今週はとてもバタバタと忙しい週です。

 


月曜日、午前中朝一で御徒町をまわり、お昼から東武さんにDMのラベル貼りへ。
デパートの顧客様DM(デパートのマークの入っているDM)は指定された時間に
デパートへ出向いて貼らなければならないので、シール切手も300枚購入して
行ってきました。
1時間弱でラベルと切手は貼り終わり、打ち合わせなど諸々をして14時には退館。
その後22時頃まで石留め加工を黙々と事務所で進めておりました。
夕飯の準備は勘弁…(うちは旦那さんが先に帰っても炊事はしません)と思っていたら
旦那も帰宅が遅い。
待ち合わせして定食屋さんで食べて帰って、その後はさすがにパソコン前に座れず
顧客様のDMラベル貼りを1時半までやって力つきました…。

昨日は2年半振りに乳がん検診。
先生が覚えていて下さって、「あなた、もううちに8年来ているのよね!」と。
ええ。そうなんです。
最初の3回は毎年。最近1年おきとか。だって予約が取れないんだもん。
銀座のプリマクリニックという所です。
乳がん検診のみを行っているクリニックですが、どんなに小さいものも、あれ?と
思われる所も見逃さず、見つけて下さる有名な所なんじゃないかな?
銀座にある女医さんの病院て、結構いい所が多いのです。
よしき皮膚科もそうですが、お客様にご紹介をいただいて行き始めたのでした。
8年かぁ。
今日は水曜日。終日事務所で制作の日になったので、アトリエショップを開けてもいいのですが
黙々と作る日にします。
Kadomiからは、DMは明日木曜日あたりから発送を開始致します。
〜〜〜〜〜〜〜

今回、ジョードプルで思いがけずだったのは、布。
おなじラジャスターン州でも州都ジャイプールはこの地方独特のブロックプリントや
ミラーワークなどの布製品が集まる事で有名です。
インドを植民地としていたイギリスでは、古いものなんかは、今でもオークションで
もの凄く高額で取引をされたりしているそうなのです。
そういった布は、今はインドでもなかなかお目にかかれず、普通には手に入れる事が
出来ないんだそう。
今回行ったジョードプルでは、もちろんそんなオークションに出されるようなものは
お目にはかかれませんが、布のマーケットが永遠と続き…。
砂埃とクラクションでもうわからない!!と思った時に声をかけてきたインド人に
「こういう布を見たい」と言ったら連れて行ってくれた場所が。
やはり迷路のような中にある布屋さんなのですが、その中に、表向きは普通の布屋で
中が何フロアにもなっていて膨大な布のコレクションを持っている店
(デザイナーがオートクチュールで使用するような布などが。ミュウミュウやアルマーニが
買い付けに来ている写真も、頼んでないのに見せてくれました)や、
地下室に膨大なアンティークの民族衣装をコレクションしている場所など。
不思議だなと思ったのは、「KIMONO?」と言われた事。
アジアの布で帯や着物を作る業者さんやお店が来るのかな?それとも、欧米人が
着物のような形のガウンを作るのかな?
 
私は銀座にある灯屋2さんで、インド更紗の帯やタジキスタン生地の帯を購入して持っている
のですが、そういう風に着物として着られたら素敵な布達が沢山!
次回は、そういうものに仕立てられたら…という野望も持ってじっくり
滞在してみたい街でした。
 

今回は、本格的なミラーワークのスカートが欲しいと思っていた私。
インドでも日本と同じく、今の物より昔の布の方が、格段に良いのです。
でも、ミラーワークなんかはもうなかなかね、古い、いい物はいい状態では
残ってないんです。
そこで。今回見つけたお店があるんです。
 

こちらは現代のものですが、細工は他の現代の物とは違います。
ずっしりと重さのある手仕事の本物のミラーワーク。
ウエスト部分はアンティークの布。
普段は男性のいとこ同士が運営している2畳半程のお店です。
セミアンティークの生地でバッグやこんな服を作っているのです。
縫製は雑です。そこはご愛嬌。
小さなスペースで1人はずっとミシンを踏んでいて、もう1名はお客と話しながら
デザインを起こして、こうやって商品を作ってる。
スカートは長くて引きずるくらいで「これは私には無理かな」と言ったら、
目の前でウエストの布を選び、私サイズに直してくれました。
インターネットで世界に発信したり、facebookのページがあったり。
年に1度ロンドンで販売会にも出ているようです。
有名になってどんどん値が上がっちゃうのかな。
ここもまた絶対に行く。
Kadomiのフェイスブックページに彼らのページをリンクしてあるので
見てみて下さい。

ここのお店によく来るの、というドイツ人の女性3人グループと仲良くなりました。
リタイアした後、3人で年に数回インドを旅しているんだそうです。
で、このジョードプルは毎回来るんだそう。
理由は、「布」。
生地を指定して、チュニックなどを縫ってもらったり。
あと、「食」。実は、今回これは思った。
ジョードプルっておいしいご飯が食べられる場所が多い気がします。
ジャイプールよりも。もちろん価格も安い。
そんな彼女達に教えてもらった所にランチをしに行きました。
 

これ、ベジタリアン用の定食みたいなものです。
どれもとても美味しかったです。あぁ昨日知っていたら…。
こちらは木陰がいっぱいあるテラス。風が通って涼しいです。(涼しいのか?)
夜は屋上も素敵みたい。
ベジタリアンのお店ですが、数件先にはノンベジも経営されていました。

そこで食後に女主人にやっていただきましたヘナ!


ま。後で少し後悔をする事になるんですけれどね。
石を見る時にね。
満足して出発。


街を歩いて散策したり。


古井戸の中で遊ぶ子供達に「iPhone!ポケモンポケモン!!」と囲まれて、
やってない!やってないと逃げたり。


下りて見たかったけれど、井戸の中の少年達がいやで下りなかったり。
また、来ればいいかな。


お昼にあれだけ食べたので、夜は食事はとる気にならず。
私、一人で海外に居る時、お昼にしっかり食べて夜は部屋でフルーツとかだけでウダウダ。
よくあります。
ホテルの前に居た屋台。朝から夜まで必ず人が居て。
欧米からの観光客も結構居た。
美味しそうなんだけれども、チャレンジは出来なかったな。
 

そして出発の朝も、アーザンで目を覚まし、荷造りを終えて。
ジャイプールまで6時間の電車の旅へ出発するために駅へ向かいます。
| admin | 放浪記 | 10:18 | comments(0) | - | pookmark |
9/24(土)メヘラーンガル砦 その2

こんばんは。

珍しく夜の更新です。
 

今日は朝8時前に家を出て吉祥寺パルコの屋上で今年2度目のフリーマーケットに参戦
してみました!
衣替えの途中ではあったのですが、着なくなった服やヒールが高くて履いてスムーズに
歩けなくなってしまった靴(年齢と加重)前回同様、旅先で買った布達も。
前回はモロッコで買ってしまっていた沢山の布達を手放しました。
そして、今回は、前回インドで買った布の一部と、モロッコで買ったベッドカバーなんかに
いいのでは!?という布、イタリアで部屋に吊っていたカーテンなど。
布はあっという間に売れてしまいますね。
なんだ、みんな布好きなんじゃん!!と思った訳です。
手放さない布の中には、60年代のインテリアファブリックとかマニアックな布、
アフリカンプリントなんかもあって、眺めるのがとても楽しいのであります。
そうそう、ブログでアップしていたインドの古い布がお問い合わせなどもちょくちょく
いただいたりして。
次回はもっと沢山買ってきますね!
やっぱりあれ可愛いですよね!!
よし。次もインドに行く際はジョードプルに行こうと思います。
今週は、10月最後のアトリエショップ営業日です。
週末は平常営業になりますが、火曜日はお休みです。
2ヶ月半前にやっと予約がとれた乳がん検診の日なのです。
みなさんも行って下さいね!(2年以上振りなのですが私)
〜〜〜〜〜〜
 

ジョードプル日記の続きです。
こちら、これが、どうもワンピースというアニメに出てくるそうです。
私は観ていないので判らないのですが…
作者の方、この街にいらっしゃってるんですねぇ。

展示されている中に、とても興味深い物がありました。
日本で言う、すだれのようなものが。
タペストリーみたいです。着彩かな?と近づいて見つつ、オーディオガイドを
聞くと…
 

すだれに色が塗られているのかと思っていたら、絹糸が巻かれて模様を出してあり
そのすだれを香料を混ぜた水に浸しかける事で、涼を得たという。


コイル状に木の棒に巻かれているのが見えますでしょうか。
すだれを通る風は涼しく、香りを楽しめて、タペストリーのように目に鮮やか。
日本的だと思われていた和の美の感覚と通じるものが。
でもこのすだれ。
ここラジャスターン地方では、王族の女性達の顔を外から隠すためも大きかったようです。
女性達の側近の兵士など男性は全員去勢。
王族の女性達は、戦などで夫が亡くなったら、亡骸と共に生きたまま炎に包まれると。
オーディオガイドの最後には、このマハラジャの末裔の女性で後に政治家になった方の声で
「昔と同じようには、もう生きては行けない、時代は変わったのです」と。
帰って来て暫く経っていますし、こうやってパソコンの前で打っていても
あまりちゃんと文章で表現出来ないのですが、いろいろ思いました。
地方に来るとまだカーストも根強いですし。
 

 
砦の上にある建物なので、すだれで顔を隠さなくとも、外から見る事は出来ないはずなのに。
そのシルエットや指先だけでも、人目に触れてはならなかったようです。


女性達が掃除をしているこの間。
このパテオのような中だけが、唯一女性達が世間話をしたり、歌を歌ったりできる
『園』であったようです。
第1の妻以外、第2の妻以降の女性達は、みなここで毎日過ごしていたんだな…。



色ガラスのきれいな部屋。ステンドガラスっていうのかな。
ヨーロッパと同じなのかな。


大事な会議をする間だそうです。


色が映り込んで綺麗です。


壁にはろうそくを灯したと思われるくぼみ。
これはアラブ建築にもあります。
照明入れてジュエリーを飾りたくなります。
ディスプレイに活かしたいなと思いつつ、記録もして行きます。
| admin | 放浪記 | 20:10 | comments(0) | - | pookmark |
9/24(土)メヘラーンガル砦 その1

おはようございます。

本日はアトリエショップ営業日。

午前中近くで打ち合わせがあるため、13時からの営業となります。

宜しくお願い致します。
 

 

まだ日記はジョードプルです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 

砦を上りきった所から見える景色はたいして青くないのです。
あんなに坂を上る度に出くわしていた青は、上から見るとあれ?物足りない。
博物館の開館時間を待って入場すると、入場料の中にオーディオガイド料が入っているので、
パスポートを 人質にして  渡して(管理は安心です)借ります。
なんと日本語があります。
1つ1つ丁寧にガイドを聞きながら進んで行きます。


建築も素敵です。


なんというか、アラブ建築のような。

 

博物館はとても見応えがありました。
ゾウの上に乗せる乗り物にも細かく銀細工がされています。
ライオンを装飾に入れた物が多いようなのですが、顔がどれも志村けん似です。


中で働く方はみなさん民族衣装を着ています。
まるでタイムスリップしたかのよう。

 

と、そんな中にフォトスタジオ?


中に入ると、なんと顔ハメです!
facebookの私のプライベートページに繋がっている方はご存知の、
私のライフワークです!
あぁ撮りたい。でも一人では撮れない。
50ルピーと書いてある。
近くに居た、中を管理しているインド人に私のiPhoneを渡して撮ってくれる?と聞くと
 
「自分に頼むと、画像を加工してあなたのメアドに送るまでと入れると600ルピーだ。
顔も化粧してあげるし、鼻ピアスだってしてあげるよ」

次回は旦那と来たいと思います。


装飾が素晴らしい。
ちょっとした影で鳩が涼をとっています。


建物の上の方に上がると、見えてきました。青い風景が!
そう、砦の向こう側の一部が、特に青い家が建つ場所だったんです。


色々な青。空の青。
雑誌や本で見たこの景色は、もっと全体が青かった。
それは、加工をしていたんですね。
実際は青ばかりではなかったのです。
砦の上で過ごしていたマハラジャ。
この街を見ながら砦で過ごす日常は、きっと寂しいんじゃないかなと。
この砦の向こうの青い旧市街を歩いてみたいけれど、それは次回におあずけ。
| admin | 放浪記 | 10:05 | comments(0) | - | pookmark |
9/24(土)砦を目指す。/アトリエショップ営業日です。

おはようございます。

連休明けの火曜日です。

今日はアトリエショップは平常営業となります。

14時〜19時までとなります。

宜しくお願い致します。

 

今週中に東武さんのDMが上がって来る予定です。

そうだ、ツイッターには以前書き出していたのですが、今月末の池袋東武さんでの

イベント時、Kadomiの接客、販売を一緒にやって下さる方を募集しています。

通常、早番、遅番でシフトを組みます。
1日や2日でも、立てる!という方、興味を持って下さる方がいらっしゃいましたら、
info@kadomi.comの方へご連絡をいただけましたらと思います。

そしてブログはまだ旅日記です。

〜〜〜〜〜〜
朝、5時前にアーザンで起きる。
あの宗教放送は街中スピーカーで大音量で流れ、その後鳥が鳴きはじめるので
インドでは夜明け前に目が覚めます。
あの音で目が覚めたとしても、この季節日が昇るのは6時過ぎ。
2度寝も出来ない私は、そのままiPhoneでメールの返信やこの後のジャイプールでの
仕入れのやり取りをしつつ。
やっと陽が登ってきました。
 

日本に居ると、朝陽とともに…なんてことが無いので、新鮮な気持ちです。
インドでは結局毎日アーザンで目が覚める事になりました。


そして日が昇っても、朝食は7時から。且つ7時といっても7時には始まらないのが
インドの朝食。
ハヴェリ建築のホテル内を歩き回ってみます。
向かって右奥の扉が私の部屋でした。
床がいい感じ。


そして部屋から真っ直ぐに出ると、こんな素敵な空間があります。


朝焼けが美しい砦。ここを今日上っていきます。
朝7時の時点で、既に27度。
あれ?iPhoneの予報では、8時の時点で28度となっていた。砦の博物館が開くのは9時。
これは朝食をとらず、30度になる前に上まで上がってしまった方がいいのかもしれない。


ということで、7時50分に宿を出て歩き始めました。
まだ道の掃除もされておらず。
ゴミと、動物の糞尿と、野良犬達。
温度は29度。歩くと汗が出てきます。


商店の前にはこんなふうに唐辛子かな?あとオレンジ色の木の実がぶら下がっています。


この道を上り、家が建つ最後の所で昨日はギブアップしていました。
それより更に上がって行きます。


ここまで来ると、犬も牛も居ません。
ヤギとリスとたまに猿に出くわしてびっくりします。


上がりきった所で、博物館の開館まで待ちます。8時30分。
水を飲み汗が引くのに時間がかかりました。
| admin | 放浪記 | 09:46 | comments(0) | - | pookmark |
9/23(金)ジョードプル その4 /本日16時まで

おはようございます。


本日のアトリエショップですが、急な変更で大変申し訳ございませんが

16時までの営業とさせていただきます。

16時半には外出しなければならなくなり、遅い時間のご予約も無かった事から

急遽16時までと変更をさせて頂きます。

宜しくお願い致します。

 


*インドで仕入れた石につきましては、こちらのブログでご紹介をした後

ご覧頂けます。事務所にはまだありません。

 

〜〜〜〜〜

さてまだ日記はジョードプル初日。
 

あまりの暑さにiPhoneが熱を持ってしまい…。
動きが遅い。
気温を見ると、14時の時点で38度となっていますが、他のアプリで見ると41度に。
このiPhoneの天気のページ、予報全部晴れで今後1週間の気温が全部同じ。
なんだか適当だな。
でも、明日の朝は8時の時点で27度、9時の時点で29度となっていましたので、
よし、朝に砦に登ろうと誓いました。

あまりに暑すぎたので水を何本も買って、ホテルに戻ってシャワーで汗を流して
身体を冷やします。
1時間半程、17時くらいまでホテルで仕事をしながらじっとしていました。
だって。
外は暑いだもん。
日本を出発した日は20度無かった日。


夕暮れで少し涼しくなってからバザールへ出てきました。
みなさんの服装が暑さを感じさせないですが、インドやモロッコは半袖って危険です。
袖は長い方が涼しい。
ラジャスターン地方の生地屋さんなどがジャイプールよりも安く有るので歩いてみて行きます。
アンティークの生地屋さんとか。
今思い出しただけでもまた行きたいです。
まだ、そこまで観光客が押し寄せでもない街なので、いい物が沢山残っています。


私は、前に何かの本で見て欲しいなと思っていたこの刺繍の壁掛けを買いました。
動物や神様や踊っている人が刺繍してあります。
お店のどこかにかけようと思って。
状態がいい物が沢山ありました。安いよね、今買わないと後悔するよね…と思い
また翌日買い足すんですけれどね。

私ジュエリー屋ですけれど、こういうのを仕入れて1年に1度マーケットで売るという
仕事をしたいです。
布への憧れや愛情はやっぱり大きくて。


夕方になり日も落ちて気温もグンと下がるのかと思いきや。
34度のまま。
そうです。砂漠地方の夏は陽が落ちても涼しくはならないのです。
以前モロッコで体感した酷暑を思い出しました。
あのときは、確か99年。
ホテルに帰って来てシャワー浴びるよりまずプール…と、夕食食べた後着替えて向かったら
欧米人の方は周りに居るだけで誰も入らない。
なぜ?と思って足をつけたら、日本の温泉並。42度くらいでしょうか。
私でも少し入ったらのぼせる程の温度。
それくらい、7月末のモロッコ側のサハラ砂漠は気温が落ちませんでした。
ホテルの横の建物の屋上で夕飯が食べられるというので、上がってみた。


ライトアップされた砦。
実際はもっともっと素敵です。
あぁまた行こう絶対。
太陽が出ていないだけでも、とても涼しく感じました。
そして、ここもそうですし、翌日行ったレストランも。
ジョードプルのレストランはとっても美味しい所に行くことが出来ました。
ジャイプールではなかなか食べられないような味のお店がとてもリーズナブルで。

この日は9時頃寝落ちしました。
寝不足もありますが、インドと言えば、朝5時前にアーザンの放送で必ず起こされるから。
モロッコやトルコで流れるコーランよりも大音量でアーザンは街中大音量で放送されるのです。
2度寝が出来ない私は、宗教の早朝放送がある国ではとっても早い時間に
寝るようにしているのです。
まさか、この後ジャイプールで毎日真夜中まで石を見る事になるとは思いもしていませんでした。

 

| admin | 放浪記 | 10:33 | comments(0) | - | pookmark |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
+ Twitter
+ RECOMMEND
JAPAN PRECIOUS no.84(Winter 20―ジュエリー専門誌の決定版 ブランドガイドブック 2016
JAPAN PRECIOUS no.84(Winter 20―ジュエリー専門誌の決定版 ブランドガイドブック 2016 (JUGEMレビュー »)
矢野経済研究所

Kadomiのカメオを用いた商品を掲載いただきました!
+ RECOMMEND
持ち歩ける 吉祥寺本 (エイムック 3069)
持ち歩ける 吉祥寺本 (エイムック 3069) (JUGEMレビュー »)

移転してはじめて掲載していただきました!後ろから2ページ目に小さいですが素敵に紹介していただいています!
+ RECOMMEND
東京 マイファーストジュエリーショップガイド
東京 マイファーストジュエリーショップガイド (JUGEMレビュー »)

ジュエリーショップガイドに今回もKadomi shop&factoryを紹介して頂きました!今回も知人友人がいっぱい紹介されています!
+ RECOMMEND
東京ジュエリーショップガイド―自分で選ぶ自分のための“for me”ジュエリー (αLaVieガイドブックシリーズ)
東京ジュエリーショップガイド―自分で選ぶ自分のための“for me”ジュエリー (αLaVieガイドブックシリーズ) (JUGEMレビュー »)

はじめの方のページにカメオの作品、オーダーリフォームのカテゴリーでKadomiを紹介していただきました!
+ RECOMMEND
KIMONO姫 10全部買えます編 (祥伝社ムック)
KIMONO姫 10全部買えます編 (祥伝社ムック) (JUGEMレビュー »)

P,15にKadomi 和ジュエリーかろん の帯留めとかんざしが掲載されました。
+ RECOMMEND
InRed特別編集 大人女子の浴衣 (e-MOOK)
InRed特別編集 大人女子の浴衣 (e-MOOK) (JUGEMレビュー »)

お問い合わせをいただいたのでこちらで紹介。17ページでイラストレーターのハセガワ・アヤさんが身につけている帯留めは「かろん」のタツノオトシゴの帯留めです。サイトからお問い合わせいただけます。
+ RECOMMEND
GMプレミアムジュエリー 2010S/A (HINODE MOOK 50)
GMプレミアムジュエリー 2010S/A (HINODE MOOK 50) (JUGEMレビュー »)

「33組の日本人クリエーター」に掲載していただきました!そして、掲載されている人たち、知り合いがいっぱい!
+ RECOMMEND
お誂え手帖 ふだん使いのかわいいもの編
お誂え手帖 ふだん使いのかわいいもの編 (JUGEMレビュー »)
花島 ゆき
62ページから71ページまで、デザビレの中での制作風景や諸々を取材、掲載して頂きました!他にも素敵なお誂えをお願い出来る作家さんの作品や工房も興味深いです!!
+ RECOMMEND
ART BOX vol.2 JEWELRY (ART BOX MOOK SERIES) (ARTBOX)
ART BOX vol.2 JEWELRY (ART BOX MOOK SERIES) (ARTBOX) (JUGEMレビュー »)

2ページにわたり、カメオやレリーフを使用した作品を掲載していただいています。
+ RECOMMEND
アンティーク着物スタイルブック
アンティーク着物スタイルブック (JUGEMレビュー »)
大野 らふ
いくつものコーディネートの中に、そして帯留めの紹介もして頂きました!Ponia-ponの店主らふさんのコーディネートは、着物も帯留めもとても勉強になります。
+ RECOMMEND
現代日本のクラフト〈vol.2〉 (ART BOX IN JAPAN)
現代日本のクラフト〈vol.2〉 (ART BOX IN JAPAN) (JUGEMレビュー »)

11月23日発売のこの書籍のP130、p131の2ページに渡って掲載していただいています!
+ RECOMMEND
ダイヤモンド・ナビ Vol.4 (4)
ダイヤモンド・ナビ Vol.4 (4) (JUGEMレビュー »)

この本の見開きと、中のなんと2ページに、作品を紹介していただきました!
ブロの写真とブロの文章で、とても素敵にしていただいています。是非手に取ってご覧下さい!!
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE