作家のひとりごと

ジュエリー Kadomi 内藤圭美のブログです。
8月の営業カレンダーとブラックオパールのリング

おはようございます。

 

本日は火曜日。アトリエショップは平常営業です。


今年の7月は、そういえば、1度もかき氷🍧食べる事が出来ませんでした。
第1週目は数日バンコクで、その後怒濤だったからなー。
冬の方が食べてるな・・・・。


毎年同様、今年も8月の第1週は毎日ショップ営業します。

 

6月で、アトリエショップという形式を始めて8年過ぎ、9年目に入りました。

ありがとうございます。


御徒町でのショップ営業4年、移動して吉祥寺は5年目。

デザビレに居たり、ゴム切りの職人さんのところへ通ったり、実質御徒町には9年居ましたが、

アトリエショップ歴は吉祥寺の方が長くなりました。


6月に御徒町のオープンイベントをした2010年以降、6月は百貨店出店などで慌ただしいので避けて、

8月の第1週に、〇〇周年的に毎日開けています。

今週も午前中は御徒町へ行ったり、打ち合わせがあったりするので、午後に時短営業となりますが
本日から土曜日まで毎日開けて居ます。 
お立ち寄りいただけましたら。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今日ご紹介をするのは、ブラックオパールのリングです。

お客様持ち込みのオパールを、セミオーダーで仕上げました。

 

 

地金はK18WG、アームはprimaveraのM幅、彫りは3面とも月桂樹です。
美しいオパールが大きく見えるように、工夫した覆輪留めで仕上げました。

お納め時「石が大きくみえる!」と、喜んで頂けて良かったです。

アーム片側に留めたお客様からお預かりしたメレーダイヤも効いています。

 

遊色が美しい良質なオパールは、小粒でも存在感がすごいです。

こちらのお客様が持ち込まれるオパールは、私も良質なオパールが欲しいと思ったら 9割がたそこで探す

というくらい品質を信頼している gemstory (ジェムストーリー)さんで購入をされているので

安心して加工をお受けして居ます。

石の研磨も素晴らしく、加工をする上で心配無いのです。

気に入っていただけて私もとても嬉しかったです。

ありがとうございました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

石の持ち込みについては、サイトやこちらのblog「オーダーメイド、セミオーダーメイドについて」に

詳細を記載しています。

百貨店では、お客様の持ち物をお預かり出来ないところも多いので、弊社は会場では石はお預かりしていません。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

今現在の加工の状況です。

 

*東武さんでお受けしたセミオーダーでアトリエでのお渡しをご希望されている方の加工は

本日で全て終了予定です。

 

*うめだ阪急さんでお受けしたセミオーダーは、来週には第3段目が終わる予定(第4段目は連休後かな?)

 

*弊社でお受けしているセミオーダーのお客様で、6月いっぱいまでにデザインのご相談、ご入金全て終了している

方の分はお納めを終えて居ます。(サイズ変更などを含みません)

*フルオーダーでお待ちのお客様は、3月末の時点で、デザインを最終決定、ご入金までを終えてくださっている
お客様の分までのお納めを終えて居ます。
アームなどはある中からお選びいただくセミオーダーとは異なり、フルオーダーやUNICOなどのご依頼のお客様
分は、どうしてもデザインのやり取りや石の手配、3面図のやりとりなどがあるので、遅くなってしまいます。
昨年末までにエントリー下さっているお客様で、まだデザインのやり取りもお待たせしてしまっている
方も数名いらっしゃいます。
うめだ阪急さんへのお納めが完了しましたら、順にご連絡をスタートさせて頂く予定です。
よろしくお願いいたします。
| admin | オーダーメイドジュエリー | 08:36 | comments(0) | - | pookmark |
パライバトルマリンでUNICOリングを

おはようございます。

今日は火曜日ですが、アトリエショップはお休みです。
 

 


7月のアトリエショップ営業日となります。
今週はアトリエショップはお休みをいただいております。再開は10日火曜日です。
池袋東武さん、うめだ阪急さん、そしてその前にいただいているサイズ直しやセミオーダーを
コツコツ進めつつお納めを続けています。

親の歳に迫る勢いだった(だから大袈裟)数も、50を切ったアラフィフに。
百貨店でお受けしたセミオーダーは3分の1は既にパーツの制作を終えて、組み立て前です。
3グループに分けて、ある程度の数を一気にパーツ制作、組み立て、磨き、彫り石留め、仕上げと進めたほうが
効率が良いので、そうやって進めています。
フルオーダーやstile fiorentinoはそうは行きません。
やはり、1つ1つ進めて行く必要があります。

まずはコツコツ。
そしてインスタなどで画像を更新していますが、石の買い付けもスタートしています。
昨日はなんとミャンマールビーのピジョンブラッドを買い付けました。鑑別書付きです。
ドキドキしています。
また改めてご紹介をして行きます。

今日ご紹介するのは、6月半ばにやっとお納めができた、フルオーダーリングです。


この、蛍光グリーンのような鮮やかなカボッションは、7ctアップのパライバトルマリンです。
購入をしたのは、10年くらい前のインホルゲンタ。2月のミュンヘンの宝飾展です。
まだ、市場に良質なブラジル産出のパライバが探せば数もあって、アフリカ産の石も注目され始めた頃。
パライバ(産出場所の名前だからね)と呼ぶのはブラジル産だけで、アフリカは呼ばない、と言われていたのに、
いや、パライバトルマリン、でもアフリカ産出と言って良いとなった直後くらいでしょうか。
同じアフリカの鉱山から出るパープルカラーのトルマリンも蛍光系で、紫のパライバが出た!なんて言われて
いた頃です。今はパープル系はパライバトルマリンとは呼びません。
 
当時、私が仕入れた中では高額な方の石でしたが、今年の2月の同じ会社に「あれ今だったらいくらするの?」
とミュンヘンで聞いたところ、5〜7倍と言われました・・・・。
石を買い付けた際、この飴のようなカボッションと、光を孕んだようなグリーンがとても印象的で
他の石に目もくれず、名前は知らないが(興味がないが)これが良い、このトルマリンがどうしても欲しいと
思ったのを覚えています。

最近特に思うのですが、キラキラしたものは、心を元気にしますね。
貴金属もそうですが、私は色に心踊ります。
石に、というよりも色に。

なので、このパライバはKadomiの製品として加工せず、フルオーダーのお客様用ルースとしてずっと保管していました。
どんな方が決めてくださるんだろう。
そんな光り輝く個性的なパライバを、昨年1月にお選びくださったお客様がいらっしゃいました。
 

石自体が高価ですし、まずは石を確保していただきました。
リングにされることは決められていました。
どんな感じにしよう?
10ヶ月ほどあたためられて、デザインのやりとりが始まったのは、昨年下期の百貨店のイベントが終わった頃でした。
年末、年明けと相談をさせていただいて、UNICO風のリングに決定。
側面には、お客様の持っていらっしゃったルース、ダイヤモンドとタンザナイトをそれぞれ2ピースずつ
入れることに。
石枠はK18YGで、他はSV925で加工をすることになりました。
 

3月に今年の上期百貨店イベントが始まり、その合間合間に少しずつ時間の取れるときに加工を進めて
行きました。
UNICOリングは、最近手がけているセミオーダー風のリングとは異なり、1点1点進めていく必要があるので
(タガネの研ぎ方も変わるので)なかなか進められずでおりました。
 


タンザナイトとグリーンのパライバとの色の相性がすごく素敵。
SV925部分は、しっかりとアンティーク風な深彫りで進めて行きました。
こちらに動画もございます。


銀の部分についてです。
時間の経過や環境で 早い遅いはありますが、だんだんと黒くなっていきます。
その特徴を逆手に、2倍楽しめるように。

例えば、こちらのリングの場合、銀部分が黒くなった姿も想像しながら彫り進めていきます。
磨いて研磨剤を落とす前の黒い状態でも、仕上がりを確認しています。
画像の右側は、洗浄前の黒い状態。
実際は彫った溝に研磨剤が残っているだけなのですが、数年使用していただいた状態にとても似ています。
表面だけクロスで磨いていただいたり使用後に汚れを拭くなどしていただけると、こんな風になるのです。

お納め時は白い彫りたての銀を、あとはお客様に育てていただいて、3年後位には、彫った箇所がこんな風に
黒くなると思います。
黒くなると深彫りしている箇所がよりはっきりして、模様に奥行きが出てきます。
それを確認しながら最終的に彫りを仕上げます。

黒くなるのがお嫌な方、お手入れが心配な方には、黒くなりづらいロジウムメッキをお勧めしています。
こちらも動画がございます。
先ほどの白い状態と見比べてみると面白いです。


お客様から着用画像をいただきました。
外は大雨な室内で撮影されたそうです。
それでもこの石の色!!
ほっそりとした指にとてもお似合いです!!

私は、Kadomiのジュエリーはその人に寄り添って、ここぞというときに背中を押してくれるような
そんな存在だったら良いなと思っています。
それには、石が絶対あったほうがいいなと思っています。
もちろん地金だけのリングも素敵ですが。
ちょっと不安になった時とか弱気になったときに、人って下を向くと思うんです。
そんなとき、目線を落とした手元に、こんな色が留まっていたら、きっと、よし、と。
前を向けそうな・・・・。

気に入っていただけて安心しました。
ありがとうございました。
| admin | オーダーメイドジュエリー | 08:06 | comments(0) | - | pookmark |
リメイクでダイヤをペンダントトップに

おはようございます。
 

寝ても寝ても眠いのです。
制作を再開して、あぁ作るっていうのは、ものすごくエネルギーがいることなんだなぁと改めて思っています。

今日は金曜日。アトリエショップは平常営業です。
今日はお天気良さそうかな?
(雨女なので・・・・)

今日ご紹介をするのは、先日お納めしたペンダントトップです。

ご相談をお受けしたのは昨年11月、インドから帰国してすぐ。
年末にはお客様のアイテムをお預かりし、デザインを決定したのは1月末か2月あたまでした。
 
マリッジ以外のフルオーダーは、今ちょっとお時間をいただいてしまっています。
どうしても、Kadomiの商品、百貨店でのイベント関係が優先となりますので、
お話をいただいた順というより、今はデザインが決定し、ご入金をいただいたお客様から順に
上記の仕事の様子を見ながら進めさせていただいています。
 
ですので、早い方はセミオーダーと同じくご依頼から〜2ヶ月くらい。
デザインを詰めつつ、となったり複雑な構造だった場合は、半年〜8ヶ月ほどいただくこともあります。

その分、丁寧に進めさせていただきます。
よろしくお願い致します。


お客様からは、2つのリングをお預かりしました。

まず手がけるのはダイヤからということで、2つのリングから石をお外ししました。
譲り受けられた、眩いダイヤモンドをペンダントに、という、リメイクのフルオーダー。
元はたて爪にセットされた、クラシカルな素敵なリングでした。

存在感のあるダイヤを活かせるような、ペンダントトップをプラチナで。
両吊りや本体にチェーンが通るデザインより、チェーンの長さで表情が変えられる
バチカンつきを希望されたので、バチカンにも、もう1つのリングから外したダイヤから1石を。


透かしを入れて、華やかに、且つ長く身に着けられるように。
こちらも私がこだわりたい、14ミリサイズにしました。
 
チェーンは、このペンダントに合う中で一番細いものに。
他のペンダントトップにも使用していただけるものにしました。

こちらに動画もあります。
プラチナでダイヤのペンダント、いいですよね!

このデザインだとエレガントになりすぎるかも・・・・と思われるかと思いますが、
エレガントな場ではもちろんのこと、白いシャツにジーンズというスタイルに、長めのチェーンで着けても素敵です。
イタリアやパリのマダムのように、大人の上質なカジュアルな雰囲気に、このペンダント1つでなれそうです。

親族や大切な方から受け継いだクラシカルなアイテム。
リングとしてそのまま身につけられる石もありますが、こんな大きさのあるダイヤなら
身につけられる機会が増えるペンダントへのリメイクはお勧めです。

気に入っていただいて良かったです。
ありがとうございました。


*フルオーダーメイド、石の持ち込みでの加工については、このblogの右サイドバーにある
『オーダーメイドとセミオーダーについて 』に記載をしています。
| admin | オーダーメイドジュエリー | 09:59 | comments(0) | - | pookmark |
4月の予定とお納めしたstile fiorentino

おはようございます。

日曜日の朝です。
 

久々に、3週間ぶりくらいに、お休みです。

しかしながら私はこれから事務所です。
DMの撮影をしに行ってから、休日を過ごそうかと。

昨晩までに仕上げたリングで、松屋銀座のDMを大急ぎで制作です。
恥ずかしいことに、私はまだイラストレーターが使えないので、旦那様に(こういう時だけ様をつける)
もう友人の時から、おこずかい程度のお支払いでDMの制作をお願いしているのです。
ありがたき。
夜は二人であーだこーだパソコンに向かうので、休日のようで休日ではないですね。
しばらくはお休みなしです。
4月のカレンダーです。
 

サイトやSNSにもさっきアップしています。
結構営業時間がランダムです。
来週は、5日に甲府出張があるので、代わりに6日の午前中〜15時まで御徒町行かなければならない関係で
16時〜営業となります。
松屋銀座さん前の火曜日は搬入のためお休みです。
松屋さん終了後は、21日の土曜日以外は、営業時間記載前に、予 と○で囲んであります。
オーダーメイド制作に時間を割きたいのと、店内の改装があるので21日土曜日以外は予約制となります。


最近、ちょっと、いや、ありがたいことですし仕方がないのですが
インスタのDM機能をどうにかしたいと思っています。
7分の1くらいが、正真正銘の商品のお問い合わせで、それ以外はもう、
インド人からの営業(100人じゃきかない)と、返信に困ってしまう内容です。
お問い合わせの前に、まずは、投稿をお読みいただきたい。
投稿に、全部書いています。
セミオーダー可能なものなのか、納品したものなのか。
石についての「これは本物ですか?」とか「この〇〇という石は何ですか?」などの、教えてくださいも多いです。
石について私に問い合わせるくらいなら、ネットで検索した方が良いのでは?と思います。
石だけを買いたいというお問い合わせもすごく多くて、会場にそういう方が石だけを求めにいらっしゃったりも
最近はします。
もちろん、弊社の商品や、お客様にご提案用に買い付けている石なので、石だけをお売りすることはできません。
どうしてもインスタは仕事でやってますしツイッターとかここみたいに自由ではないので(笑)
無視はできず、さらっと記載し、友人やお取引先の石屋を紹介したり検索した方がいいと思いますよ!と
絵文字満載で返信をしますが、インスタのDMはスマホからしか返信ができないので、
毎日毎日そういうことに時間を割かれるのは辛いことです。
インスタが始まる前はそういうのは全くなかったな。

うちは、石に華奢な枠をつける作風ではないですし、地金もたっぷり使い作り込みますので、
それに耐えうる石、石としてもかなり個性の強かったり、綺麗だったり珍しかったりなど、高価な石を使っています。
結果、そうなると、若いお客様には難しい価格設定だと思います。
今重ね付けがブームのようですし。
広くいろいろな方に知っていただけるのはとても嬉しいことなのです。
嬉しいのですが、せめて石だけでも譲って欲しいと複数の方からDMもらうと、石が好きなのは同じなので気持ちは
わかるのですが、作風も何もかもを否定されたような気持ちになり、少なからずショックを受けます・・・・。
魅力的な石を、世界中から私が集めてきているのは、石だけをお売りして、その人が安く作ってくれる作り手に
お願いをしに行くためではなく、あくまで、弊社の商品にするためにわざわざ行って買ってきているんだ。
というごく当たり前のことを、ご理解いただきたく。
 
こんな事をブログで上げなければならないのかー。
そんな時代なのかー。

よって、4月後半は、そういう返信などに割かれた時間を取る戻すべく、どうしても他の仕事が優先で
お待たせをしてしまうオーダーメイドを下さっている顧客様の制作に時間を作るべく。
平日は予約制とします。
 
セミオーダーのお客様のお渡しなども、もちろん可能です。
これ、上記、そのうちインスタにもアップしようと思います。
でも、通常の投稿も、読んでくださる方は、そういう質問DMはされないんですよね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


仙台へ出発する前に、お納めしたリングのご紹介です。


サイトにもある、stile fiorentino の中でも、ハニカムと呼ばれるリング。
蜂の巣のように透かしを入れてあるフィレンツェスタイルリングです。
その幅を、できるだけ狭くする、というご依頼を、昨年11月末の池袋東武さんのイベント時に
いただいていました。
セミオーダーのリングなどは、同時進行で4本くらいまで進められるのですが(結果その方が効率もいい)
こちらのハニカムは制作するときに、この1本だけのために1週間〜2週間、時間と頭を割かなければ
ならないことから納期を3月31日とさせていただいていました。
3月20日前に完成してお納めに行ってきました。


幅7ミリ。弊社にあるリングの半分近い幅。
間にダイヤを留めるのは、透かしの補強のためでもあります。
このリングを、とにかく闇雲に薄く透かしのみにするのは危険。
リングとしての強度やバランスがとても大切だと、イタリア時代の師匠も言っていた。
このリングを手がけるたびに、思い出すのです。
師匠の言葉と、あと、お元気かしらと。

無事お客様お受取のご連絡をいただき、安心しました。
ありがとうございました。
| admin | オーダーメイドジュエリー | 10:14 | comments(0) | - | pookmark |
馬のレリーフのトルマリンでシングルピアス

こんばんは。

今日は夜に更新です。

朝からパタパタ動いていたら、15時頃眠くなり、1時間だけ寝てから事務所へ。
空気を入れ替えて、少し掃除をして、郵便物とファックスのチェックだけして来ました。
明日は制作や御徒町へも。
もう2月も終わり。
 
今年最初の桜は、マラケシュで見ました。
日本の桜が待ち遠しいです。

〜〜〜〜〜〜

今日ご紹介するのは、オーダーメイドでお受けした、シングルピアスです。
以前、このブログで馬のトルマリンのレリーフの画像をアップしていたと思います。
グリーンとピンク。
そのトルマリンで、シングルピアスをというご依頼をいただいていて、ピンクからスタートすることに。


こちらです。
購入は3、4年前だったかな?いや、もっと前かもしれないです。
甲府の業者さんが持っていたルースで、「ドイツで彫刻されたレリーフだよ」と。
ピンクトルマリンで馬の鼻先がより立体になっているレリーフです。
枠はK18YGで。彫刻と何か石を・・・・とお打ち合わせさせていただいていて、
ブラウンダイヤをご提案いたしました。
ホワイトより、シックに。レリーフを目立たせたいけれど華やかに仕上げたい・・・というようは場合は、
ダイヤならブラウンが断然お勧めです。
ピンクトルマリンも候補に挙げさせていただいたのですが、甘くなってしまいそうでした。

裏も側面もヘアライン彫りビッシリに入れました。
世界でたった一つですよね!
とても気に入っていただけて安心しました。
いつもありがとうございます。
オーダーメイド、少しずつ進めさせていただいております。
| admin | オーダーメイドジュエリー | 01:26 | comments(0) | - | pookmark |
お手持ちのペンダントから2アイテムに

おはようございます。

日本です。

昨日帰国しました。
 

 

22日に25度のマラケシュを出まして、ミュンヘンへ戻った際マイナス3度、体感マイナス9度と表示されており

ひぇ〜と思ったのですが、1日寒いミュンヘンで過ごし、昨日15時に羽田へ到着。

14度でした。

会社帰りに空港に迎えに来てくれていた旦那に、暖かいね〜というと、「寒いよ」と、
寒いかー。
すごく眠かったのですが、ニュース速報でオリンピック情報がたくさん流れて来てテンションが上がり、
起きていられました!時差調整のため23時半まで起きていて就寝。
今朝は6時に起きました。

よしよし。
洗濯、掃除をしてひと段落です。
もう少ししたら、冷蔵庫の中を補充に行こう。
時差ボケなさそうだ。というか、向こうでそのまま俺時間のままで来ていたのだった。

〜〜〜〜〜〜〜〜

今日ご紹介するのは、お客様のペンダントから石を取り出し、2つのアイテムにするというもの。
オーダーメイドでお受けしました。
元々は、プラチナの、3つで1カラットのダイヤが3つついているペンダントでした。
1つのダイヤが気持ち大きくて、そこがスライドできて・・・という、1本で色々と楽しめる
アイテムでした。
最近、K18YGがお好きというお客様。
イヤリングにつけられるパーツと、両吊りで透かしのあるペンダントに、というご依頼でした。


*リメイクやセミオーダー、オーダーメイドについてはサイトやblogに詳細を記載しています。
ご検討くださっている方は、本ブログサイドバーのオーダーメイド、セミオーダーメイドについてをご一読くださいませ。
こちらはイヤリングパーツ。
フープ型のピアスやイヤリングに通して使用するものです。
向日葵みたいな🌻彫りにしました。
右側の画像2つは磨く前。彫りが見えやすいです。つや消しでも素敵だったかな?


存在感のある唐草と透かしでダイヤをぐるっと囲む、というご依頼でした。
今回のペンダントの直径も、14mm。

すごくキラキラしていて、ダイヤも華やかで、画像だと照り返しがすごくて綺麗に撮れなかったので、
動画も是非ご覧ください。↑
気に入っていただき、安心しました。
いつもありがとうございます。

 

 

 

| admin | オーダーメイドジュエリー | 10:44 | comments(0) | - | pookmark |
翡翠のレリーフにバチカンを付けるオーダー

おはようございます。

今日はこれから寒いミュンヘンへ戻ります。

今回マイレージで予約できているのがミュンヘンと羽田往復。

希望の日程より2日前に入り、1日遅く出るという。
その分モロッコに来ることもできたし、充電しながら、新作のイラストも描きためることができました。

〜〜〜〜〜〜

お客様から、翡翠のレリーフにバチカンをつけてほしい、彫りを入れて、というご相談をお受けしたのは
それこそまだ夏。
翡翠を受け取ったのは、秋めいて来た頃。


翡翠のレリーフもダイヤも、4ヶ月ほどお預かりしてしまいました。


加工にどうしてもレーザー照射を使用せねばならないこの加工。
かしめるだけでは外れてしまう可能性があるから。
そのレーザー照射を加工のいつに行うかということで、外注のレーザー照射の加工業さんとどうしても話が
合わず、さらに時間がかかり。
翡翠とダイヤをお預かりして4ヶ月以上・・・・。
加工途中のものが、行ったり来たりを長い間繰り返し、ようやくお納めとなりました。
長らくお待たせを致しました。

このイエローのダイヤ、本当に綺麗でした。
トロンとした翡翠のグリーンとイエローの組み合わせが素敵です。
翡翠、なかなか画像で実際の色が出なかったのですが、とても綺麗な色でした。
1枚目の画像の色が近いかな?

普段行わないような加工や、大きなフルオーダーは、ほかの制作と平行して進めることができないので
どうしてもお時間をいただいてしまいます。
加工を始めてしまうと、彫りや石留めなどの仕上げは並行できるのですが、組み立てとか作り始めは
ほかの仕事の手を一旦止めて、それだけに集中する時間が取れる時にスタート、となることが
多いです。
ハニカムなんかも、同じです。
お待たせした分、丁寧に進めて行きますので、ご了承いただけますと幸いです。
| admin | オーダーメイドジュエリー | 15:39 | comments(0) | - | pookmark |
ナチュラルカラーのダイヤのペンダント(オーダー)

おはようございます。

やっと、ゆっくりと自分のペースで過ごせています。

ホテルを変わり、静かな朝です。
昨日は店舗に敷くラグを購入。
とても気に入った1枚に出会えました。
それはまた、改めて。

〜〜〜〜〜〜

今日は、オーダーメイドでお納めをしたペンダントトップのご紹介です。
その前に。
ナチュラルカラーのダイヤで、例えば形状もこんな感じが良くて、という石検索からのご依頼は、
他の色石をお探しするのと同様、もしくはそれ以上に石を探すのにお時間をいただくことがあります。
今はインスタや海外の通販サイトなどで写真をご覧になって、「こんな色ありますか?」とお問い合わせを
いただく事も多いのですが、結構画像の色を変えてあって、実際はそんな色はほとんどないよ・・・というものが
多いです。
特に、ダイヤでは、ナチュラルダイヤの赤とオレンジピンク。
かなりのディーラーさん(特に海外)が彩度を上げてアップされているので、私も以前試しにムンバイの会社から
オレンジピンクに画像では見えた、0,5ct前後のダイヤを取り寄せて見たのですが、
届いた石の色は全く異なりました。色々混ざったグレーでした。

赤やピンクオレンジはなかなか難しい。
なかなか難しいのに、さらに、実際は色をいじってある画像のような、彩度の高い色のダイヤを見つけること
自体がまた難しい。
むしろランクを上げて透明度の高いカラーダイヤモンドを探すほうが早かったり。
もちろん、価格は何百倍です。
 
そうだ、そういえば、日本のダイヤ屋さんで、ナチュラルのファンシーオレンジのダイヤを見せていただいて、
ずっと心からそのダイヤが離れなくて、いまも心の片隅に・・・・。
3桁に迫る勢いなので買えませんが、いつかそんなダイヤを鼻歌を歌いながら♫仕入れて、リングにお仕立て
できるようになりたいなと思います。
 
話が逸れました。


お納めしたのはこちらのペンダントトップです。


イエローとダイヤの照りで、背景が青っぽく写ってしまっています。
イエローカラーのクッションカットのダイヤモンド。ローズカットです。
その周りに、パープルのダイヤを半分あしらうというご依頼でした。


こちらの方が実物に近い色味です。

ダイヤモンドのペンダントトップは、裏側にも側面にも彫りや細工を入れました。
真ん中のダイヤは、昨年のまだ薄着だった頃、ダイヤ屋さんに検索をかけていくつか取り寄せて、
オーバルやスクエアの中からお選びいただきました。
イエローという色は決まっていたので、華やかな少し透明感も感じる、グレー色の入らないイエローの
ダイヤを集めてもらいました。
石枠はK18WG、他はK18YGです。
パープルもダイヤ(トリート)です。

https://www.instagram.com/p/BeiSTyFB69d/?taken-by=kadomijewelry

外の日陰で撮った動画です↑
私は、ペンダントトップのサイズ、14、15ミリって、密かにちょっとこだわりがあります。
10ミリ以下だと、短いチェーンに鎖骨あたりが素敵。でも、この14ミリ、15ミリっていうのは
意外とチェーンの長さも選ばす、身長もそんなに選びません。
且つ、華やかさもあります。
大人の方が似合うサイズ感ではないかなと思っています。
こちらも15ミリ弱。
出番が沢山あったらいいなと思います。
いつも素敵なアイテムをご依頼くださるお客様からのオーダーのお仕事でした。
お待たせを致しました!
ありがとうございました。
| admin | オーダーメイドジュエリー | 16:41 | comments(0) | - | pookmark |
矢絣のstile fiorentino

おはようございます。
 

朝からダイヤを見てデザイン画を描いています。
4月がお誕生日のお客様がたから、ダイヤのリクエストをいただき、色々妄想しながら在庫を全て並べて
見ています。
今日ご紹介するのは、年末お納めをさせていただいた、オーダーメイドのstile fiorentinoです。


コンビで制作をする場合、真ん中がホワイトで、周りがイエローの事が多いのです。
でも、私はこの組み合わせが好きで、どなたかご注文下さらないかな・・・・と思っていました。
指を1周するフルエタニティ、それもこのレースのような細工物は、その方のサイズにあわせてお作りするのが
一番なので、なかなか弊社の商品で、実際にK18とダイヤで制作する事ってないんです。
自分用にこの組み合わせを・・・・と考えていたのです。
そんな時、記念のリングにとご依頼を頂きました。


実際にこの色合わせで手がけて見て思うのは、あぁ、やっぱりこの色合わせ、最高だな!という事。
これは自分用にもいつか欲しいなと思いましたもん。

こちらは動画になります。
キラキラして本当に素敵なリングでした!
ありがとうございました。
| admin | オーダーメイドジュエリー | 09:10 | comments(0) | - | pookmark |
今日明日の営業時間について/stile fiorentinoのフルーオーダー

おはようございます。

もう昼ですね。
 

 

今朝は3ヶ月ぶりの検診でした。

私、昨年あたりからイベントが終わった後、年末年始とか高熱を出すようになりまして、今年は春までに2度、

高熱と蕁麻疹を起こしまして、大きな病院にかかっています。で、経過観察中。

その、8月末以来の検診が今朝でした。
昨晩はしっかりお米を食べているし、京都では結構夜飲んでいたし。
インドで少し体重をおとして喜んでいたものの、その後の東武と京都で外食もふえていたので、これはきっと
凄い数値が出るのだろうと、朝8時に血液検査をして診断を待っていました。
まぁ数値は悪いのですが、前よりはマシだよね…でも、来年もしかしたら検査入院になるかもしれないから…
がんばってね…正月飲み過ぎないでね…と言われました。ショック。
でも、私、40代になってからは1週間のうち、飲酒をするとしたら1度、それもワイン3杯くらい。
30代の無茶が今出ているのかもね…。と。
食事の時間もかなり不規則。イベント中は昼を17時に食べたり夜食べずで1日1食も多い。
んー。
健康第一ですね。次の検診は3月。ドイツと香港出張の後です。
気をつけます。いろいろと。
そんな、検診に行った後(血を抜いた)ということもあり、今日の御徒町まわりは明日に変更にしました。
私、低血圧でもあるので、何となく今日は歩き回るのは控えようかな…と。
そんな事もあり、急ですが、本日14時〜19時までは、アトリエを開けます。
中で彫りなどいつものアトリエショップと同じように制作をしています。
途中、もしかしたら30分程出かける事があるかもしれないので(郵便局とかです)
あ、今日開いているなら…と思われた方は、0422−24−8277にお電話下さっても
という事で急遽本日開けております。
そして、明日ですが、14時〜20時とさせて頂いておりますが、14時だと戻っているか不安ですので、
14時半〜20時とさせてください。
急な変更で申し訳ございません。
年末までは、出来る限り開けたいと思っています。
宜しくお願い致します。

〜〜〜〜〜〜〜〜

今日は、10月にお納めをしましたオーダーメイドのご紹介です。
フルオーダーメイドになります。
お客様から綺麗なピンクオレンジのサフィアをお預かりしまして、ハニカム(蜂の巣)のリングを制作しました。


こちらです。
ご連絡を頂いていたのは今年のドイツから戻った2月末だったような気がします。
ご来店頂き、石をお預け頂き、実際にスタートしたのは、桜の季節だったはず。
イベントを挟みながら、半年程お待たせをしてしまったリングでした。

ハニカムは、その制作に、相当の時間がかかります。
今まで、K18WGの1色、もしくはK18YGの1色で加工をした事はありましたが
その2色のコンビでの制作は初めてでした。
そんな事もあって、まずは色々と準備が必要になりました。

こちらのリングは、実は制作をするのに、実際の地金ではなく銀で穴開けまでを進めます。
地金板から制作をする際に、使用する板の厚みは2,6mm程とかなり厚みがあります。
そして、そこに何百という穴を開けるのに使用するドリル刃は0,3ミリ。
負荷が少しかかっただけで折れて地金の中に詰まります。
ですので、穴をあけるまでの作業を金よりうんと柔らかい銀で行い、型を取り鋳造という方法で行うのですが、
K18YGと、K18WGでは、鋳造の際の縮む率が異なります。
その率は、工場によっても違い、また、「○○%です」と言われてその通りに制作しても、季節でも毎回異なるもの。
且つ、一般的に、コンビの場合は連結部分を色が異なって見える場所に設定をするのですが、この手のリングの
場合、それをそのままやってしまうと、強度面でどうなのか。
ということを打ち合わせし、相談しながら進めて行きました。

通常は、板を丸めチューブの状態にしてから、手を動かしながら分割をして行くのですが
今回はコンビでの加工という事もあり、計算して出した方がいいという事になり
主人に(主人の勤める会社に依頼して)出してもらったものです。
この手のリングを知らないとなかなか難しいので、あーだこーだいいながら、間に入る個数を決めて行きました。


その後、地金を一体どこで分割をするのかを相談。
表から見えるイエローとホワイトの分割部分だけではなく、強度を増す為に工夫をいれました。
これが、非常に難しかったです。
 
そして、収縮率の違いから、かなりの部分を手で調整する事が必要不可欠という事で
キャドで出す…という選択肢はやめまして、やはりイタリアと同じように1から手で、進めて行きました。
実際に組立てを終えた後、彫りや石留めの前に、お客様に発送。
サイズ感の確認を頂きまして、仕上げへ。


完成したのは、10月の松屋銀座さんの始まる前。
ホワイトゴールド部分にロジウムメッキをかけるのに、預けて5日程待ちました。通常は翌日。
やはり工程が大変との事。
会期中に無事お納めとなりました。
世界に1つのハニカムリングとなりました!
主人の会社からの図が届いた日程が4月半ばになっていました。
お受けして、制作を開始してから、半年。
長らくお待たせをしてしまいました。
気に入って頂けてホッとしました。
とても勉強になった加工となりました。
ありがとうございました。
 

動画もアップしています。
そして、ハニカム、年末年始にもう1つ、銀でコツコツ手がける予定です。
池袋東武さん、京都伊勢丹でお受けしたセミオーダー達も、制作を開始しています。
また、完成しましたらアップして行きます。
| admin | オーダーメイドジュエリー | 11:16 | comments(0) | - | pookmark |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
+ Twitter
+ RECOMMEND
JAPAN PRECIOUS no.84(Winter 20―ジュエリー専門誌の決定版 ブランドガイドブック 2016
JAPAN PRECIOUS no.84(Winter 20―ジュエリー専門誌の決定版 ブランドガイドブック 2016 (JUGEMレビュー »)
矢野経済研究所

Kadomiのカメオを用いた商品を掲載いただきました!
+ RECOMMEND
持ち歩ける 吉祥寺本 (エイムック 3069)
持ち歩ける 吉祥寺本 (エイムック 3069) (JUGEMレビュー »)

移転してはじめて掲載していただきました!後ろから2ページ目に小さいですが素敵に紹介していただいています!
+ RECOMMEND
東京 マイファーストジュエリーショップガイド
東京 マイファーストジュエリーショップガイド (JUGEMレビュー »)

ジュエリーショップガイドに今回もKadomi shop&factoryを紹介して頂きました!今回も知人友人がいっぱい紹介されています!
+ RECOMMEND
東京ジュエリーショップガイド―自分で選ぶ自分のための“for me”ジュエリー (αLaVieガイドブックシリーズ)
東京ジュエリーショップガイド―自分で選ぶ自分のための“for me”ジュエリー (αLaVieガイドブックシリーズ) (JUGEMレビュー »)

はじめの方のページにカメオの作品、オーダーリフォームのカテゴリーでKadomiを紹介していただきました!
+ RECOMMEND
KIMONO姫 10全部買えます編 (祥伝社ムック)
KIMONO姫 10全部買えます編 (祥伝社ムック) (JUGEMレビュー »)

P,15にKadomi 和ジュエリーかろん の帯留めとかんざしが掲載されました。
+ RECOMMEND
InRed特別編集 大人女子の浴衣 (e-MOOK)
InRed特別編集 大人女子の浴衣 (e-MOOK) (JUGEMレビュー »)

お問い合わせをいただいたのでこちらで紹介。17ページでイラストレーターのハセガワ・アヤさんが身につけている帯留めは「かろん」のタツノオトシゴの帯留めです。サイトからお問い合わせいただけます。
+ RECOMMEND
GMプレミアムジュエリー 2010S/A (HINODE MOOK 50)
GMプレミアムジュエリー 2010S/A (HINODE MOOK 50) (JUGEMレビュー »)

「33組の日本人クリエーター」に掲載していただきました!そして、掲載されている人たち、知り合いがいっぱい!
+ RECOMMEND
お誂え手帖 ふだん使いのかわいいもの編
お誂え手帖 ふだん使いのかわいいもの編 (JUGEMレビュー »)
花島 ゆき
62ページから71ページまで、デザビレの中での制作風景や諸々を取材、掲載して頂きました!他にも素敵なお誂えをお願い出来る作家さんの作品や工房も興味深いです!!
+ RECOMMEND
ART BOX vol.2 JEWELRY (ART BOX MOOK SERIES) (ARTBOX)
ART BOX vol.2 JEWELRY (ART BOX MOOK SERIES) (ARTBOX) (JUGEMレビュー »)

2ページにわたり、カメオやレリーフを使用した作品を掲載していただいています。
+ RECOMMEND
アンティーク着物スタイルブック
アンティーク着物スタイルブック (JUGEMレビュー »)
大野 らふ
いくつものコーディネートの中に、そして帯留めの紹介もして頂きました!Ponia-ponの店主らふさんのコーディネートは、着物も帯留めもとても勉強になります。
+ RECOMMEND
現代日本のクラフト〈vol.2〉 (ART BOX IN JAPAN)
現代日本のクラフト〈vol.2〉 (ART BOX IN JAPAN) (JUGEMレビュー »)

11月23日発売のこの書籍のP130、p131の2ページに渡って掲載していただいています!
+ RECOMMEND
ダイヤモンド・ナビ Vol.4 (4)
ダイヤモンド・ナビ Vol.4 (4) (JUGEMレビュー »)

この本の見開きと、中のなんと2ページに、作品を紹介していただきました!
ブロの写真とブロの文章で、とても素敵にしていただいています。是非手に取ってご覧下さい!!
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE