Kadomiのひとりごと

ジュエリー Kadomi 内藤圭美のブログです。
メールでの商品ご依頼について他諸々を徒然で
おはようございます。

 

今日はちょっと、メールでのお問い合わせについて書こうかなと思います。

 


時々このブログでも触れて居ることですし、カテゴリーを新たに増やすのもあれなんで、でも

お知らせカテゴリーで埋もれてしまうのもあれですし。
区分けは『オーダーメイドとセミオーダーについて』にしました。

 

 

SNSの普及で、沢山の方にKadomiを知っていただき、お問い合わせも沢山いただいています。

ありがとうございます。

Kadomiは、加工は私、内藤 圭美一人で、なので制作数にどうしても限りがあります。
 

 

インスタのDMなどSNSのメッセージ機能で気軽に商品のお問い合わせができるようになって、

お名前も何もなく、またどの商品なのかも記載がなく「高いですか?」と一文とか、

ちょっとびっくりするような問い合わせも時々あったりして。
 

コロナ禍だからか、嫌がらせなのか、長くお問い合わせのやり取りが続き、ご請求書を添付した途端

音沙汰無しの方もちらほらいたりして。
そのため借りた石を石屋さんに返却したりとか。石屋さんへもご迷惑をおかけすることになったり。
 

なので、お名前を名乗っていただき、お問い合わせをしていただけるように

今はメールでのお問い合わせをお願いしています。
お顔がわかる方からはお電話やDMでも回答していますが。

 

 

ウェブサイトにも流れを記載していますが、メールでお問い合わせをいただき、商品在庫がある場合は

ご請求書をメールに添付しますので、ご入金(もしくはペイパルでご決済)の確認が取れましたら

発送とさせていただいております。
 

 

新作に関しては、今はインスタに投稿の際、文末にハッシュタグに例えば 


#●月●日から #池袋東武 #イベント新作


と記載をして居るものは、その●月●日スタートの池袋東武さんイベントから販売の新作、となります。
 

この記載がある場合は、百貨店さんとの契約上、そのイベントまでに商品を売ることができません。

あくまでも、百貨店さんへいらしていただく方を優先で販売をするものです。
 

 

前日まで、どうにかして買いたい、通販で送ってほしい、確実に買えるように予約をしたい、

その日は仕事が休めない、何?私に仕事を休めって言って居るの?私は他の人と違って休めない仕事なんです、

あぁわかりました、もういいです、からのブロックなど。
もう本当に沢山の有難いお問い合わせ、ちょっと呆れてしまう暴言なども含めて頂戴します。

そう言っていただけることは有難いです。
 

ですが、もし、誰か1人に、15年の顧客様であっても、ご新規様であってもです。

誰か1人にそれをOKしてしまったら。

私は今後その百貨店さんで仕事ができなくなります。
関東以外の街だとしたら、その街へ伺うことができなくなり、その地域での販売場所を失うかも知れない。

沢山の方に商品を直接ご覧いただける機会を百貨店さんにいただいて居ます。
なので、百貨店さんでスタートと書いてある新作に関しては、あぁ、そうなんだ、とご理解いただけますよう
お願いいたします。

ただ、これだけ こう言う「先に買わせて」のメールが来ると言うのは、多分それを受けて居るブランドが
少なからず居ると言うことなんだろうと考えます。
私駆け出しでもないですし、若手でもない。16年出て居るんです。百貨店さん。
信頼をしてくださり呼んでいただける所ところとだけ、繰り返しお仕事をさせていただいて居るので、
私は契約上アウトなことは絶対にしないです。
 
たとえ親友が「事前にそれどうしても私に売って」と言ってきても、です。
まぁそんな人は親友ではないか。

 
ハッシュタグに #新作 とだけあるもの、百貨店から販売スタートとなっていないものは、
投稿から1ヶ月はアトリエでのみ。
1ヶ月後からは発送を可能としています。
 
だから、今日投稿したものが、1ヶ月soldとなっていなければ、8月2日以降は商品の発送ができます。
通販、という言い方に違和感がありますが、みなさんがよくお問い合わせされるその通販のようなものです。
(通販て言うのは、通信販売、つまりはカタログやネットショップから買うものを指すはず本来は)

あと。
時々いただくメールでのお問い合わせで、困るのでまとめてこちらに回答をします。
 
*初めて方の石の持ち込み    →マリッジなどハレのご依頼以外は原則お断りしています。

*学生なんだけれど、アトリエを見学に行ってもいいですか?
             →ごめんなさい。不可です。机1つで作って居るのでショップ部分から眺めるそれで良ければ。
              ただし、忙しい時は質問などはお受けできないと思います。               

*作り手です。買わないけれど作りを見たいので行っていいですか? 
             →百貨店さんでのイベント時、週明けなど混んでいない時に是非いらしてください。
              アトリエへはご遠慮ください。
 
*セミオーダー可能の石の画像を送ってください。←不可です。何百とあり日々動きがあるので。
                        是非、実際にアトリエもしくは百貨店さんへ足を運んでください。
 
*今在庫して居るピアスの画像を送ってくださいや、リングの画像を送ってくださいなど
                       ←不可です。数も多く日々動きがあります。        

                        是非、実際にアトリエもしくは百貨店さんへ足を運んでください。

 

 

高額品なのに、画像もくれないのか!なども言われるのですが、そうなんです。
悩まれるくらいなら、高額だからこそ、実際にご自身で見たり触ったり、手に取られて、決めていただきたいと思っています。


*濃い青のパライバを探して居る。中古石でもいいから探して欲しい
                       ←それは、弊社ではなく、石屋さんへお問い合わせいただく方がいいです。
                        

ちなみに。濃い青のパライバは、多分もう市場にはほぼ出ません。なぜなら、ブラジルのその鉱山自体が閉山して
かなり経つから。
また、『中古石でもいいので』これは、先日いただいたメールにあり、スタッフ共々絶句しました。

中古石というのは、一度、何かの製品でお客様へ渡ったり、長らく商品在庫としてあったもの、質流れの
アイテムなど。
そういうアイテムから使える石を外したものを指す言葉が、中古石なんです。
一度留めて誰かに納められた石は、身につけられた際の傷も出来、石としての価値がぐんと下がります。
宝飾展などで、そういう石ばかりを集めた石屋さんがいらっしゃるのですが、ものすごく賑わっています。
すごく安くて、でもほとんどが傷がついていたりして。それを、研磨し直し、綺麗にして世に出せるものを出す。

なので、研磨屋さんとか、研磨の勉強をされて居る学生さん、職人さん方がいち早く、
磨き直して生まれ変わる石や、磨き直して価値が上がるであろう珍しいそういった石を求めて集まるブース。

そう、研磨をし直したら生まれ変わるのですが、基本的に、ブランドなどで新製品として出す商品て
中古石は使用しないです。
中古石の製品や中古石を扱う業種はまた別。いい悪いを言って居るわけではなくて。

信用問題でもある。
だから、中古石でもいいから探して欲しい、と言われたことは、ものすごくショックでした。

知らずに使った言葉だと思うけれど、相手(ブランド)によっては返信しないで無視や怒る所もあるんじゃないかな。
なので、中古石を扱うところや石屋さんへお問い合わせをいただく旨、スタッフに返信をお願いしました。

ーーーーーーーーーーーーーーー

毎日20名〜のお客様に返信をさせていただいています。

できるだけどの方へも同じように、対応をさせていただきたいと思います。

 

元々、2003年にイタリアから帰国してから、1点ものを沢山作ると言う、今はそう言うブランドさんは増えていますが

当時は量産が時代の流れとして当たり前の頃から、メイン石に合わせて1点1点手作りで商品を作ってきていました。

石留めも、彫りも。石を探すところからこだわって。だから制作数に限りがある。
 
だから、まぁ、売れればいいや、と思って加工して居るわけではないです。
お顔の見えない方にお売りして、翌週にメルカリに売った価格よりも高い金額で売られて居るのを
他のお客様に教えていただいて、見てみたら既にお取り引き終了ってなっていたり。
 
そう言う転売は、今の時代仕方がないのかも知れないのですが、本当に欲しいと思ってくださる方に、
正しい販売価格で、一番いい機会にご縁で出会って欲しいなぁ、と願います。
 
だから、ご病気で行けない、家族の介護でその場を離れられない、と言う方以外は、いまでも対面販売を
大切にしています。お声をかけてくださる百貨店さんやセレクトショップさんへ、各街にいる販売スタッフさんと
私でお売りする。
お顔が見える販売。
弊社の商品をセレクトで扱ってくださっている店舗さんもいまはそういうところのみかな。
弊社がカート式のネットショップをしないのは、それだったりします。
ま、ピアスとかだけのカート付きネットショップは始めるかも知れないけれど。
それ以外は。
 
長々と徒然で書きましたが・・・。
ちょっと最近色々んー、というお問い合わせが増えたので、書きました。
ご理解いただけたらいいな。
ご縁がある方とは、続いていけると思っています。
ご縁のない方、ご縁の無い石。
ご縁の無い石は、出会って買い求めても、扱っている最中に欠いてしまいます。
ただ、ピンセットでつまんだだけでも。
綺麗にアイテムにして、できるだけ多くの方へ手渡して行きたいです。
| admin | オーダーメイドとセミオーダーについて | 08:58 | comments(0) | - | pookmark |
Kadomiでのオーダーメイド/セミオーダーについて

セミオーダーメイド、フルオーダーメイドについて


オーダーメイドのお問い合わせを数多く頂きます。
ありがとうございます。

Kadomiでは、オーダーメイド、フルオーダーメイドなどご相談は、事前のご連絡、ご予約をお願いしています。


制作の流れはKadomiウェブサイトにも記載がありますが

ご注文デザインなどの決定→ご入金(ここから原則キャンセルは不可)

          
  →ご入金確認後、材料を確保、制作を開始→お納め*差額が発生する場合は納め時に


となっています。百貨店でお受けするセミオーダーも同じです。

オーダーメイドやフルオーダーメイドをご相談いただく前に、こちらをお読み頂けましたらと思います。


オーダーメイド(フルオーダーメイド)とセミオーダーメイド


Kadomiは、少量生産や1点もののオリジナルジュエリーやアクセサリーを生産、販売しているブランドです。
ですので、他のブランドさんと同様、広く、どなたからもフルのオーダーメイドをお受けしている

という訳ではありません。
マリッジやエンゲージなどのハレの日のものと一部以外は

あくまでも、いつもKadomiを支えて下さる顧客様への特別なサービスの1つとして
お受けしているものです。(10名程のお客様からのみ)


セミオーダーに関しては、範囲をうんと広げてお受けしています。
かなりのオーダーが、このセミオーダーに入るようにしています。

以下、少し長くなりますが詳細を記載します。お読み頂けましたらと思います。

 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 


このblogやSNSで、弊社で制作したジュエリーの画像を多くアップしています。

その中に、オーダーメイド、セミオーダーメイド というカテゴリーのものがございます。


弊社のオーダーメイド=フルオーダーメイドとは、デザインのやりとりや石の手配なども含めて、

必要な事全てを、密にやり取りをしてお客様と共に作り上げて行くオーダーのことです。


Kadomiではオーダーメイド(フルオーダーメイド)は
 

*マリッジ及びエンゲージなどハレの日に関わるもの。
*stile fiorentino(フィレンツェスタイルジュエリー)

は、ご新規のお客様からもお受けしております。

#ご新規=Kadomiでのご注文やお買い求めが初めてという方
 

それ以外のフルオーダーメイドに関しては、一部の顧客様からの制作依頼以外、お受けしておりません。
 

 

広くお受けしているセミオーダーについて
 

一般的なセミオーダーとは、枠をそのまま、石だけを変えたりというようなものですが、

Kadomiでのセミオーダーは、例えばKadomiの商品を気に入って下さり、同じようなデザインを好きな石で作りたい

というような場合も含みます。


弊社のストックしている セミオーダー可能ルースの中から石をお選び頂き、石に合わせて枠を作る

一からのお作りになるので、一般的なフルオーダーと変わらないのですが、どこが違うかというと、

 

*対面でのご依頼のみ。メールやファックス電話での、デザインやお見積もりの相談のやり取りが必要ない

*ご注文を頂いた後、お支払いただいた後、完成までのご連絡のやり取りは必要最低限

 お納めまで可能
なものをあえてセミオーダーという括りにしています。

ご注文をお受けする時に、デザインやお見積もりなどのやり取りを完了することが可能なものです。
百貨店などリミテッドショップでお受けするセミオーダーもこの範囲です。

細かいデザインを詰める為に、幾度もメールのやり取りをする必要が出るな、と思われたご注文内容や
お客様によっては、そのようなやり取りが必要になってしまう方だなと判断した場合は
お断りする事もございます。

 


逆をいえば、ジュエリーにお詳しく、過去に他社さんでのオーダーメイドやセミオーダーに慣れていらっしゃる

お客様の場合、フルオーダーメイドの範囲のものであっても、その場でやり取りが済んでしまうような方も。

そういう方の場合は、百貨店で初対面であっても、セミオーダーの範囲としてお受けする事があります。

厳しいと思われるかもしれませんが、これは、お客様の個人情報厳守という

昨今百貨店で厳しく言われている事にも触れてきます事項のため、そのようにさせて頂いています。

 


また、百貨店での販売会などに持って行っているセミオーダー可能ルース以外のルースのお問い合わせに
関しては、事前にご連絡をいただきましたら、会場に持っていけるものもございます。
アトリエにてストックしている石の中には、高額の石や希少石など一部をセミオーダー不可としています。
セミオーダー不可にあたる石に関しても、ハレの日のご依頼以外のご新規の方からはお受けできません。

お客様の石を預かってのセミオーダーに関して

お客様がご自身でミネラルショウなどで購入された石や、受け継がれたアイテムから石を取り出しての

セミオーダーに関しては
 

今まで、Kadomiの商品を幾度かお買い求め下さった事のある方
(上記にはセミオーダー、他ブランドでKadomiが制作に関わった商品を含みます)

からお受けしています。ご新規の方からはお受けしていません。

 


百貨店では、お客様の持ち物に何かあってはいけないという理由から、お預かり出来ない所も多いです。
アトリエショップにご来店が不可能な方には、関東以外の期間限定出店の会場で石を拝見した後

改めてアトリエにお送り頂くという事もございます。
 

*百貨店でのイベントでは、リメイクのご相談はお受けしておりません。石を拝見し、加工が可能か不可能かはお知らせできます。



お客様自身がミネラルショウなどで購入された石の場合


購入元、価格、石の種類などの記載があるものがあればお持ち下さい。
購入元の名前を聞いて、問題無しと思われた場合はそのまま加工を行います。
ですが、海外などネットからの購入や、石の様子を拝見させて頂いた後
簡易鑑別に出してから加工をお受けする場合がございます(多いです)
その場合の鑑別料は実費分をご負担いただきます。(800円〜)
加工時細心の注意を払いますが、破損などが生じた場合の石の補償は出来かねます。

 

受け継がれたアイテムから石を取り出してのセミオーダー


石は、簡易鑑別に出します。鑑別料は実費分をご負担いただきます。(800円〜)
弊社では地金の買い取りを行っていませんので、枠を売却しました後、
加工代との相殺は可能です。

加工時細心の注意を払いますが、破損などが生じた場合の石の補償は出来かねます。



上記以外で、どのような方からもお受け出来ない類いの、オーダーメイド、セミオーダーメイドの例

*他社さんやブランド、作家と『まったく同じデザイン』もののオーダー。
*他社さんの商品に手を加える加工。例えば、一部デザインはそのまま、他を作り替えるや

 他社さんで購入されたリングをそのまま持ち込まれ、総彫りにしてくださいなどの加工
*石だけ欲しい、もしくは石だけ好みなので、シンプルに枠だけを作って欲しいというもの。
 

つまりは、弊社での加工の必要性の無いと思われる内容です。
 

〜〜〜〜〜〜〜
と、細かく書いてきました。


ご相談は事前のご連絡をお願いしているので、今までは、お問い合わせ下さったお客様にメールや口頭で

お伝えしたり、bolgで時々触れたりすることで問題はありませんでした。

ですが、SNSの種類も増えまして、有り難い事に新しいお客様も沢山増えました。

新しいお客様も大切ですし嬉しいです。そして、私としては、今まで支えて下さっているお客様も大切にしたいです。

サイトを確認頂いてから来店をして下さる方も減ったのか、事前のご連絡無く、開店日では無い日に

急にご相談にいらっしゃる方も増えています。

ご予約無しでのご相談の場合、時間の調整がつかずその日にお話を伺えない事も多く…。
特に真夏や真冬にそのような事になるのは忍びなく…。
そんな理由もあり、ご相談は、必ず事前のご連絡、ご予約をお願いしています。
遅くとも前日までにはご予約をお願い致します。当日は不可となる事が多いです。
ご予約は、メール、お電話やSNSのメッセージ機能でもお受けしています。
メールの場合は、弊社からの返信をもって、予約完了とさせてください。
ご予約頂いた方に、ゆっくりとご相談して頂くためです。(2時間とります)

 


友人のイラストレーターが、以前
 

クライアントとの仕事とは、お互いが別の場所から山を見上げて、あ、あの辺りが目標ね、と、

その目標ポイントを『頂上』として、別の場所から確認を取り合いながら同じ場所を目指して登っているような作業だ


と言っていて、まさにそうだ、と思った事があります。

一緒に(確認作業をしながら)その山を登れない相手とは仕事はできないとも。

スタート地点は別の場所でも、相手は今どこに居るのかな、あ、あそこら辺だな。というような。
その目指す場所を共に定め確認し合いながら登る作業。

ジュエリーのオーダーメイドも同じです。

 

誤解されがちですが、石を使う場合、「その石の頂上」ではないです。

あくまでも、お客様の、今オーダーで欲しいアイテムの目標プラス、私が出来る技術でもしその目標が
少し上あたりを目指せるなら、そこを今回の仕事の『頂上』として、山を登って行く。

それには、やっぱり私は、セミオーダーは可能でも、『フルオーダーメイド』は、初対面の方とは
難しいのではないかと思っています。
お客様の好みや、普段の服装、どんな時に身に着けたいと思っているのか。
そして、「あぁこの人の為に作りたい!」と思う私の気持ちも多分とても大事で
より制作に力が発揮出来る気がします。

弊社の商品をお買い求め頂いたり、セミオーダー会に参加をして下さる上で、それらを知り、お顔も知り、
その方の雰囲気も知る事で、フルーオーダーメイドも可能になると考えています。

 

ご理解いただけましたら…と思います。


そして余談。

しかしながら、年に1度か2度、あるかないかなのですが…
何かのタイミングで、お問い合わせ下さった方と初めてお会いして。
その方とのお話や、その方の雰囲気やそのときの身につけられているジュエリーや洋服を見て、
あぁこの方の似合う物がどうしても作りたい、私の引き出しもいっぱい開けて
それこそ、私の出来る事を最大限に使ってご注文を下さる方だ!!と運命を感じて、
初対面の方からいきなり大きなフルオーダーをお受けしたりする事も。
そのご縁が今もずっと続いていて、という方もいらっしゃいます。

なので、上記が絶対、でもないのです。

オーダーメイドやフルオーダーメイドについての詳細を、ここまではっきりとアップする事について。
正直かなり躊躇しましたし、勇気もいりました。
だって、私からお断りをする事があるとも書いた訳ですから。
それでも、ご縁がある方とは、どのような形のスタートであれ、続いて行く物だと思います。
ご縁を大切に、私という作り手を選んで下さった方には『とことん』出来る限りの技術と、
足りない部分は周りの職人のネットワークも駆使して、形にして行きます。
長い文章をお読み下さりありがとうございます。
宜しくお願い致します。

Kadomi  内藤 圭美
| admin | オーダーメイドとセミオーダーについて | 10:06 | comments(0) | - | pookmark |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
+ Twitter
+ RECOMMEND
JAPAN PRECIOUS No.96 Winter 2019
JAPAN PRECIOUS No.96 Winter 2019 (JUGEMレビュー »)

Kadomiの商品とキャプションを掲載いただきました!
+ RECOMMEND
JAPAN PRECIOUS no.84(Winter 20―ジュエリー専門誌の決定版 ブランドガイドブック 2016
JAPAN PRECIOUS no.84(Winter 20―ジュエリー専門誌の決定版 ブランドガイドブック 2016 (JUGEMレビュー »)
矢野経済研究所

Kadomiのカメオを用いた商品を掲載いただきました!
+ RECOMMEND
持ち歩ける 吉祥寺本 (エイムック 3069)
持ち歩ける 吉祥寺本 (エイムック 3069) (JUGEMレビュー »)

移転してはじめて掲載していただきました!後ろから2ページ目に小さいですが素敵に紹介していただいています!
+ RECOMMEND
東京 マイファーストジュエリーショップガイド
東京 マイファーストジュエリーショップガイド (JUGEMレビュー »)

ジュエリーショップガイドに今回もKadomi shop&factoryを紹介して頂きました!今回も知人友人がいっぱい紹介されています!
+ RECOMMEND
東京ジュエリーショップガイド―自分で選ぶ自分のための“for me”ジュエリー (αLaVieガイドブックシリーズ)
東京ジュエリーショップガイド―自分で選ぶ自分のための“for me”ジュエリー (αLaVieガイドブックシリーズ) (JUGEMレビュー »)

はじめの方のページにカメオの作品、オーダーリフォームのカテゴリーでKadomiを紹介していただきました!
+ RECOMMEND
KIMONO姫 10全部買えます編 (祥伝社ムック)
KIMONO姫 10全部買えます編 (祥伝社ムック) (JUGEMレビュー »)

P,15にKadomi 和ジュエリーかろん の帯留めとかんざしが掲載されました。
+ RECOMMEND
InRed特別編集 大人女子の浴衣 (e-MOOK)
InRed特別編集 大人女子の浴衣 (e-MOOK) (JUGEMレビュー »)

お問い合わせをいただいたのでこちらで紹介。17ページでイラストレーターのハセガワ・アヤさんが身につけている帯留めは「かろん」のタツノオトシゴの帯留めです。サイトからお問い合わせいただけます。
+ RECOMMEND
GMプレミアムジュエリー 2010S/A (HINODE MOOK 50)
GMプレミアムジュエリー 2010S/A (HINODE MOOK 50) (JUGEMレビュー »)

「33組の日本人クリエーター」に掲載していただきました!そして、掲載されている人たち、知り合いがいっぱい!
+ RECOMMEND
お誂え手帖 ふだん使いのかわいいもの編
お誂え手帖 ふだん使いのかわいいもの編 (JUGEMレビュー »)
花島 ゆき
62ページから71ページまで、デザビレの中での制作風景や諸々を取材、掲載して頂きました!他にも素敵なお誂えをお願い出来る作家さんの作品や工房も興味深いです!!
+ RECOMMEND
ART BOX vol.2 JEWELRY (ART BOX MOOK SERIES) (ARTBOX)
ART BOX vol.2 JEWELRY (ART BOX MOOK SERIES) (ARTBOX) (JUGEMレビュー »)

2ページにわたり、カメオやレリーフを使用した作品を掲載していただいています。
+ RECOMMEND
アンティーク着物スタイルブック
アンティーク着物スタイルブック (JUGEMレビュー »)
大野 らふ
いくつものコーディネートの中に、そして帯留めの紹介もして頂きました!Ponia-ponの店主らふさんのコーディネートは、着物も帯留めもとても勉強になります。
+ RECOMMEND
現代日本のクラフト〈vol.2〉 (ART BOX IN JAPAN)
現代日本のクラフト〈vol.2〉 (ART BOX IN JAPAN) (JUGEMレビュー »)

11月23日発売のこの書籍のP130、p131の2ページに渡って掲載していただいています!
+ RECOMMEND
ダイヤモンド・ナビ Vol.4 (4)
ダイヤモンド・ナビ Vol.4 (4) (JUGEMレビュー »)

この本の見開きと、中のなんと2ページに、作品を紹介していただきました!
ブロの写真とブロの文章で、とても素敵にしていただいています。是非手に取ってご覧下さい!!
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE