Kadomiのひとりごと

ジュエリー Kadomi 内藤圭美のブログです。
<< 今週末は本日金曜日と明後日日曜日 | main | コピー品、類似品、模倣品の続き。 >>
コピー商品、類似商品について
今日は、ちょっと嫌な内容をブログに上げなければいけません。
でも、とても重要な事だし、私が外へ向けて発言出来る場所はここしか無いので、
長くなりますが最後まで読んでいただきたいと思っています。


弊社のコピー商品、または類似商品についてです。


*Kadomiの商品は、今現在ホームページ更新が追いついておらず、掲載されている以外に
数社お取り扱いをいただいており、その中には、マリッジ、エンゲージのみをお取り扱い
していただいている会社様があります。


先日、某お取引先さまから、弊社のマリッジをご成約いただいた(既に5月末に納品済み)
お客様に、Kadomiエンゲージリングもご成約をいただけそうだが、お急ぎのようで、
急いでの納品は可能ですか?というご連絡をいただきました。
このブログでも過去にご紹介したエンゲージ画像にあるようなデザインのものです。
オーダーメイドで手がけたマリッジ・エンゲージの画像を彫りサンプルとともに資料として
欲しいと言われ、昨年末にアルバムにして渡していたものの中から、ご成約と。
ダイヤは四角形。準備しましたと。

その2日後内容は変わり、お客様から、実は同シリーズのエンゲージも既にご成約は受け
いた。弊社に無断で自社工房で制作。しかしながら、K18WG(ホワイトゴールド)の
色がどうやっても同じにならない、と。
お客様は、マリッジとエンゲージの重ね付け前提で、同デザインをご成約。
だから、リングを並べたら、色の違いは一目瞭然。ということで、納品が出来ないと。
図面を送るので、同じように制作してほしいと。

Kadomiの商品なんだけれど、自社の職人に作らせた。と先方ははっきりと言いました。

お互いの信頼関係の上でお取引をさせていただいているものと思っていたので、まさかと
思いましたが、届いていたファックス図面を見、弊社のデザインコピーであることは
間違い無いということが判明。
指示書にね、デザイン画がね、描いてある訳ですよ。弊社のコピーのデザイン画がね。


私のような小さなところでも、今までコピーをされたという事は数回あって、例えば
依頼されて5種送ったデザイン画でボツになったものが、同じ傘下の別ブランドで商品化、
量産され、もちろん知らない私は、本屋で雑誌を立ち読みしていてひっくり返りそうに
なったり。その雑誌持って言いに行きましたよ。どうなっているんだと。
残念ながら私の居るこの宝飾業界はもう、こういう事は本当に多い。
「ティファニーのこのデザインと同じものを」と持ち込まれる方がいる。
ためらわず受ける業者がほとんどだと思う。全く同じにはしていないという理由で。
沢山の作り手が、特徴ある1つの石を見て、同じようなデザインが浮かぶ事はあると思う。
けれど、コピーは、違う。やってはいけない事なのだ。
デザインが出尽くされた今、どこまでが許容範囲で、どこまでがダメかというラインも、
人によってまちまちで、曖昧であることは確か。
ちなみに、アンティークとかの模倣は引っかからない。50年過ぎているものは、
デザインも。

ただ、今回の事は、業界の先輩でもある旦那の言葉を借りたら、

「厄介だな。カルティエ風に作れますよ!って、それも自社で作るからもう少しお安めで
とか言って受けたのに作れず、お手上げで、カルティエにカルティエのコピーをコピー
させるような話だよね。それもコピーの図に寄せて」

…。そうです。

お客様とお店の間で、どういう会話がされて、ご成約になったのかは私には知る由もない
ですが、Kadomiの商品ですと言っているかもしれないけれど、内刻印やケース
(これは次のブログでお伝えします)が異なるだろうからすぐに判るはず。
「お急ぎでしたら、弊社のクラフトマンが、Kadomi風にお客様のお選び頂いたダイヤで
お作りする事が出来ますよ!そうすれば、マリッジと重ね付けも出来ますよ!」
と言った可能性が大きいと。憶測だけれど。けれども、もしかしたら、お客様自身が
同じデザインでとこの会社の職人に頼まれたのかもしれない…。

経緯がどうであれ、私が作らないと言えば、お客さまに嫌な思いをさせてしまう。
お店が勝手にやった事だと説明されてたとしても、お客様の立場で言えば 「こんな事が
あったのよ!」と言う事実を誰かに話せば、Kadomiのイメージダウンにしかならない。
受けても受けなくても、イメージダウンにしかならない訳です。
私はお客様とは直接やり取りは叶いませんし、オーダーメイドを希望されてエンゲージを
作ったのに、気に入らずに受け取られない、という、新郎様や新婦様の気持ちを思うと、
ここはコピーのコピーでも受けるべきなのかという葛藤と。

大手では100とか1000分の1でも、私にはそうではなく、お客様にとっては、
エンゲージっていうのは、1分の1、大事な1度なんだよね。

一晩、受けるべきかどうか悩み、色々な方に相談をさせていただきました。

今回は、問題が出た事で気づけたけれども、お客様がOKを出していたら、そのまま
Kadomiのリングとして納まってたのかもしれない、と思うと、それも本当に怖い事だなと。
今の時代、ネットで「Kadomiというブランドに、マリッジとエンゲージを作ってもらった
けれど、エンゲージとマリッジは色が全然違くて、せっかくのリングが台無し」
と書かれたら。それが独り歩きしていきます。
それはそれで弊社にとってはとてもとても怖いこと。

もし。色んなブランドのマリッジが一堂に見られ、その中から選べるのをうたっている
会社ですが、そのなかで、私のような名前も知らないようなブランドを気に入って
くださり、マリッジをお選びくださったら、サイトとか検索していて欲しい…。
エンゲージとマリッジで同じ地金で色が違うような。
そんなもの作りはしていないという事は、お客様に伝わって欲しいと思います…。

周りにやるべきでは無いと言われ、それでもお客様の気持ちを想像すると…と考えていた
のですが、翌日のお取引先とのやり取りで、今回、私はコピーのコピーを手がけるのを
お断りしました。
それでも、と言われました、多分先方には事の重大さが全く理解出来ていないようです。
地金の色については、弊社で使用している工場をお伝えしました。
先方の言う「色」の事だけなら、これで解決するはずですので。


何だか、コピーで訴訟とかね、訴訟まで行かなくても、内容証明つけて抗議文を送ってね、
そういうのは、もう国とかまたいで私の周りではしゅっちゅうです。
facebookで私が繋がっているデザイナー事業主さんという、限られた中でも、週に1度は
誰かがこんな事あったーと、アップしている。
場合によっては、「また!?」と抗議をしないで放置しておくと承諾とみなされるので、
行動を起こさざるを得ないような状態になりかねなかったり、大手にコピーされて商品化
されちゃうと、本家がコピーと思われて、というようなことも起こりかねない訳です。

素敵な仕事だけれど、そう言うものと隣り合わせ。アンテナ張り巡らせて、理不尽な事
にはとことん戦うという姿勢ではいるのですが。
今回は、

*コピー制作をした相手が弊社の商品の取り扱いをしている会社
*弊社の商品ではなくオーダーメイド制作した資料画像からのコピー、または類似品。
*既にご成約いただいているお客様へ渡るオーダーメイドエンゲージのコピー。

という事から、理不尽さへの怒りとかではなく、ただ、悩みました。
弊社としましても、たくさんの中からマリッジ、エンゲージをお選びいただいた
お客様に申し訳ない気持ちでいっぱいです。


次回のブログで、今回のブログに出て来た、地金の色の違いについて、ブランドや品質の
証明する内刻印について、弊社の保証書についてなど、書きたいと思います。
今更ながらですが。
それらの重要性にも触れたいと思います。

デザイナーや事業主としての視点からだけではなく、作り手としての、職人側からの
意見も、書かせていただきます。
お客様だけではなく、作り手にも、今後この仕事に関わる方にもちょっと読んでいただ
けると嬉しいです。
| admin | 大切なお知らせ☆ | 10:08 | comments(4) | - | pookmark |
記事を拝見致しました。
大変難しい問題で、相当悩まれたであろう事は想像に難くありません。心中お察しいたします。
昨今、web上に上げたイラストの無断転載なども問題化していたり
まがりなりにもプロのイラストレーターさんが理不尽な要求をされたりといった
問題がある事を知りましたが、似たような事は世界中にあるものですね。
当方も、かつてイラストを描いたり、デザインをかじっていたりしました。
簡単に答えの見つかる問題で無い事も重々承知の上ですが
こういった事がなくなる世の中になって欲しいものですね。
難しいとは思いますが、そう願うばかりです。
| 双葉 | 2014/07/28 10:28 PM |
職業でデザインをされているなら著作権や意匠権はきっちり知識として抑えておいたほうがいいとおもいます。

本来なら自分らのようなプロを使って欲しいとは思いますが、あまりに我田引水なのでぐっと我慢。でも仕事でやるなら対抗措置をチャンとしとかないとだめですよ。対抗措置を取らずに自分の正当性を主張しても、「残念ですね」と言われるだけですから。
| anaka | 2014/07/28 11:19 PM |
双葉様
コメントをありがとうございます。また、長く読みづらい文章を読んでいただき、ありがとうございます。
今回、全く知らないところでの模倣ではなく、お取引先の模倣であったことや、且つその修正の依頼という、私も初めての事で、お断りした後も、お客様はご納得をされるのだろうかとか、キャンセルはきくのだろうかということは頭の片隅にあります…。
ですが、私のような、小さい小さいところでも、駄目なものは駄目だと、声に出して行かなければいけないと思いました。
相手様は大手、私は個です。正しい事を自分のブログにアップするのにも、相当な覚悟がいりました。twitterやfacebookでこの記事がどんどん広がっているのを見て、発言も覚悟が必要だと改めて思っているところです。
難しい問題ですよね。
| Kadomi | 2014/07/29 12:56 AM |
anaka様。

コメントをありがとうございます。
日本ジュエリーデザイナー協会という団体があり、そちらのホームページにもありますが http://www.jjda.or.jp/ip/ip_QA.html
ジュエリーの著作権、意匠権に関しては、少々むずかしいと宝飾業界では言われております。美術品や工芸品のカテゴリーになるような作品や、金具やパーツの「仕組み」には取得は良く聞きますが、デザインとなると、超有名ブランドのアイテムでしか聞きません。
マリッジリング、エンゲージリングなどは難しいと言われた事があります。

私がこの仕事を始めるにあたって、上記の事をふまえて、国際特許事務所に相談しました(10年程前ですので、今の新しい情報ではありません)。
その際、ブランド屋号の商標と、和物ラインに使用しているマークロゴなどは取得しています。

今回、自分の正当性をただ主張しているという事でもないのです。
ただ今回、大量生産をするような商品ではなく、オーダーメイドのような商品でもこういう事実がありますという事を知って頂いた上で、コピー品や模倣品を手に取られる前に気をつけていただきたい点なども、次のブログで、作り手の立場からもお伝え出来ればという気持ちがあって書きました。
| Kadomi | 2014/07/29 1:18 AM |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+ Twitter
+ RECOMMEND
JAPAN PRECIOUS no.84(Winter 20―ジュエリー専門誌の決定版 ブランドガイドブック 2016
JAPAN PRECIOUS no.84(Winter 20―ジュエリー専門誌の決定版 ブランドガイドブック 2016 (JUGEMレビュー »)
矢野経済研究所

Kadomiのカメオを用いた商品を掲載いただきました!
+ RECOMMEND
持ち歩ける 吉祥寺本 (エイムック 3069)
持ち歩ける 吉祥寺本 (エイムック 3069) (JUGEMレビュー »)

移転してはじめて掲載していただきました!後ろから2ページ目に小さいですが素敵に紹介していただいています!
+ RECOMMEND
東京 マイファーストジュエリーショップガイド
東京 マイファーストジュエリーショップガイド (JUGEMレビュー »)

ジュエリーショップガイドに今回もKadomi shop&factoryを紹介して頂きました!今回も知人友人がいっぱい紹介されています!
+ RECOMMEND
東京ジュエリーショップガイド―自分で選ぶ自分のための“for me”ジュエリー (αLaVieガイドブックシリーズ)
東京ジュエリーショップガイド―自分で選ぶ自分のための“for me”ジュエリー (αLaVieガイドブックシリーズ) (JUGEMレビュー »)

はじめの方のページにカメオの作品、オーダーリフォームのカテゴリーでKadomiを紹介していただきました!
+ RECOMMEND
KIMONO姫 10全部買えます編 (祥伝社ムック)
KIMONO姫 10全部買えます編 (祥伝社ムック) (JUGEMレビュー »)

P,15にKadomi 和ジュエリーかろん の帯留めとかんざしが掲載されました。
+ RECOMMEND
InRed特別編集 大人女子の浴衣 (e-MOOK)
InRed特別編集 大人女子の浴衣 (e-MOOK) (JUGEMレビュー »)

お問い合わせをいただいたのでこちらで紹介。17ページでイラストレーターのハセガワ・アヤさんが身につけている帯留めは「かろん」のタツノオトシゴの帯留めです。サイトからお問い合わせいただけます。
+ RECOMMEND
GMプレミアムジュエリー 2010S/A (HINODE MOOK 50)
GMプレミアムジュエリー 2010S/A (HINODE MOOK 50) (JUGEMレビュー »)

「33組の日本人クリエーター」に掲載していただきました!そして、掲載されている人たち、知り合いがいっぱい!
+ RECOMMEND
お誂え手帖 ふだん使いのかわいいもの編
お誂え手帖 ふだん使いのかわいいもの編 (JUGEMレビュー »)
花島 ゆき
62ページから71ページまで、デザビレの中での制作風景や諸々を取材、掲載して頂きました!他にも素敵なお誂えをお願い出来る作家さんの作品や工房も興味深いです!!
+ RECOMMEND
ART BOX vol.2 JEWELRY (ART BOX MOOK SERIES) (ARTBOX)
ART BOX vol.2 JEWELRY (ART BOX MOOK SERIES) (ARTBOX) (JUGEMレビュー »)

2ページにわたり、カメオやレリーフを使用した作品を掲載していただいています。
+ RECOMMEND
アンティーク着物スタイルブック
アンティーク着物スタイルブック (JUGEMレビュー »)
大野 らふ
いくつものコーディネートの中に、そして帯留めの紹介もして頂きました!Ponia-ponの店主らふさんのコーディネートは、着物も帯留めもとても勉強になります。
+ RECOMMEND
現代日本のクラフト〈vol.2〉 (ART BOX IN JAPAN)
現代日本のクラフト〈vol.2〉 (ART BOX IN JAPAN) (JUGEMレビュー »)

11月23日発売のこの書籍のP130、p131の2ページに渡って掲載していただいています!
+ RECOMMEND
ダイヤモンド・ナビ Vol.4 (4)
ダイヤモンド・ナビ Vol.4 (4) (JUGEMレビュー »)

この本の見開きと、中のなんと2ページに、作品を紹介していただきました!
ブロの写真とブロの文章で、とても素敵にしていただいています。是非手に取ってご覧下さい!!
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE