作家のひとりごと

ジュエリー Kadomi 内藤圭美のブログです。
<< グリーントルマリンの記念リング | main | バイカラートルマリンのペンダント >>
サファイアトラピのお守りリング

こんにちは。
朝から御徒町をまわって一度自宅に戻ってきました。

今日は夜、異業種交流の忘年会なのです。

ドイツ語の通訳でお世話になっている、時には私のイベントにも立って下さり、

時にはお客様でもあり…。

そんな方が主催の会。

着物で参戦しようかと。

 



明日からまた毎日、アトリエショップを営業しています。

 

20日   火曜日 14:00〜20:00
21日   水曜日 15:00〜20:00
22日   木曜日 16:00〜20:00
23日(祝)金曜日 13:00〜19:00
24日   土曜日 12:00〜20:00
25日   日曜日(前日までにお気軽にご予約下さい)
27日   火曜日 14:00〜20:00予定

 


★月曜日は外回りのためお休みをいただきます。
★開始時間が曜日により異なります。閉店時間は日曜日と祝日が19時、それ以外は20時です。

★25日 日曜日は、前日までにご来店のご連絡をいただきましたら、オープンします。

 前日夜にこのブログ、フェイスブック他SNSで、営業か、そうでないかを告知をします。
★毎日営業している12月ですが、オーダーメイドのご相談は、事前にご予約をお願い致します。

 


今朝、主人が6時に朝の準備をしていた時

「あれ?早いね、自転車行くの?」

「え?会社だよ?」

「日曜日もあるのか。12月だもんね」

「月曜日だよ?」

…という会話がありました。

毎日20時に店を閉め、片付けをしたり残業して帰るという日々を過ごしていると、曜日の感覚が

おかしくなりますね。
歳ですかね。

 


〜〜〜〜〜〜〜


今日ご紹介するのは、今月頭にお納めをさせていただいた、サファイアのトラピッチェでの
オーダーメイドリング。
 
 

こちらです。向きで一段と輝く星。

 



ちょっとセピア色に加工をしてあるこちらの画像。
9月頭にinstagramでアップしていた画像です。
この石、パープルのサファイア。それも、トラピッチェ。
ここまでのクオリティーのもの、私は見た事がありません。

透明度も部分的にあるし、放射状に伸びた線がまるでタイチンルチルのように力強い。

 

サファイアのトラピは、弊社でもUNICOリングに加工をしたりしますが、不透明な石がほとんど。

シルバーカラーや青系に白い線が走っている物が多いのです。

それらも希少石ですが、サファイアトラピは、エメラルドのトラピッチェのように、
場合によっては元の宝石より高額で取引をされる類いのものでは無かったのです。

 

私がこの石に出会ったのは今年の9月頭。

宝飾展でこの石を見て一目惚れし、この石以外他のものが全く目に入らなかった。固まった。
高いと思ったし、でも手に入れるならこの石以外には考えられない…。

この日、デザビレの1つ上の同業の方に
「かどみちゃん、石屋の前で固まって動かなかったから声もかけずそっとしておいた!」
とfacebookにコメント頂いた位。

必要な物さえ見る気も起きず、この石だけではなく他にも何も買わず、何も仕入れず会場を後にしようかと。
あまりに高かったし。どのくらいの価格かというと、軽くその日の仕入れの予算総額くらい。

インドへ仕入れに行くことも決めた後だったから、この日あまりお金を使いたくないとも思っていた。

石屋さんは、タイで石屋をされている方。昨年バンコクでもお世話になっている方でした。

 

他の石屋さんも「何この石。トラピ?見た事が無いよ。こんなに綺麗なサファイアトラピ」と。

欲しい。でも。今この石を買ったら…。

「もし、この石が運命だったら。きっと残っているはずだから、インドの帰りにタイへ寄るから

その時に買おうと思っている」

と、そのまま石屋さんに伝えると(正式には言葉が出来ないので伝えてもらった)、

「石を君に預けるよ。この石は多分君のところへ行くと思っていた。

支払いはタイで。インドからの帰りでいいよ。」

なんと石を無償で1か月預かることになった。


宝飾展の帰りの電車の中で、画像をSNSにアップして、すぐにお問い合わせをいただいた。

顧客様からだった。お支払いをする前に、なんと即、石の行き先が決まった。

石屋さんにメールするととても喜んでくれた!

 

制作をするにあたり、お客様からは、代々飼っている柴犬ちゃん4匹の写真が届いた。
それぞれのワンちゃんの特徴や思い出、何歳生きたのかなどのお手紙も添えられていた。
ワンちゃんの名前の彫を入れてほしいと。あとその犬のイメージカラー4色。4石をどこかに。
このトラピッチェだったら、多分私はホワイトゴールドで制作したと思う。
でもお客様はイエローがいいと。

 

幾度もやり取りをさせていただいたり、一度実際にお話したりして、案を詰めていくうちに、気づいた。
あぁ、そうか。これはリングのようでいてお守りだと。
バランスやデザインよりまずはそれを優先で進める事にしました。



はじめの2匹は子犬から飼って、子犬から飼う楽しみは十分いただいたからと、

それからはかわいそうな境遇の成犬を引き取り飼うようになったことなどを伺った。

柴犬は噛み癖がある子もいるだろうにと、過去に柴の雑種を多頭飼いしていたので思い出した。


ご家族を見送った辛かった時に、そっと寄り添ってくれた子(ワンちゃん)の話。
私も犬loveなので、お話を聞いて思わず涙した。

でもなぜ、この石がいいと思われたのか。
何となく…。石の模様が柴犬のむき出しのお尻に似ているなぁ…。
あぁ!!確かにあの愛らしい柴犬のお尻だ!!

間違っても、私を信頼して石を預けてくれた石屋さんには言えない。

(自分の英語で、上記や背景も含めてちゃんと伝えられる気がしない。

伝わったらきっと満面の笑顔になるそんな素敵な石屋さんですが)

 

ホワイトではなくイエローゴールドを選ばれたのも、色がお好きというだけではなく、

柴の犬の毛色なのかな。とか。
加工机の前にワンちゃんの写真や手紙を置き読みながら、彫を入れていきました。
石枠も、優をカーブの多い優し気な唐草にして、梅、菊、米(稲)と名前からの模様を彫り込みました。

 



石枠から石を留めた覆輪の上まで4種の彫りが入っています。


4つの石はサファイアで統一。
ブルー、レッド、ピンク、そしてホワイトを。4匹はいつもお客様の側に居ます。


カッコいいリングになったかなと思います。
イエローで囲った事で石のパープルの輝きが一段と!


指にしたサイズ感はこんなかんじです。
石屋さんと最近またお会いして、あの石は不思議だったねと。
パキスタン産の珍しいサファイアが手に入ったと、9月の日本の宝飾展へ行く前に仕入れた。
初日の朝一に私が来た。あ、多分Kadomiの所にこの石は行くんだろうなと思っていた通りになったと。
だから、初日の朝一に私に預けたと。
会期中に他の業者やブランドが仕入れにくる可能性が大きいのに、です。
そして、その日のうちに画像をSNSにアップ、お客様が見つけて下さった。
石は最初からお客様の所に行く事がきっと決まっていた。
パキスタンから誰かの手へ、そしてバンコクの彼、私とただ通過して行っただけ。
「通過して行っただけだったから、あなたのつけた金額そのままをお支払い頂いたんだよ」と
彼に伝えました。私一人では仕入れを決められなかったもん。あの石、高かったもんね、と彼も。
私が子供の時飼っていた柴雑種達は、散歩の時、クールな顔をして先に歩いて行くので
むき出しのお尻がよく見えました。
たまに、ちらっとこちらを振り返って、また前を見てぐんぐん歩いていく。
石屋さんには言えませんが、あの前を進んで歩いていく犬のお尻に、やはり何となくあのトラピは似ていて
勇気をくれる気がします。
 
今お客様の元に居るのは、ホワイトサファイアのわんこ。
お迎えしてから、まだ約1年だそう。今後どんな色になっていくのかな。
私が手がけさせていただいたリングは、お守りにちゃんとなったのかな。
そう思いつつお納めを。


お客様から歴代のリング達との画像が送られてきました。
私の私物リングとの兄弟石でもあるエメラルドのトラピも見えます!
いつも応援して下さり、本当にありがとうございます。
気に入って頂けてよかった!

 

 

 

| admin | オーダーメイドジュエリー | 15:00 | comments(0) | - | pookmark |









1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ Twitter
+ RECOMMEND
JAPAN PRECIOUS no.84(Winter 20―ジュエリー専門誌の決定版 ブランドガイドブック 2016
JAPAN PRECIOUS no.84(Winter 20―ジュエリー専門誌の決定版 ブランドガイドブック 2016 (JUGEMレビュー »)
矢野経済研究所

Kadomiのカメオを用いた商品を掲載いただきました!
+ RECOMMEND
持ち歩ける 吉祥寺本 (エイムック 3069)
持ち歩ける 吉祥寺本 (エイムック 3069) (JUGEMレビュー »)

移転してはじめて掲載していただきました!後ろから2ページ目に小さいですが素敵に紹介していただいています!
+ RECOMMEND
東京 マイファーストジュエリーショップガイド
東京 マイファーストジュエリーショップガイド (JUGEMレビュー »)

ジュエリーショップガイドに今回もKadomi shop&factoryを紹介して頂きました!今回も知人友人がいっぱい紹介されています!
+ RECOMMEND
東京ジュエリーショップガイド―自分で選ぶ自分のための“for me”ジュエリー (αLaVieガイドブックシリーズ)
東京ジュエリーショップガイド―自分で選ぶ自分のための“for me”ジュエリー (αLaVieガイドブックシリーズ) (JUGEMレビュー »)

はじめの方のページにカメオの作品、オーダーリフォームのカテゴリーでKadomiを紹介していただきました!
+ RECOMMEND
KIMONO姫 10全部買えます編 (祥伝社ムック)
KIMONO姫 10全部買えます編 (祥伝社ムック) (JUGEMレビュー »)

P,15にKadomi 和ジュエリーかろん の帯留めとかんざしが掲載されました。
+ RECOMMEND
InRed特別編集 大人女子の浴衣 (e-MOOK)
InRed特別編集 大人女子の浴衣 (e-MOOK) (JUGEMレビュー »)

お問い合わせをいただいたのでこちらで紹介。17ページでイラストレーターのハセガワ・アヤさんが身につけている帯留めは「かろん」のタツノオトシゴの帯留めです。サイトからお問い合わせいただけます。
+ RECOMMEND
GMプレミアムジュエリー 2010S/A (HINODE MOOK 50)
GMプレミアムジュエリー 2010S/A (HINODE MOOK 50) (JUGEMレビュー »)

「33組の日本人クリエーター」に掲載していただきました!そして、掲載されている人たち、知り合いがいっぱい!
+ RECOMMEND
お誂え手帖 ふだん使いのかわいいもの編
お誂え手帖 ふだん使いのかわいいもの編 (JUGEMレビュー »)
花島 ゆき
62ページから71ページまで、デザビレの中での制作風景や諸々を取材、掲載して頂きました!他にも素敵なお誂えをお願い出来る作家さんの作品や工房も興味深いです!!
+ RECOMMEND
ART BOX vol.2 JEWELRY (ART BOX MOOK SERIES) (ARTBOX)
ART BOX vol.2 JEWELRY (ART BOX MOOK SERIES) (ARTBOX) (JUGEMレビュー »)

2ページにわたり、カメオやレリーフを使用した作品を掲載していただいています。
+ RECOMMEND
アンティーク着物スタイルブック
アンティーク着物スタイルブック (JUGEMレビュー »)
大野 らふ
いくつものコーディネートの中に、そして帯留めの紹介もして頂きました!Ponia-ponの店主らふさんのコーディネートは、着物も帯留めもとても勉強になります。
+ RECOMMEND
現代日本のクラフト〈vol.2〉 (ART BOX IN JAPAN)
現代日本のクラフト〈vol.2〉 (ART BOX IN JAPAN) (JUGEMレビュー »)

11月23日発売のこの書籍のP130、p131の2ページに渡って掲載していただいています!
+ RECOMMEND
ダイヤモンド・ナビ Vol.4 (4)
ダイヤモンド・ナビ Vol.4 (4) (JUGEMレビュー »)

この本の見開きと、中のなんと2ページに、作品を紹介していただきました!
ブロの写真とブロの文章で、とても素敵にしていただいています。是非手に取ってご覧下さい!!
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE