作家のひとりごと

ジュエリー Kadomi 内藤圭美のブログです。
<< 谷中にある肉山に登った!忘年会 | main | 2017年も宜しくお願い致します。 >>
インド風?オスマントルコ風のstile fiorentino
こんばんは。
12月31日。大晦日の22時半です。

日曜日から、ん?と思っていた胸の痛み。
水曜日に病院へは行ったのですが、木曜日から完全に体調を崩しておりました。(現在進行中)
昨日も今日も、16時頃からは無理せず横になっています。で、今頃起きだす。
家は掃除はそこそこ出来たし、経理も9割り終えましたが、事務所の大掃除は終らず。
新年が明けてから、体調が回復しきったら、やればいいかなと思っています。

2016年も、多くの方にお会い出来、商品を気に入って頂いたり、オーダーメイドで
手がけさせて頂いたり。
とても充実した1年でした。ありがとうございました。
今年もあと1時間とちょっと。
楽しい年末をお過ごし下さい!

2016年最後に、クリスマス前にお納めをさせていただいた stile fiorentitoのご紹介です。
 

こちらです。

今回のオーダーもとてもストーリーがありました。
ご結婚されたとき、プロポーズも、誕生日も記念日、結婚式もされなかった、お互いにイベントが
好きではなかったという、そんな奥様。
最初にKadomiに来店をされたとき、とにかく身に着けているアクセサリーが全ておしゃれ。
且つ本当に似合っていらっしゃった。エスニックな雰囲気のジュエリー重ね付けを。
本当に素敵な方でした。
インド系のK22のアイテムたちと、多分、されているリングとバングルはマルコムベッツ。
それも相当前のものかな?即気づいた。
日本では、バーニーズニューヨークで取り扱われている英国人デザイナー。
吉本ばななが好きで身に着けていることもあって、著書で触れていてより名が知られたブランド。

97年。私がイタリアに渡って3か月目の8月。記録的猛暑の年で亡くなった方もいらした。
そんなうだるような暑さ(当時フィレンツェはブランド店とかリナシェンテというデパートしか冷房が無かった)
と、とあることがあってフィレンツェから逃げ出したくなり、大学時代に通って歩き慣れていた
ロンドンに脱出したのです。
その時、まだ彫金を始める前です。
その97年夏に、マルコムベッツのリングを私は手にしているのです。一目惚れをして。
それもSVとK22のコンビのリングを。そんなに有名な方とも知らずに。
(探したけれど見つからない。どこへ行ってしまったのか…)
そんなご縁もあって、初対面だったこの方のオーダーをお受けしようと思いました。

お客様、旦那様に、「16年越し。そろそろ何か買ってくれたまえ!(お客様のメールのままの文)」
と言ったところ、「最新型食洗機」が候補に。でも、やっぱりリング…ということで
毎晩のネットサーフィンで私を見つけて下さったと。


こちらのリングのテーマは「インド風、stile fiorentino」且つ、弊社のサイトにあるB-36とほぼ同じ彫で。
もう、フィレンツェスタイルという名前なのにインド風と付く。
私的にはお客様を見ていて「オスマントルコ風もお似合いそう」と。
ならば、普通のカットのダイヤはやめましょうかと。
かつ、制作をする過程を楽しんで頂きたく、ご提案してみた所、ご自分でダイヤを選ばれたい!という事で
ダイヤを取り寄せ、お客様ご自身で全てのダイヤを選んでいただきました!


もちろん私も一緒に、ダイヤを選ばせて頂きました。色のアドバイスや石の高さなどを合わせたり。



お納めさせていただいた後、旦那様にリングをご覧頂いたというメールをいただきました。
「結婚継続契約指輪」と名付けられたこのリング。
stile fiorentitoですが、とてもオリジナリティーのある素敵なリングになったと思います。

実はお客様、お仕事ではアクセサリーは結婚指輪も含め、ピアスさえも何もつけられない
んだそうです。
お仕事は、「手話通訳」。
そしてこの手話ですが、日本で「言語」として認められたのは、なんと、ここ数年だそう。
東日本大震災の直後、ボランティアとして参加された後、今までの仕事を辞めて
これは自分もやらなければと、手話通訳を本格的に仕事として始められたそうです。
実は世界共通語でない手話、実際の言葉のように国でそれぞれ違うのかなと思っていたら
日本では地方だけではなく、町や村でも異なるものがあるそう。
手話に関してのお話、背景などを伺っていたら、本当に驚くことばかりで。
通訳として手話をする際は、手の動きや口の動きを読み取られる妨げにならないよう、貴金属は禁止。
その例なども伺い、実際にお客様がされる手話を拝見して、寒気がしたり、涙が出たり。
『手話は見ることば』だと言われるお客様。
言葉で話して伝える以上の臨場感も体験させていただきました。

お仕事が終われば、大好きなイエローゴールドのジュエリーをたくさんまとわれて。
素敵だなぁと、本当に思いました。
お会いするのがとても楽しみなお客様でした。


こちらはinstagramにアップしていた画像。
後ほど動画もアップしようと思います。
たくさんのおしゃれなセレクトショップのジュエリー販売会やイベントにも顔を出されている方なので、
どこかで、このリングをしたエキゾチックな素敵なお姉さまにみなさんもお会いするかもです。
楽しいお仕事でした。
ありがとうございました。
| admin | オーダーメイドジュエリー | 22:52 | comments(0) | - | pookmark |









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
+ Twitter
+ RECOMMEND
持ち歩ける 吉祥寺本 (エイムック 3069)
持ち歩ける 吉祥寺本 (エイムック 3069) (JUGEMレビュー »)

移転してはじめて掲載していただきました!後ろから2ページ目に小さいですが素敵に紹介していただいています!
+ RECOMMEND
東京 マイファーストジュエリーショップガイド
東京 マイファーストジュエリーショップガイド (JUGEMレビュー »)

ジュエリーショップガイドに今回もKadomi shop&factoryを紹介して頂きました!今回も知人友人がいっぱい紹介されています!
+ RECOMMEND
東京ジュエリーショップガイド―自分で選ぶ自分のための“for me”ジュエリー (αLaVieガイドブックシリーズ)
東京ジュエリーショップガイド―自分で選ぶ自分のための“for me”ジュエリー (αLaVieガイドブックシリーズ) (JUGEMレビュー »)

はじめの方のページにカメオの作品、オーダーリフォームのカテゴリーでKadomiを紹介していただきました!
+ RECOMMEND
KIMONO姫 10全部買えます編 (祥伝社ムック)
KIMONO姫 10全部買えます編 (祥伝社ムック) (JUGEMレビュー »)

P,15にKadomi 和ジュエリーかろん の帯留めとかんざしが掲載されました。
+ RECOMMEND
InRed特別編集 大人女子の浴衣 (e-MOOK)
InRed特別編集 大人女子の浴衣 (e-MOOK) (JUGEMレビュー »)

お問い合わせをいただいたのでこちらで紹介。17ページでイラストレーターのハセガワ・アヤさんが身につけている帯留めは「かろん」のタツノオトシゴの帯留めです。サイトからお問い合わせいただけます。
+ RECOMMEND
GMプレミアムジュエリー 2010S/A (HINODE MOOK 50)
GMプレミアムジュエリー 2010S/A (HINODE MOOK 50) (JUGEMレビュー »)

「33組の日本人クリエーター」に掲載していただきました!そして、掲載されている人たち、知り合いがいっぱい!
+ RECOMMEND
お誂え手帖 ふだん使いのかわいいもの編
お誂え手帖 ふだん使いのかわいいもの編 (JUGEMレビュー »)
花島 ゆき
62ページから71ページまで、デザビレの中での制作風景や諸々を取材、掲載して頂きました!他にも素敵なお誂えをお願い出来る作家さんの作品や工房も興味深いです!!
+ RECOMMEND
ART BOX vol.2 JEWELRY (ART BOX MOOK SERIES) (ARTBOX)
ART BOX vol.2 JEWELRY (ART BOX MOOK SERIES) (ARTBOX) (JUGEMレビュー »)

2ページにわたり、カメオやレリーフを使用した作品を掲載していただいています。
+ RECOMMEND
アンティーク着物スタイルブック
アンティーク着物スタイルブック (JUGEMレビュー »)
大野 らふ
いくつものコーディネートの中に、そして帯留めの紹介もして頂きました!Ponia-ponの店主らふさんのコーディネートは、着物も帯留めもとても勉強になります。
+ RECOMMEND
現代日本のクラフト〈vol.2〉 (ART BOX IN JAPAN)
現代日本のクラフト〈vol.2〉 (ART BOX IN JAPAN) (JUGEMレビュー »)

11月23日発売のこの書籍のP130、p131の2ページに渡って掲載していただいています!
+ RECOMMEND
ダイヤモンド・ナビ Vol.4 (4)
ダイヤモンド・ナビ Vol.4 (4) (JUGEMレビュー »)

この本の見開きと、中のなんと2ページに、作品を紹介していただきました!
ブロの写真とブロの文章で、とても素敵にしていただいています。是非手に取ってご覧下さい!!
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE