作家のひとりごと

ジュエリー Kadomi 内藤圭美のブログです。
<< トルマリンキャッツのピンキーリング/セミオーダー | main | ブルーサファイアトラピのアサガオリング >>
バイカラーなエルバイトトルマリンのペンダント

おはようございます。
 

今日は金曜日。アトリエショップは13時〜19時までとなります。

いつもより1時間早く閉店します。

宜しくお願い致します。


今日もご紹介をするバイカラーでのセミオーダー。
東武さんでご注文を下さった方の制作ですが、ほとんどの方に7月20日とお伝えしておりました。
そして、オールシルバー、SV925でご注文いただいた方には、イベント終了後から1,5ヶ月とお伝えしていたと
思います。
 
そのお納め日である20日の週、来週アトリエショップを営業出来ないので、20日頃納品とお伝えしていました
方の制作分は、東武会期終了翌日から制作を開始しまして、昨晩の時点で最後の1つの検品を残して終了しています。
お電話、留守電、メールなどで完成のご連絡をさせて頂いておりますが、ご連絡のつかない方が数名いらっしゃいます。
気づかれていないかもしれないと思い、このブログと後ほど、facebookとinstagramでもお伝え致します。

明日以降、来週いっぱいアトリエショップはお休みをいただいております。
お納め方法のご指示をお待ちしております♪

オールシルバーの方は、7月の最終週には完成となります。
東武さんでのお納めが終りましたら、8月末の大阪、9月の松山へ向けて、気持ちを切り替えます。
バイカラーシリーズのセミオーダーのお問い合わせも沢山頂いております。
ありがとうございます♪
ですが、バイカラーでのセミオーダーに関してのみ、石を集めたり準備が整うまでは、一時ストップ。
次回のバイカラーの石でのセミオーダー受注再開は、8月末のうめだ阪急さんとさせていただこうかなと思っています。
もちろん、アトリエショプにあるバイカラーの商品からお選び頂くことは可能ですし、石もご覧頂けます。
7月末〜8月いっぱいは、お受けしているオーダーメイドやフィレンツェスタイルの加工をメインに、
秋の百貨店の準備をして行きますので、ご理解頂けますと嬉しいです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今日ご紹介するのは、セミオーダーでお受けした、バイカラーのペンダントです。
この石は、エルバイトトルマリンと言いまして、色に特徴があります。
石にご興味のある方は、是非こちらをご覧下さい。

GIAのページです。画像を引っ張っていいのか分かりませんので是非こちらでご覧下さい。
エルバイトトルマリンとリディコータイトトルマリンのカットする前の美しい大きな結晶
があります!


前にこちらでもご紹介していると思います。
6月の東武さんでセミオーダー用に会場に持ち込んだトルマリンの左下。こちらが今回ペンダントになった
トルマリンです。
一見、ピンク〜オレンジ系の華やかな色みのバイカラー。ですが、よく見ると、真ん中に濃いピンクの
線がすっと入っています。
こちらをペンダントにしました。
画像を撮ると、これがなかなか難しくて…。


一番色が綺麗に見えるこの位置は、全体がもわっと光ってiPhoneでもだめでした。
エルバイトトルマリンは和名を『リチア電気石』といいます。パライバトルマリンも同じ仲間。
まさにその名前にふさわしいというか、そういう色なんです。
デジカメで撮影の難しい石だと思います。


不思議なのは、向きで全く透明なクリアな場所がある所。
横向きでセットをしまして、ペンダントにしました。
最近手がけたこの形状のペンダントの中では、一番大きかったかもしれません。
枠には、幾何学ではなく、今回は全体に唐草模様を彫り入れて、少しアンティーク風な、シックな枠に。

インスタの動画です。同じページで画像の次に動画を乗せています。スライドするか→をクリック
してみて下さい。
蛍光灯下で見づらく暗くて申し訳ありません。実際の色はもっと華やかです!
でも動画を見ていただくとわかるのですが上下に分かれて半分に色が入っている石なんです。
K18で囲むと、オレンジのような、ピンクのような、何とも言えない華やかな色が出ます。

心を鷲掴みにされた石でした。
トルマリンらしい、トルマリンにしか出せないピンクやオレンジ。
こちらはマダガスカル産のトルマリンでした。


日本から見たら両端にあるようで、実は南米とアフリカって近くて、元は大陸がくっついていた所があってね、

だからブラジルでしか出ないと思われていた石が、アフリカでも出てきているんだよ、とは先日甲府で聞いたお話。

 

もう閉山してしまって出ないと思っていた石が、別の大陸で出てくる。

今、アフリカは世界中から石の採掘の為に人が押し寄せているそうです。特に、インド人。
そんな中から私の手元に集まって来る石が、どんな方の所へ選ばれて行くのかを考えると、その石の移動、
旅にロマンを感じるこのごろです。
ペンダント、お客様にとても喜んで頂けて良かったです。
ありがとうございました。
| admin | オーダーメイドジュエリー | 09:14 | comments(0) | - | pookmark |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ Twitter
+ RECOMMEND
JAPAN PRECIOUS no.84(Winter 20―ジュエリー専門誌の決定版 ブランドガイドブック 2016
JAPAN PRECIOUS no.84(Winter 20―ジュエリー専門誌の決定版 ブランドガイドブック 2016 (JUGEMレビュー »)
矢野経済研究所

Kadomiのカメオを用いた商品を掲載いただきました!
+ RECOMMEND
持ち歩ける 吉祥寺本 (エイムック 3069)
持ち歩ける 吉祥寺本 (エイムック 3069) (JUGEMレビュー »)

移転してはじめて掲載していただきました!後ろから2ページ目に小さいですが素敵に紹介していただいています!
+ RECOMMEND
東京 マイファーストジュエリーショップガイド
東京 マイファーストジュエリーショップガイド (JUGEMレビュー »)

ジュエリーショップガイドに今回もKadomi shop&factoryを紹介して頂きました!今回も知人友人がいっぱい紹介されています!
+ RECOMMEND
東京ジュエリーショップガイド―自分で選ぶ自分のための“for me”ジュエリー (αLaVieガイドブックシリーズ)
東京ジュエリーショップガイド―自分で選ぶ自分のための“for me”ジュエリー (αLaVieガイドブックシリーズ) (JUGEMレビュー »)

はじめの方のページにカメオの作品、オーダーリフォームのカテゴリーでKadomiを紹介していただきました!
+ RECOMMEND
KIMONO姫 10全部買えます編 (祥伝社ムック)
KIMONO姫 10全部買えます編 (祥伝社ムック) (JUGEMレビュー »)

P,15にKadomi 和ジュエリーかろん の帯留めとかんざしが掲載されました。
+ RECOMMEND
InRed特別編集 大人女子の浴衣 (e-MOOK)
InRed特別編集 大人女子の浴衣 (e-MOOK) (JUGEMレビュー »)

お問い合わせをいただいたのでこちらで紹介。17ページでイラストレーターのハセガワ・アヤさんが身につけている帯留めは「かろん」のタツノオトシゴの帯留めです。サイトからお問い合わせいただけます。
+ RECOMMEND
GMプレミアムジュエリー 2010S/A (HINODE MOOK 50)
GMプレミアムジュエリー 2010S/A (HINODE MOOK 50) (JUGEMレビュー »)

「33組の日本人クリエーター」に掲載していただきました!そして、掲載されている人たち、知り合いがいっぱい!
+ RECOMMEND
お誂え手帖 ふだん使いのかわいいもの編
お誂え手帖 ふだん使いのかわいいもの編 (JUGEMレビュー »)
花島 ゆき
62ページから71ページまで、デザビレの中での制作風景や諸々を取材、掲載して頂きました!他にも素敵なお誂えをお願い出来る作家さんの作品や工房も興味深いです!!
+ RECOMMEND
ART BOX vol.2 JEWELRY (ART BOX MOOK SERIES) (ARTBOX)
ART BOX vol.2 JEWELRY (ART BOX MOOK SERIES) (ARTBOX) (JUGEMレビュー »)

2ページにわたり、カメオやレリーフを使用した作品を掲載していただいています。
+ RECOMMEND
アンティーク着物スタイルブック
アンティーク着物スタイルブック (JUGEMレビュー »)
大野 らふ
いくつものコーディネートの中に、そして帯留めの紹介もして頂きました!Ponia-ponの店主らふさんのコーディネートは、着物も帯留めもとても勉強になります。
+ RECOMMEND
現代日本のクラフト〈vol.2〉 (ART BOX IN JAPAN)
現代日本のクラフト〈vol.2〉 (ART BOX IN JAPAN) (JUGEMレビュー »)

11月23日発売のこの書籍のP130、p131の2ページに渡って掲載していただいています!
+ RECOMMEND
ダイヤモンド・ナビ Vol.4 (4)
ダイヤモンド・ナビ Vol.4 (4) (JUGEMレビュー »)

この本の見開きと、中のなんと2ページに、作品を紹介していただきました!
ブロの写真とブロの文章で、とても素敵にしていただいています。是非手に取ってご覧下さい!!
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE