作家のひとりごと

ジュエリー Kadomi 内藤圭美のブログです。
<< 2018年もよろしくお願い致します。 | main | 10月31日デリーからジェードプルへ >>
10月30日インドへ。

本日アトリエショップは平常営業です。
 

今日からインド日記をアップして行きますが、昨年の日記です。

よろしくお願い致します。

あ!オーダーメイドのお問合せを数件いただいております。
最近、お名前の無い方のお問合せも多いです。
必ず、お名前(ハンドルネームとか下の名前のみとかも困ります)をご記載いただきますようお願い致します。
そして、オーダーメイドのお問合せの前に、サイト、もしくはこのブログの右サイドバーにある、
「オーダーメイドとセミオーダーメイドについて」を今一度お読みください。
よろしくお願い致します。

〜〜〜〜〜〜〜

10月30日。ワクワクして待っていたこの日。
今回使用する飛行機はANA。今までJALやタイ航空が多かったのですが、今回一番安かったのがANAだったので
行きはデリーまで、帰りはバンコクから日本を予約していました。
出発は17時に成田からだったので、朝事務所を出てスーツケースを預けて松屋銀座へ納品へ行ったり
御徒町を回ったりしていました。
すると、スマホにメールが。機材の関係で離陸が2時間半遅延のお知らせ。
到着が未明になってしまうなぁ……。
もともと0時台にデリーに到着するANA。
やだなぁ。
地下鉄開通して便利になった後も、インド人でさえ「危ないから夜中の便の時は地下鉄乗ったり空港から出ない」
という真夜中の便。
迷って悩んで、空港内に出来た高いホテルに予約ぎりぎりで変更していたのです。
高いのに仮眠しか取れないな…と、この時はそれくらいに思っていたのです。
でも、変更して良かったと。
着いて発狂する事になるのですが。
 
前日にお寿司で体調を崩していた私。
(5回に1度はお寿司で蕁麻疹や貧血を起こすのですが、アレルギー検査ではシロ)
空港で吐き気どめを追加購入し、搭乗前に薬を飲み、いざデリーへ。

デリーに着いたのは現地時間0時50分。離陸は2時間半遅延で到着は40分遅れ。
想像していたより早く着きました。
出発前に、ホテルに連絡を入れておいたし、ホテルからはANAで着く宿泊客が他にも居るから大丈夫、
情報有難う!なんて返信が来ていたので、安心しきっていました。
 
もし、インド旅行を考えて居る方で、同じホテルを取ろうとして居る方がいるかもしれないので書いておきます。
このホテル、かなりの難関です。
ホテルはこれです。


ホリデイインです。
ネットでホテルの入り方が厄介だということは調べていたので前知識としてありました。
しかし。
このホテルの入り口は、初めて利用する人には見つける事が出来ません。
私はデリーに複数回来てて空港を利用して居ますが見つけられなかった。
なぜなら、本当の入り口は、国内線の搭乗口脇の表からは見えない小さなエレベータードアだから。
そして、その場所を通過するには、インド人のホテル関係者と共にでなくては行くことも出来ないのです。

まず、空港で到着ゲートを出ます。
外に出てはいけません。
あくまで空港の中です。
私は職員数名に、このホテルの予約表を持って聞いて回りましたが、誰も知りませんでした。
空港内で40分無料Wi-Fiが繋がるので、それにつなぎ、改めて入り方を検索すると、空港内にこの画像のポイントが
数箇所あり、そこから電話してピックアップして貰うとある。
国内線乗り継ぎの人は、国内線の所にもポイントがあると書いてある。
国際電話かけるのもなぁと思い、このポイントを探す。
ゲートを出たら、国際線と国内線の出口の間に1つポイントがある。
(ここに戻ってくることになる)ですが、ここは、「不在中。他のポイントへ」の札。
仕方がなく、インド人セキュリティーに翌日のチケットを見せて、国内線ロビーに入れて貰う。
インドの空港使った人は分かると思いますが、セキュリティーがしっかりしていて、搭乗数時間前出ないと
空港内にも入れません。なので、移動の度にチケットやパスポートを見せていかなければならなくて。
1つ上の国内線搭乗フロアにエレベーターで上がり、またそれらを見せて、まだ早いと言われ、
わかってる、ホテルを探している、ホリデイインのポイントを探している、あ、それならあそこにあるよ!
と教えて貰う。
やった、やっとあった。

で、受話器を上げて、呼び出し音。出ない。へ?出ない?
受話器を置く。
上げる。呼び出し音。出ない。
え…。
この時、1時15分。
居る場所を画像で取り「電話が通じない、今ここに居るのでピックアップして」とメールを送ってみるが
返信もない。
受話器を上げる。呼び出し音もしない。
は?
近くにいたラウンジ勤務のインド人に、「ホリデイインてここからしか電話できないの?」
インド人「うん、そうだよ。」
私「電話通じないんだけど」
インド「よく壊れるんだよ」
私「へ?壊れるの?」
インド「うん」
私「書いてある番号に直接電話したらダメかしら」
インド「夜中はそっちは出ないと思うよ」
私「電話壊れてる場合はどうしたらいいの?」
インド「10分くらい待ったら動くかもよ」
え…。
その後、受話器を上げる、無音、受話器を上げる、無音、を30回くらい繰り返しました。
そのうちに、本気で泣きたくなってきた。
WiFiの使える時間は期限が来て切れ、以前来たときにそのまま有料で使えるサイトに飛んだのに、今回は
それができない。で、auの世界データ定額のアプリを立ち上げると、インドはメンテ中…。
おわった…。
 
周りのインド人も私を見て居る。。。
もう、本当に頭にきて、受話器を電話機にバンバン叩き付けて、「ふざけるなー!!!これで高いのかよ!!!」と
怒鳴り、受話器を上げると呼び出し音!!!
30秒ほど待って居ると、出た。
ピックアップをお願いし、5分で行く、と言われたので、一安心。
が、来ない。
10分待ってもこない。
電話する。
通じる。
わかった、と言われ、また待つ。来ない。
この時点で、2時。
また電話する。今私はここのポイントにいる。なぜ来ない?1時間近く待っているのに、と。
そうしたら、5回ほど見に行ったが誰もいなかったと。
誰も来てないよ?
そばに居た空港で働くインド人を無理矢理捕まえて、電話に出させる。
親身に言ってくれているようだ。その人に、
「ここから電話してもダメだな。到着ロビーに行ったほうがいい。」
もう、半泣きになりながら、また色々なチェックを受けて到着ロビーに下りる。
で、さっきの不在札のかかっていた
 

これです。ここにくる。で、受話器を上げると通じた。
「今到着ロビーのポイントに移動してきた。ピックアップして。」
「10分待って」
「嫌だ。これ以上待たない。ふざけるな」
5分で来た。
この時、2時35分です。
翌朝9時ですよ飛行機。
何のためにここに予約をしたのか。
で、ここからがまた長い。
翌朝のチケットをみせて、手続きをしてからまた国内線搭乗ゲートの1つ上に上がり、出発ロビー脇で荷物検査。
その後、その奥にある暗いスペースにひっそりとあるエレベーターで空港の上へ。そこがホテルでした。
ホテルに入る前に、チケットを出せ、と言われて、「さっきあなたに渡したよね?」と言うと、
ハッとした顔をして荷物検査の所に取りに行きましたよその人。
君が受け取ってないの?とか言うので、受け取ってない。あなたが受け取れ、あなたが渡したんだからと
強気で答えた。
 
フロントで、苦情を言う元気はなく、電話が壊れている事、到着してからこんなに待たされるのはおかしい、
とだけ言う。
「ソーリー」だけを連呼するインド人のフロント。
そうだよね、あなたはフロントのみ。言っても無駄か…。
部屋に入ったら3時。
悔しいからシャワー浴びて、パジャマに着替えて寝た。
6時半に起きてカーテンを少し開けると空港の中。
準備をして7時に出た。
 
フロントで確か前日同じ飛行機だった日本人男性がいたので、声をかけてみた。
ピックアップしてもらったのは3時10分を過ぎて居たそうだ。ホテルには3時半過ぎに入ったと。
「何のための空港内ホテルなんだかわからないよね…。空港内めちゃくちゃ歩いたよ、電話通じないし。
予約時は13000円台だったのに、決済の時2万円近くになってるし。はは!
朝一で仕事でジャイプルに行かなきゃならないから仕方がないけど、もうここには泊まらないよーあはは!」
と笑顔でした。
仙人みたいだ…。
住んでいるって言ってた。仙人みたいになるしかないのかもしれない。
 
私も決済の時びっくりした。税とか色々あっての事だったけれど。それにしても高い。
ホテルからエレベーターを降りると、もう荷物預けカウンター。
即スーツケースを預けて、搭乗口に向かいました。
 
もう、場所もわかったので、次回からは待っても来ないピックアップを頼まず、直接ホテルの入り口
エレベーターの荷物検査の前に行って駄々をこねたら良さそうだと言うことは分かったけれど、
空港外、タクシーで10分ほどのホテルなら、8分の1の価格。
迷う。
危険かもしれない、良いタクシー運転手に当たればうまく行けるホテルか、今回のホテルか。
ANAで行くと直行便で安く楽に行けても夜中になるのか。
タイ航空も3時とかに着く。
JALは普段使わないからマイレージあれだし、エアインディア使うかな…でもトイレ問題が…。
今後考え直そうと思いました。
と、そんな波乱なスタートでした。
続く。
| admin | 放浪記 | 10:23 | comments(0) | - | pookmark |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
+ Twitter
+ RECOMMEND
JAPAN PRECIOUS no.84(Winter 20―ジュエリー専門誌の決定版 ブランドガイドブック 2016
JAPAN PRECIOUS no.84(Winter 20―ジュエリー専門誌の決定版 ブランドガイドブック 2016 (JUGEMレビュー »)
矢野経済研究所

Kadomiのカメオを用いた商品を掲載いただきました!
+ RECOMMEND
持ち歩ける 吉祥寺本 (エイムック 3069)
持ち歩ける 吉祥寺本 (エイムック 3069) (JUGEMレビュー »)

移転してはじめて掲載していただきました!後ろから2ページ目に小さいですが素敵に紹介していただいています!
+ RECOMMEND
東京 マイファーストジュエリーショップガイド
東京 マイファーストジュエリーショップガイド (JUGEMレビュー »)

ジュエリーショップガイドに今回もKadomi shop&factoryを紹介して頂きました!今回も知人友人がいっぱい紹介されています!
+ RECOMMEND
東京ジュエリーショップガイド―自分で選ぶ自分のための“for me”ジュエリー (αLaVieガイドブックシリーズ)
東京ジュエリーショップガイド―自分で選ぶ自分のための“for me”ジュエリー (αLaVieガイドブックシリーズ) (JUGEMレビュー »)

はじめの方のページにカメオの作品、オーダーリフォームのカテゴリーでKadomiを紹介していただきました!
+ RECOMMEND
KIMONO姫 10全部買えます編 (祥伝社ムック)
KIMONO姫 10全部買えます編 (祥伝社ムック) (JUGEMレビュー »)

P,15にKadomi 和ジュエリーかろん の帯留めとかんざしが掲載されました。
+ RECOMMEND
InRed特別編集 大人女子の浴衣 (e-MOOK)
InRed特別編集 大人女子の浴衣 (e-MOOK) (JUGEMレビュー »)

お問い合わせをいただいたのでこちらで紹介。17ページでイラストレーターのハセガワ・アヤさんが身につけている帯留めは「かろん」のタツノオトシゴの帯留めです。サイトからお問い合わせいただけます。
+ RECOMMEND
GMプレミアムジュエリー 2010S/A (HINODE MOOK 50)
GMプレミアムジュエリー 2010S/A (HINODE MOOK 50) (JUGEMレビュー »)

「33組の日本人クリエーター」に掲載していただきました!そして、掲載されている人たち、知り合いがいっぱい!
+ RECOMMEND
お誂え手帖 ふだん使いのかわいいもの編
お誂え手帖 ふだん使いのかわいいもの編 (JUGEMレビュー »)
花島 ゆき
62ページから71ページまで、デザビレの中での制作風景や諸々を取材、掲載して頂きました!他にも素敵なお誂えをお願い出来る作家さんの作品や工房も興味深いです!!
+ RECOMMEND
ART BOX vol.2 JEWELRY (ART BOX MOOK SERIES) (ARTBOX)
ART BOX vol.2 JEWELRY (ART BOX MOOK SERIES) (ARTBOX) (JUGEMレビュー »)

2ページにわたり、カメオやレリーフを使用した作品を掲載していただいています。
+ RECOMMEND
アンティーク着物スタイルブック
アンティーク着物スタイルブック (JUGEMレビュー »)
大野 らふ
いくつものコーディネートの中に、そして帯留めの紹介もして頂きました!Ponia-ponの店主らふさんのコーディネートは、着物も帯留めもとても勉強になります。
+ RECOMMEND
現代日本のクラフト〈vol.2〉 (ART BOX IN JAPAN)
現代日本のクラフト〈vol.2〉 (ART BOX IN JAPAN) (JUGEMレビュー »)

11月23日発売のこの書籍のP130、p131の2ページに渡って掲載していただいています!
+ RECOMMEND
ダイヤモンド・ナビ Vol.4 (4)
ダイヤモンド・ナビ Vol.4 (4) (JUGEMレビュー »)

この本の見開きと、中のなんと2ページに、作品を紹介していただきました!
ブロの写真とブロの文章で、とても素敵にしていただいています。是非手に取ってご覧下さい!!
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE