作家のひとりごと

ジュエリー Kadomi 内藤圭美のブログです。
<< Le Jardin Majorelle へ | main | 本日と明日は「散らない桜リング」のフライング受注日です >>
ホテル移動まで(宿の続き)2/19(月)

おはようございます。


今日もマラケシュの続き。

 


〜〜〜〜〜〜


マジョレル庭園の近くのショップでラグを見て、また歩き出す。


こちらは新市街地。ギリーズと呼ばれる地域です。
道は広く、建物は新しいです。
比較的裕福な方の暮らす地域のようです。
モロッコの椰子の木、すごく背が高いです。


新市街地の道沿いには、オレンジの木が。
実をつけていて、なんとも豊かです。

旦那も欧州以外のところへ連れて行きたいんです。
モロッコとインドは行きたいみたいなんですが、勇気が出ないと。
モロッコからだろうな、とこの時思いました。今のモロッコは行き倒れている人もいなければ
インドみたいに道に糞尿もない。

99年イタリア時代、友人たちと旅したイスタンブールでさえ、バザール内の客引きにカチンときていた旦那。
当時はまだ、今の何倍もしつこかったからね。
「厄介なアメ横」とイスタンブールのバザールを呼んでいました。
多分、アラブの人やインド人はそれ以上に手強胃から、きっと怒るんだろうな。
毎日100回くらい怒るんだろうな。
でも連れて行く。絶対。
怒っている自分がきっと笑えてくると思う。あんなに怒ることって日本だと抑えちゃうしあまりない。
私もそうだった。そうなったら、モロッコもインドも天国のような場所だ。
私のように文化も宗教も素敵に思って通うようになるのだ。


この日、お昼はアルファシア に来ました。
最近はどのガイドブックにも載っているようです。
本格的な美味しいモロッコ料理が食べられるレストランです。
12時オープンと聞いていたので入り口で待っていたら「今日は12時半になっちゃう!」と。
待ちますとも。


2008年以降、マラケシュに来たら、必ず1度は食べにくるアルファシア。
フェズ料理店です。
従業員が女性だけ、のお店。味が繊細で本当に美味しいです。
前も食べた前菜の揚げ物。
中はジャガイモにバラの香りのオイルとか、凄く不思議で美味しい。
赤いのはチリソース。
これも手作りでとても美味しいです。
夜は予約無しでは入れないから、昼オープン時に行くのもいつも同じ。
昼から一杯。


ここはクスクスも美味しい。
これは野菜と鶏肉のクスクス。
モロッコでは金曜日以外で、美味しいクスクスに出会えるお店は少なく、且つ女性が作るクスクスでなければ
美味しくないと言われているそう(モロッコでは)。
その点、この店は従業員が女性だけ。こちらは女性が作るクスクス。
観光客向けの食堂では、モロッコ人はクスクスだけは食べない(男性が作っている所では食べない)らしい。
タジンもそうなんだけど、モロッコは食べ物美味しいです。


食事の後、ギリーズにある行って見たかったラグのお店へ。
結果的に店用に買ったのは、結局ボシャラウィットではなく、AZILAL と呼ばれる
アトラスの高地に住むベルベル人が織った30年前のラグ。
スークではなく、コレクターピースなどを扱う新市街地の専門店で買いました。
こちらを気になって見ていたら、
「パウル・クレー(Paul Klee)みたいだよね」と、店主。
色が凄いね。とても好き。
全体は4色なようで、よく見るとビビッドなピンクやブルーがパイルの織り目に点描画みたいに入っている。
且つ、パイルの仕上げが場所によって違う。
普通の人が織ったものとは思えない、と言うと、「織物やってるの?」
やっていました。今はジュエリー職人。店に飾りたいな。
「これは、アートピースだと思うよ。ジュエリー店に飾るなら、ボシャラウィットはやめなさい。」
そうだよね…
この店主とできない英語で少し話をして、よし、ととこちらに決めたのでした。
石と同じで、やはり出会い。
意外と重くはなく、スーツケースに入れて帰る事が出来ました。

クレーはミュンヘンで学んだ期間があったドイツ人か、ドイツ系スイス?オーストリア?人だったはず。
私はミュンヘンで石を買って、今マラケシュにいる。で、ミュンヘンを経由して日本に帰る。

クレーはそんなに好きでは無いからよく知らないけど、なんとなくこのラグは運命を感じたのでした。
3kgほどのラグを抱えて、歩くのもなぁ、メディナまでは1時間半はかかるなと思い、タクシーで宿近くへ戻る。


時計は14時過ぎ。
先にチェックインを済ませ、ラグを置く。
今日から3日お世話になるリヤドの人に「荷物はこれだけ?」いいえ、取りに行ってくる、と伝える。
なんとスパも有名な、とても大人な隠れ家のようなリヤドでした。
素敵。
屋上のテラス横で手続きを。


奥にはまだテラスが広がっています。
朝食明日はここで食べよう!


今回も地上階の部屋でした。
日中は、吹き抜けから光が差し込みます。
静か。そして掃除が行き届いています。


お部屋も素敵。安心して、今朝の宿へ引き返します。

カップルの女性の方が待っていました。
「遅かったね」
・・・・ここで、カチンとスイッチが入りました。遅いだと?14時だよね。
 
私:え?遅くないよね。朝食の時は時間過ぎても誰も居なかったよね。
女:「なぜチェックアウトをするの?今日なら上階の窓のある明るい部屋に案内してあげられるし」
私:夜中にみんな出て行ったから?サイトは満室ってなってるけれどなぜ?
女:「価格も安くしてあげるから」
私:安いから予約したんじゃない。私はバックパッカーではない。安くても、暗い、お湯が出ないでは
  滞在することはできない。
女:「何かマラケシュで困ったことはない?砂漠ツアーは?
私:無いです。私はマラケシュは初めてではない。6回以上好きできているし、この宿以外困っていない。
  砂漠は以前行って、今回は行かない。
  4泊分支払うから領収書も頂戴。
女:「あのね、料金は1泊分でいいわよ。現金でお願い。領収書は出せないの。4泊分になってしまうから。
   あなたの為に、その方がいいでしょ。あと3日はキャンセルとするから。
   ・・・・その代わり、booking,comの評価にこのことを書かないで欲しいの」
あー。それか。
私:私は4泊支払ってもいい。評価は何も書かないから。
女:「いや、1泊分で、3泊はキャンセルにするわ。1泊分は、宿泊税も支払ってね。
   ごめんなさいね。また何かあったら連絡してね」

と、携帯番号を書いた宿のカードをもらった。
もう用はないと早々と、スーツケースを受け取り、50m移動。

この日もリヤドには誰もいなかった。
私と宿のカップルと、朝いたおばちゃん以外は。
あの宿、どうなるんだろう。
あの若いカップル、譲り受けたのかな。それとも、買い取った?それはないか。
まだ20代前半にも見えた。
 

気を取り直して歩き出す。


染物のエリア。


数日後、booking.comからメールが。

私が宿に現れず、4泊無断キャンセルした と宿から通達があったそうだ。
無断キャンセルの場合、場合によっては全額支払わなければならなくなる。
予約時にはカード番号を知らせる義務もある。
1泊目は泊まった。しかし情報と著しく異なること、お湯が朝夕全く出ないことなどから、
止むを得ず出ることに。残りの3泊はまたbooking.comから50m離れた〇〇に予約を入れました。
4泊分支払う事を申し出たが、1泊分(税金も支払った)でいい代わりに、評価に悪い事(事実を)書き込みを
しないで欲しいと言われた。税金を含めた1泊分を、現金で支払いました。
調べてもらえたらわかります。

とそのままメール。

後日帰国後、より詳細も連絡しました。

宿泊していないと、評価も入れられないんですよね。宿のサイトって。
レビューには、日本語ではいい事しか書いていなかった。
信用できないなと思いました。
あのカップルには、宿の経営は無理だと思う。あんなに暗かったら虫もいそうだ。
他の人が管理して、きちんとしたリヤドに変わればいいなと思います。
| admin | 放浪記 | 09:50 | comments(0) | - | pookmark |









1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
+ Twitter
+ RECOMMEND
JAPAN PRECIOUS no.84(Winter 20―ジュエリー専門誌の決定版 ブランドガイドブック 2016
JAPAN PRECIOUS no.84(Winter 20―ジュエリー専門誌の決定版 ブランドガイドブック 2016 (JUGEMレビュー »)
矢野経済研究所

Kadomiのカメオを用いた商品を掲載いただきました!
+ RECOMMEND
持ち歩ける 吉祥寺本 (エイムック 3069)
持ち歩ける 吉祥寺本 (エイムック 3069) (JUGEMレビュー »)

移転してはじめて掲載していただきました!後ろから2ページ目に小さいですが素敵に紹介していただいています!
+ RECOMMEND
東京 マイファーストジュエリーショップガイド
東京 マイファーストジュエリーショップガイド (JUGEMレビュー »)

ジュエリーショップガイドに今回もKadomi shop&factoryを紹介して頂きました!今回も知人友人がいっぱい紹介されています!
+ RECOMMEND
東京ジュエリーショップガイド―自分で選ぶ自分のための“for me”ジュエリー (αLaVieガイドブックシリーズ)
東京ジュエリーショップガイド―自分で選ぶ自分のための“for me”ジュエリー (αLaVieガイドブックシリーズ) (JUGEMレビュー »)

はじめの方のページにカメオの作品、オーダーリフォームのカテゴリーでKadomiを紹介していただきました!
+ RECOMMEND
KIMONO姫 10全部買えます編 (祥伝社ムック)
KIMONO姫 10全部買えます編 (祥伝社ムック) (JUGEMレビュー »)

P,15にKadomi 和ジュエリーかろん の帯留めとかんざしが掲載されました。
+ RECOMMEND
InRed特別編集 大人女子の浴衣 (e-MOOK)
InRed特別編集 大人女子の浴衣 (e-MOOK) (JUGEMレビュー »)

お問い合わせをいただいたのでこちらで紹介。17ページでイラストレーターのハセガワ・アヤさんが身につけている帯留めは「かろん」のタツノオトシゴの帯留めです。サイトからお問い合わせいただけます。
+ RECOMMEND
GMプレミアムジュエリー 2010S/A (HINODE MOOK 50)
GMプレミアムジュエリー 2010S/A (HINODE MOOK 50) (JUGEMレビュー »)

「33組の日本人クリエーター」に掲載していただきました!そして、掲載されている人たち、知り合いがいっぱい!
+ RECOMMEND
お誂え手帖 ふだん使いのかわいいもの編
お誂え手帖 ふだん使いのかわいいもの編 (JUGEMレビュー »)
花島 ゆき
62ページから71ページまで、デザビレの中での制作風景や諸々を取材、掲載して頂きました!他にも素敵なお誂えをお願い出来る作家さんの作品や工房も興味深いです!!
+ RECOMMEND
ART BOX vol.2 JEWELRY (ART BOX MOOK SERIES) (ARTBOX)
ART BOX vol.2 JEWELRY (ART BOX MOOK SERIES) (ARTBOX) (JUGEMレビュー »)

2ページにわたり、カメオやレリーフを使用した作品を掲載していただいています。
+ RECOMMEND
アンティーク着物スタイルブック
アンティーク着物スタイルブック (JUGEMレビュー »)
大野 らふ
いくつものコーディネートの中に、そして帯留めの紹介もして頂きました!Ponia-ponの店主らふさんのコーディネートは、着物も帯留めもとても勉強になります。
+ RECOMMEND
現代日本のクラフト〈vol.2〉 (ART BOX IN JAPAN)
現代日本のクラフト〈vol.2〉 (ART BOX IN JAPAN) (JUGEMレビュー »)

11月23日発売のこの書籍のP130、p131の2ページに渡って掲載していただいています!
+ RECOMMEND
ダイヤモンド・ナビ Vol.4 (4)
ダイヤモンド・ナビ Vol.4 (4) (JUGEMレビュー »)

この本の見開きと、中のなんと2ページに、作品を紹介していただきました!
ブロの写真とブロの文章で、とても素敵にしていただいています。是非手に取ってご覧下さい!!
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE