作家のひとりごと

ジュエリー Kadomi 内藤圭美のブログです。
<< マラケシュの日々(2/19〜20) | main | アフガニスタン産スフェーンのリング >>
マラケシュの日々(2/19〜20)その2

おはようございます。
 

今日は朝一で検診の日でした。

約1年前に蕁麻疹と高熱、足首とかかとに帯状疱疹が出てから、定期的に通っていた大学病院。

やっと、数値が正常近くに落ち着いて来ました。
体重がね、これが痩せないんだな。
ツイッターなどで少し書いていましたが、昨年10月頭から右肩を痛めておりました。
40肩、50肩だと思ってマッサージだけ行き放置していたのですが、整形外科で原因がわかった
(石灰沈着性腱板炎)2月からヨガも辞めまして。
運動全くせずで良くない。
でも4月か5月から、ジムのマシンで体を鍛えつつ、行こうと思っています。
今朝医者に、「体重は?」と聞かれ、最近体重計を見ていません、と言ったら目の前に出されて
「乗ってください」
え?ジーンズ履いていますが
「そうです。乗ってください」
ですよね。
・・・・・。
驚きの数字でしたが、でも血液検査全ての数値が良かったので、気持ちも晴れやかです。

仙台の準備中です。
明日はアトリエショップはお休みです。
商品は店内は空っぽです。

仙台の方、お近くの方、22日からよろしくお願いいたします。
初めて行くので、緊張もしています。

〜〜〜〜〜〜
マラケシュの続き。
 

朝から、ボシャラウィトの博物館があるということで行ってきました。
博物館自体は、別に・・・・という感じでしたが、普段歩かないエリアだったので、道中が楽しかった。
マラケシュ独特のピンクの壁を抜けて行くと、美術館はひっそりとありました。


昔の建物の中の各部屋にかかっているボシャラウィット。
素敵です。


ボシャラウィットとは、古着を割いて作られたラグです。


籠が壁に下がっているだけで、なんともおしゃれです。
青い空がとても鮮やか。


マラケシュは、別名ピンクシティーとも呼ばれています。
そう、ジャイプールもピンクシティ。
壁がピンクなんですよね。


上の画像の建物の扉。
車椅子のマークの輪っかと、扉の輪っか。
こういうデザイン好きです。
ちょっとした事なんだけれども。


どこにでもディスプレイします。

この後、アイアンの職人さんのところへ行ってきました。
3年前に約束をしていた職人さんのところです。
私を覚えていませんでした。
当たり前です。
お願いした商品の、当時送られて来た画像を見せると、あぁ!と思い出してくれました。
職人さんは、身振り手振りで話をしてくれまして。
お願いした什器は、ほかの国のアクセサリー店をやっているという人が気に入って買って行ってくれたそう。
そこまでは間に入ってくださっていた方から聞いていた。
そして、片眼がね、白くなっていて。
自分は、片目がもうあまり見えないから、今はあるものを売っているんだよ、というようなことを
言っていたと思います。
新しく、同じものを作るのは無理だと、身振り手振りで。
今売られていたものは、素敵な鍵や、洋服掛けみたいなもの、あとはオブジェのような作品もありました。

元気でいて欲しいな。
また、来ます。
 

静かな路地から民族衣装の女性が。
さっき画像を整理していて女性が写り込んでいたのを知りました。
白い民族衣装と空色の布で髪を覆っていて。
美しくてハッとしました。
撮ったときは気づきませんでした。


フナ広場の夕暮れの風景。
広場が賑わい始めます。


蛇を勝手に首にかけられたり、猿を肩に乗せられたりします。
一人で歩いているときにそれをされると、正直リアクションに困ります。
誰かがいたら、おどけたり、撮って!とかなるけれど、
一人だと、ただきょとん。となってモロッコ人も「お前一人かよ」みたいになって終わります。

 

この日は夕焼けが綺麗で!


みなさんスマホで撮っていました。
雲1つ無い空よりも、ある程度雲がある方が、夕焼けってドラマティックだなと(深い・・・?)


1回くらいは、屋台で食べます。
上手に食べないと、屋台は高くつきます。


屋台では手をつけたら全て有料。サービスではないので要注意。
パンが厄介で一番高かったりする。
ここの上の画像で私が頼んだのは、左上のトマトサラダだけです。
他は、下げてもらう。


オリーブは下げてくれたけれど、パンとソースは下げてくれないんだな。
パンを返して、ソースだけいただきます。
お会計も、紙に書いてもらった方がいい。
たくましさに、頭が下がります。

続く。
| admin | 放浪記 | 12:00 | comments(0) | - | pookmark |









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
+ Twitter
+ RECOMMEND
JAPAN PRECIOUS no.84(Winter 20―ジュエリー専門誌の決定版 ブランドガイドブック 2016
JAPAN PRECIOUS no.84(Winter 20―ジュエリー専門誌の決定版 ブランドガイドブック 2016 (JUGEMレビュー »)
矢野経済研究所

Kadomiのカメオを用いた商品を掲載いただきました!
+ RECOMMEND
持ち歩ける 吉祥寺本 (エイムック 3069)
持ち歩ける 吉祥寺本 (エイムック 3069) (JUGEMレビュー »)

移転してはじめて掲載していただきました!後ろから2ページ目に小さいですが素敵に紹介していただいています!
+ RECOMMEND
東京 マイファーストジュエリーショップガイド
東京 マイファーストジュエリーショップガイド (JUGEMレビュー »)

ジュエリーショップガイドに今回もKadomi shop&factoryを紹介して頂きました!今回も知人友人がいっぱい紹介されています!
+ RECOMMEND
東京ジュエリーショップガイド―自分で選ぶ自分のための“for me”ジュエリー (αLaVieガイドブックシリーズ)
東京ジュエリーショップガイド―自分で選ぶ自分のための“for me”ジュエリー (αLaVieガイドブックシリーズ) (JUGEMレビュー »)

はじめの方のページにカメオの作品、オーダーリフォームのカテゴリーでKadomiを紹介していただきました!
+ RECOMMEND
KIMONO姫 10全部買えます編 (祥伝社ムック)
KIMONO姫 10全部買えます編 (祥伝社ムック) (JUGEMレビュー »)

P,15にKadomi 和ジュエリーかろん の帯留めとかんざしが掲載されました。
+ RECOMMEND
InRed特別編集 大人女子の浴衣 (e-MOOK)
InRed特別編集 大人女子の浴衣 (e-MOOK) (JUGEMレビュー »)

お問い合わせをいただいたのでこちらで紹介。17ページでイラストレーターのハセガワ・アヤさんが身につけている帯留めは「かろん」のタツノオトシゴの帯留めです。サイトからお問い合わせいただけます。
+ RECOMMEND
GMプレミアムジュエリー 2010S/A (HINODE MOOK 50)
GMプレミアムジュエリー 2010S/A (HINODE MOOK 50) (JUGEMレビュー »)

「33組の日本人クリエーター」に掲載していただきました!そして、掲載されている人たち、知り合いがいっぱい!
+ RECOMMEND
お誂え手帖 ふだん使いのかわいいもの編
お誂え手帖 ふだん使いのかわいいもの編 (JUGEMレビュー »)
花島 ゆき
62ページから71ページまで、デザビレの中での制作風景や諸々を取材、掲載して頂きました!他にも素敵なお誂えをお願い出来る作家さんの作品や工房も興味深いです!!
+ RECOMMEND
ART BOX vol.2 JEWELRY (ART BOX MOOK SERIES) (ARTBOX)
ART BOX vol.2 JEWELRY (ART BOX MOOK SERIES) (ARTBOX) (JUGEMレビュー »)

2ページにわたり、カメオやレリーフを使用した作品を掲載していただいています。
+ RECOMMEND
アンティーク着物スタイルブック
アンティーク着物スタイルブック (JUGEMレビュー »)
大野 らふ
いくつものコーディネートの中に、そして帯留めの紹介もして頂きました!Ponia-ponの店主らふさんのコーディネートは、着物も帯留めもとても勉強になります。
+ RECOMMEND
現代日本のクラフト〈vol.2〉 (ART BOX IN JAPAN)
現代日本のクラフト〈vol.2〉 (ART BOX IN JAPAN) (JUGEMレビュー »)

11月23日発売のこの書籍のP130、p131の2ページに渡って掲載していただいています!
+ RECOMMEND
ダイヤモンド・ナビ Vol.4 (4)
ダイヤモンド・ナビ Vol.4 (4) (JUGEMレビュー »)

この本の見開きと、中のなんと2ページに、作品を紹介していただきました!
ブロの写真とブロの文章で、とても素敵にしていただいています。是非手に取ってご覧下さい!!
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE