作家のひとりごと

ジュエリー Kadomi 内藤圭美のブログです。
<< 本日はご予約のみ、明日は平常営業です | main | 4月の予定とお納めしたstile fiorentino >>
日帰りエッサウィラ 2/21

今日は土曜日。

アトリエショップは平常営業です。

 

ブログは旅日記。

〜〜〜〜〜〜〜

2月21日は、ずっと迷っていたけれど久々にエッサウィラへ行くことにしました。
エッサウィラへは多分3回目?4回目?でしょうか。
最後に行ったのは、多分このブログにもアップしていると思うので、2008年?9年?あたりかな?
前回2012年にモロッコにきたときは、エッサウィラは寄らなかったから。
どんな風に変わっているのかな?
変わらずいてくれているかな?
と、そんな期待を胸に、前日にバス予約をし、朝8時のバスで向かいました。
行きは霧が出て、到着の30分前まで全く景色が見られなかった。
なので、驚きは帰る時にわかるのです。


CTMや民営バスで行ったことがあったエッサウィラ。
あと、前回はホテルから車がね、フランス人カップルとイタリア人カップルと5人で送迎してもらった。
そのときは、帰りにフランス人カップルが、「私たちは2人だけで車に乗りたい」と言い出しまして。
フランス語がわかりませんので、イタリア人カップルに聞いたところ(彼女の方がフランス語を解した)
我々とは帰りは嫌だって言っているわよあの2人、と。
なんと、運転手にお金を握らせたのか、もしくは我々3人は泊まりに変更になったと言ったか。
乗ってきた車に2人は乗って行ってしまったので、我々3人は帰る手段をなくして、たまたまマラケシュから
来ていた長距離タクシーで帰ったのです。
懐かしい。
イタリア語ができてよかった・・・と思った瞬間でした。
フランス語もできるようになりたい。

話が逸れた。

今回は、スープラトゥールという、一番綺麗なバスで向かいました。
前にバス移動したときは無かった、バス会社です。
CTMとか民営との違いは、バスが綺麗なことはもちろんですし、あと、ヤギや羊が乗ってこないこと。
民営バスなんかは、通路にヤギが押し込まれたりするのです。
暴れたりはしないので、特に気になりませんが・・・・。
バスの価格も、日本人にとっては、そんなに変わらないよね?という額です。
スープラトゥールだと、1時間半おきに、お手洗い休憩があるようです。
休憩所も、カフェや売店があり、まるで日本のパーキングエリアみたい。
出発時に人数も数えているので、置いて行かれることは無さそうです。
CTMや民営バスは置いて行かれますので。


エッサウィラは、モロッコ人も憧れるという、海辺の町。
青いタイルと白いジュラバを着たモロッコ人たちが印象的です。
でもね、正直、すごく変わってしまったなぁと今回思ったんです。
売られているものも、風情がない。
どうした?
どうしたエッサウィラ。


記憶を辿るように歩きます。
10年前、20年前とは変わらない景色もたくさんあります。


フォトジェニックな街に間違いはないので、インスタなんかではいっぱい紹介されているかも。
おしゃれなカフェとかもあるけれど、今回は寄らずに。


こちらはジュエリーのスーク。
青い空と青い扉、そしてタイルが映えます。


この景色がすきなのは、シラクーサ(シチリア)に似ているからかも。


エッサウィラには猫がいっぱいいました。


この景色も変わらない


ランチに肉以外を食べたいなー。


ということで、ツナとトマトのサラダと、イカフライ。
イワシを食べようか迷ったけれど、やめておく。


青い扉の奥に、黄色ベースの柄物ソファ。
この奥にどんな人が暮らしているんだろう。
食事も終えて、時計を見たら13時半。
参ったな。バスは15時45分発に予約していた。
バス停に行くと、すでに14時発のバスは満席。
む〜。
バスの時間までカフェでのんびり過ごして時間を潰しました。
前は時間が足りなかった。
今回は余ってしまった。


バスは、一番前の通路側でした。

10年振りに訪れたエッサウィラは、ちょっと、いや、かなり変わってしまっていました。
ガチャガチャしてしまっていて、ちょっと残念にも、思いました。
 
前は、マラケシュからの道もガタガタでした。
緑はなく、岩漠と土漠が広がるところに、アルガンの木が立っていた。
アルガンの木にヤギが登っていたのを初めて見たときはびっくりした。
それが、こんな風景に。
今回休憩を20分入れて3時間弱。休憩を外せば2時間半で着いた。
前は3時間半かかった。
今回、道がアスファルトになっていて、高速道路も出来ていた。
それに伴い、街が無かった所に街が出来て。
岩漠の続く荒野だった所に、芝が、グリーンが、ビニールハウスも。
エッサウィラ行く道中って、アルガンやオリーブ以外のグリーンて無かったけれど今は違う。
砂漠化をとめるため、水路を作ったり。
そんなプラスな点ももちろん。

人が増えるって、こういう事なんだ。
モロッコは若者の人口が多い国。
今回アップした画像は、私が好きな、20年前から変わらないエッサウィラの風景でした。
この日はこの旅最後のモロッコの夜。
レストランで美味しく食べて、翌日ミュンヘンへ。
25度から降り立ったのは、15時でマイナス3度のミュンヘン。
夜は雪がちらつき、どんどん気温も下がる。
翌日の飛行機で、帰国したのでした。
今回の旅で一番心配したのは、気温差でした。
無理をせず、暖かくして過ごすことを最重要としていたので、元気なまま、帰国できました。
10度あったこの日の気温を、暑いと感じました。
数日挟んで香港へ。
また25度近い気温へ逆戻りなのです。
| admin | 放浪記 | 09:48 | comments(0) | - | pookmark |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
+ Twitter
+ RECOMMEND
JAPAN PRECIOUS no.84(Winter 20―ジュエリー専門誌の決定版 ブランドガイドブック 2016
JAPAN PRECIOUS no.84(Winter 20―ジュエリー専門誌の決定版 ブランドガイドブック 2016 (JUGEMレビュー »)
矢野経済研究所

Kadomiのカメオを用いた商品を掲載いただきました!
+ RECOMMEND
持ち歩ける 吉祥寺本 (エイムック 3069)
持ち歩ける 吉祥寺本 (エイムック 3069) (JUGEMレビュー »)

移転してはじめて掲載していただきました!後ろから2ページ目に小さいですが素敵に紹介していただいています!
+ RECOMMEND
東京 マイファーストジュエリーショップガイド
東京 マイファーストジュエリーショップガイド (JUGEMレビュー »)

ジュエリーショップガイドに今回もKadomi shop&factoryを紹介して頂きました!今回も知人友人がいっぱい紹介されています!
+ RECOMMEND
東京ジュエリーショップガイド―自分で選ぶ自分のための“for me”ジュエリー (αLaVieガイドブックシリーズ)
東京ジュエリーショップガイド―自分で選ぶ自分のための“for me”ジュエリー (αLaVieガイドブックシリーズ) (JUGEMレビュー »)

はじめの方のページにカメオの作品、オーダーリフォームのカテゴリーでKadomiを紹介していただきました!
+ RECOMMEND
KIMONO姫 10全部買えます編 (祥伝社ムック)
KIMONO姫 10全部買えます編 (祥伝社ムック) (JUGEMレビュー »)

P,15にKadomi 和ジュエリーかろん の帯留めとかんざしが掲載されました。
+ RECOMMEND
InRed特別編集 大人女子の浴衣 (e-MOOK)
InRed特別編集 大人女子の浴衣 (e-MOOK) (JUGEMレビュー »)

お問い合わせをいただいたのでこちらで紹介。17ページでイラストレーターのハセガワ・アヤさんが身につけている帯留めは「かろん」のタツノオトシゴの帯留めです。サイトからお問い合わせいただけます。
+ RECOMMEND
GMプレミアムジュエリー 2010S/A (HINODE MOOK 50)
GMプレミアムジュエリー 2010S/A (HINODE MOOK 50) (JUGEMレビュー »)

「33組の日本人クリエーター」に掲載していただきました!そして、掲載されている人たち、知り合いがいっぱい!
+ RECOMMEND
お誂え手帖 ふだん使いのかわいいもの編
お誂え手帖 ふだん使いのかわいいもの編 (JUGEMレビュー »)
花島 ゆき
62ページから71ページまで、デザビレの中での制作風景や諸々を取材、掲載して頂きました!他にも素敵なお誂えをお願い出来る作家さんの作品や工房も興味深いです!!
+ RECOMMEND
ART BOX vol.2 JEWELRY (ART BOX MOOK SERIES) (ARTBOX)
ART BOX vol.2 JEWELRY (ART BOX MOOK SERIES) (ARTBOX) (JUGEMレビュー »)

2ページにわたり、カメオやレリーフを使用した作品を掲載していただいています。
+ RECOMMEND
アンティーク着物スタイルブック
アンティーク着物スタイルブック (JUGEMレビュー »)
大野 らふ
いくつものコーディネートの中に、そして帯留めの紹介もして頂きました!Ponia-ponの店主らふさんのコーディネートは、着物も帯留めもとても勉強になります。
+ RECOMMEND
現代日本のクラフト〈vol.2〉 (ART BOX IN JAPAN)
現代日本のクラフト〈vol.2〉 (ART BOX IN JAPAN) (JUGEMレビュー »)

11月23日発売のこの書籍のP130、p131の2ページに渡って掲載していただいています!
+ RECOMMEND
ダイヤモンド・ナビ Vol.4 (4)
ダイヤモンド・ナビ Vol.4 (4) (JUGEMレビュー »)

この本の見開きと、中のなんと2ページに、作品を紹介していただきました!
ブロの写真とブロの文章で、とても素敵にしていただいています。是非手に取ってご覧下さい!!
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE