作家のひとりごと

ジュエリー Kadomi 内藤圭美のブログです。
<< 松屋銀座へ持っていく新作のダイヤたち | main | 新作リングとセミオーダー用のダイヤなど >>
ダイヤの『雨雲リング』と『狐の嫁入り』リング

おはようございます。
 

 

いよいよ水曜日からになります。

そして、まだまだリングの仕上げを進めています。

 


『散らない桜』リングの加工も一時ストップしています。
明日から再開します。
ご依頼をくださっている方へは、完成次第、ご連絡をしていきます。
今日ご紹介するのは、Kadomiのモチーフシリーズでもある『雨雲シリーズ』に入りそうな
ダイヤモンドリング2点です。


実は私、スライスダイヤって好きじゃないんです。
いきなりの大告白です。
使っていらっしゃるブランドさんも多いから。
 
なぜ好きではないかというと、スライスダイヤって、本当にスライスしてあるんですよ、インドで。
でね、石のふちが、綺麗に処理をされていない石が圧倒的に多いです。
ギザギザしていたり、引っかかったり。
で、そこから割れたりするわけです。
それを防ぐために、薄いK18の枠でぐるっと囲って伏せ込んである作風になっている事が多くて、
最近ではもうインドやタイでは、スライスダイヤを薄い金枠で巻いたものを売っていたりします。
自社でダイヤ研磨などもされる大きな会社は、スライスダイヤでもとても丁寧に ふち まで研磨されていて
製品にされますが、私のような弱小なブランドは、ふちまで綺麗に研磨されたスライスダイヤは
結局工賃が乗り、キャラ目はいかないのに高くなっているので、なら、ほかのダイヤでいいよね、
薄いローズカットで、となり。
今までルースを数石持ってはいたけれど、形にしたことはなかったのです。
と、これを、そのまま、とある石屋のインド人に昨年の夏前に話してみました。
「カドミさん、スライスは?」
私ね、スライスダイヤ嫌いなんですよ。
「なんで?人気があるよ?」
人気があるからって私も使うわけではないよー。だって、スライスダイヤって、周りがね・・・・・
と、上記をそのまま。
そして、数ヶ月後。11月すぎ。
「カドミさん、ギザギザしてないスライスダイヤだよ。私、インドで周り切ってもらったよ」
見てみたら、それは全てお花にカットされていました。
おおおお花かぁ。でもグレーとかインクルージョンがいっぱい入ったスライスのお花だよなぁ。
と思いながら袋から出してもらい、見てみると、そこには いびつ な、お花ではない、雲みたいなスライスダイヤが
混ざっていたのです。

 

こちらは、雨雲リング。
スライスダイヤを雨雲に見立てて、ダイヤの雨を降らせました。

こちらに動画もあります。
そして、雨雲リングを制作するきっかけになったのが、こちらのスライスダイヤでした。(sold)


これがお花に混ざっていた、このリングにしようと思ったきっかけのダイヤです。
 
刺繍アクセサリーのブランドを運営する友人が、インドに刺繍を依頼するとき、例えば女の子の刺繍をサンプルで
入れておくとします。すると、100依頼して、数個は、髪の毛が紫だったり赤だったりと、よくわからない
個性を出してくるものが混ざるんだそうです。
彼女はその刺繍をほどきながら、「インドは謎だ」と言っていたのを覚えています。
 
このスライスダイヤを見て、これは花じゃないだろ・・・・。誰が見ても入道雲だろ・・・・と、
インド人のこの個性の出し方に、ニヤニヤしました。
 
入道雲なら、雨も降らして、太陽もつけよう。
『狐の嫁入りリング』です。
遊びがある感じですが、K18、全てダイヤ。
大人の方に身につけて欲しいです。

こちらに動画もございます。



明日御徒町に行くので、あのダイヤ、こうなったよ!と店に行こうと思います。

動画でアップしています。
よろしくお願いいたします。
| admin | ジュエリー | 09:32 | comments(0) | - | pookmark |









1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
+ Twitter
+ RECOMMEND
JAPAN PRECIOUS no.84(Winter 20―ジュエリー専門誌の決定版 ブランドガイドブック 2016
JAPAN PRECIOUS no.84(Winter 20―ジュエリー専門誌の決定版 ブランドガイドブック 2016 (JUGEMレビュー »)
矢野経済研究所

Kadomiのカメオを用いた商品を掲載いただきました!
+ RECOMMEND
持ち歩ける 吉祥寺本 (エイムック 3069)
持ち歩ける 吉祥寺本 (エイムック 3069) (JUGEMレビュー »)

移転してはじめて掲載していただきました!後ろから2ページ目に小さいですが素敵に紹介していただいています!
+ RECOMMEND
東京 マイファーストジュエリーショップガイド
東京 マイファーストジュエリーショップガイド (JUGEMレビュー »)

ジュエリーショップガイドに今回もKadomi shop&factoryを紹介して頂きました!今回も知人友人がいっぱい紹介されています!
+ RECOMMEND
東京ジュエリーショップガイド―自分で選ぶ自分のための“for me”ジュエリー (αLaVieガイドブックシリーズ)
東京ジュエリーショップガイド―自分で選ぶ自分のための“for me”ジュエリー (αLaVieガイドブックシリーズ) (JUGEMレビュー »)

はじめの方のページにカメオの作品、オーダーリフォームのカテゴリーでKadomiを紹介していただきました!
+ RECOMMEND
KIMONO姫 10全部買えます編 (祥伝社ムック)
KIMONO姫 10全部買えます編 (祥伝社ムック) (JUGEMレビュー »)

P,15にKadomi 和ジュエリーかろん の帯留めとかんざしが掲載されました。
+ RECOMMEND
InRed特別編集 大人女子の浴衣 (e-MOOK)
InRed特別編集 大人女子の浴衣 (e-MOOK) (JUGEMレビュー »)

お問い合わせをいただいたのでこちらで紹介。17ページでイラストレーターのハセガワ・アヤさんが身につけている帯留めは「かろん」のタツノオトシゴの帯留めです。サイトからお問い合わせいただけます。
+ RECOMMEND
GMプレミアムジュエリー 2010S/A (HINODE MOOK 50)
GMプレミアムジュエリー 2010S/A (HINODE MOOK 50) (JUGEMレビュー »)

「33組の日本人クリエーター」に掲載していただきました!そして、掲載されている人たち、知り合いがいっぱい!
+ RECOMMEND
お誂え手帖 ふだん使いのかわいいもの編
お誂え手帖 ふだん使いのかわいいもの編 (JUGEMレビュー »)
花島 ゆき
62ページから71ページまで、デザビレの中での制作風景や諸々を取材、掲載して頂きました!他にも素敵なお誂えをお願い出来る作家さんの作品や工房も興味深いです!!
+ RECOMMEND
ART BOX vol.2 JEWELRY (ART BOX MOOK SERIES) (ARTBOX)
ART BOX vol.2 JEWELRY (ART BOX MOOK SERIES) (ARTBOX) (JUGEMレビュー »)

2ページにわたり、カメオやレリーフを使用した作品を掲載していただいています。
+ RECOMMEND
アンティーク着物スタイルブック
アンティーク着物スタイルブック (JUGEMレビュー »)
大野 らふ
いくつものコーディネートの中に、そして帯留めの紹介もして頂きました!Ponia-ponの店主らふさんのコーディネートは、着物も帯留めもとても勉強になります。
+ RECOMMEND
現代日本のクラフト〈vol.2〉 (ART BOX IN JAPAN)
現代日本のクラフト〈vol.2〉 (ART BOX IN JAPAN) (JUGEMレビュー »)

11月23日発売のこの書籍のP130、p131の2ページに渡って掲載していただいています!
+ RECOMMEND
ダイヤモンド・ナビ Vol.4 (4)
ダイヤモンド・ナビ Vol.4 (4) (JUGEMレビュー »)

この本の見開きと、中のなんと2ページに、作品を紹介していただきました!
ブロの写真とブロの文章で、とても素敵にしていただいています。是非手に取ってご覧下さい!!
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE