作家のひとりごと

ジュエリー Kadomi 内藤圭美のブログです。
<< ウズベキスタン旅日記 その1 出発 | main | 買い付けた石や、質問の回答を書き出してみました >>
10月13日タシケントーサマルカンド

おはようございます。


本日は金曜日。

アトリエショップは平常営業です。

12時に1名さまご予約がございます。

金曜日のアトリエショップ営業時間は13時〜となっておりますが、13時半以降にお立ち寄りいただけますと

お待たせせずご覧いただけるかなと思います。

よろしくお願い致します。

そして、大変申し訳ございませんが、ただいま私咳風邪をひいておりまして(すみません)
病院で処方していただいた薬を飲んでいますが、咳が出ますので店内ではマスクをしております。
お見苦しく、大変申し訳ございません。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨日タシケントに着陸した時 24度あったのに、今日は日中でも12度予想。
部屋が寒くて目が覚めた。
10月13日土曜日。タシケントからサマルカンドへ準急電車で移動。
3時間の旅です。
電車の中では、モニターがあって、日本でいう多分、きみまろさん みたいなお笑いものと、あとは歌番組、
コメディードラマが流れていて、皆さんそれを見て笑ったりいています。
海外からの旅行者はそんなにいない感じです。
私が乗った車両の中は、アジア人は私だけでした。
駅や電車は撮影は許可されていない場合(聞いてみてOKということもあるようです)が多いと
いうことで、画像は撮っていません。

なんだろ、移動の電車の中も、うとうとしていました。
地元の方に話しかけられたり、お茶はいかが?と言われたときだけ笑顔で返事をしていましたが、
あとは寝ていたと思います
連続のイベントの疲れがまだ取れていなかったのだと思います。

サマルカンドに着いて、ホテルまでタクシーで移動。
駅の出口でタクシー?と聞いてくる人たちではなく、200mほど歩いてその場いいたタクシーに
値段を聞くと、15ドルという。それはないなー、と無表情で通り過ぎたら5ドルという。
3分の1になった。しかしながらこちらの相場ではかなり高い金額。
スムでは?と聞くと50,000スム。んー、と思ったのですが、相場は旅行者価格でも30,000 スムと聞いている。
5ドルで悩むのもなぁと思い始めていると40,000スム、と言うので、疲れているのにあと1ドルを交渉する気になれず。
街までは6kmと書いてあるので乗る。
 

この日は曇り。
12時半。
ホテルに荷物を置いて歩き出す。
曇りの合間に青空も少し見える。
サマルカンドのブルーは、青空があってこそ映える色。
この日はあまり写真は撮らず歩いてまわってみる事に。
まずは食堂で腹ごしらえ。


またプロフをいうと、トマトサラダがついてきた。
これで2ドルくらい。
出されたお茶は飲み放題でした。


レギスタン広場も曇り空だと迫力がちょっと減るかも。。。


明日は晴れますように!


剥がしたかった紙。
日本語だけこれは。。


修復にも金を3kg使うというレギスタンのきらびやかな装飾。
イスラム美術や装飾が好きです。
このドーム状に見える装飾。
実はこの天井の丸い部分は平らで、丸く見えるように描かれているんだそうです。
どうみてもドーム型にしか見えません!

動画でもアップしています。
初日のタシケント、そしてこのサマルカンド次のブハラも、とにかくwifiが弱かった。
途中でどうしても百貨店からの書類を確認しなければならず、諦めてそれをみるために世界データ定額
繋ぎましたが、そしたらサクサク動くので、ホテルのwifi設定がとても弱いんだと思います。


街のあちこちにサマルカンドスザニが飾られています。
この日、既に3枚のスザにを買っていました。
2つはサマルカンドスザニ、もう1名はシルクのスザニ。
シルクの方は、仕立て屋さんに相談して羽織にできないかと考えまして。


夜はあまりお腹も空いておらず、小さな小さな餃子のようなこちらを食べてみました。
ヨーグルトの酸味とラム肉は合わなくはないですが、やっぱりお醤油やポン酢が欲しくなります。
この日も宿が居心地良かったので、夕暮れ時にモスクを見て、すぐに引きこもる。
20時頃に寝て、5時頃に起きるという、インドやモロッコでの動き方と同じに過ごしていました。

とにかく睡眠時間を取り戻すかのように寝ていた旅の間。

 

翌日はスザニのバザールに足を延ばすので、下調べをして寝ました。

 

つづく。
 

 

 

| admin | 放浪記 | 10:34 | comments(0) | - | pookmark |









    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ Twitter
+ RECOMMEND
JAPAN PRECIOUS no.84(Winter 20―ジュエリー専門誌の決定版 ブランドガイドブック 2016
JAPAN PRECIOUS no.84(Winter 20―ジュエリー専門誌の決定版 ブランドガイドブック 2016 (JUGEMレビュー »)
矢野経済研究所

Kadomiのカメオを用いた商品を掲載いただきました!
+ RECOMMEND
持ち歩ける 吉祥寺本 (エイムック 3069)
持ち歩ける 吉祥寺本 (エイムック 3069) (JUGEMレビュー »)

移転してはじめて掲載していただきました!後ろから2ページ目に小さいですが素敵に紹介していただいています!
+ RECOMMEND
東京 マイファーストジュエリーショップガイド
東京 マイファーストジュエリーショップガイド (JUGEMレビュー »)

ジュエリーショップガイドに今回もKadomi shop&factoryを紹介して頂きました!今回も知人友人がいっぱい紹介されています!
+ RECOMMEND
東京ジュエリーショップガイド―自分で選ぶ自分のための“for me”ジュエリー (αLaVieガイドブックシリーズ)
東京ジュエリーショップガイド―自分で選ぶ自分のための“for me”ジュエリー (αLaVieガイドブックシリーズ) (JUGEMレビュー »)

はじめの方のページにカメオの作品、オーダーリフォームのカテゴリーでKadomiを紹介していただきました!
+ RECOMMEND
KIMONO姫 10全部買えます編 (祥伝社ムック)
KIMONO姫 10全部買えます編 (祥伝社ムック) (JUGEMレビュー »)

P,15にKadomi 和ジュエリーかろん の帯留めとかんざしが掲載されました。
+ RECOMMEND
InRed特別編集 大人女子の浴衣 (e-MOOK)
InRed特別編集 大人女子の浴衣 (e-MOOK) (JUGEMレビュー »)

お問い合わせをいただいたのでこちらで紹介。17ページでイラストレーターのハセガワ・アヤさんが身につけている帯留めは「かろん」のタツノオトシゴの帯留めです。サイトからお問い合わせいただけます。
+ RECOMMEND
GMプレミアムジュエリー 2010S/A (HINODE MOOK 50)
GMプレミアムジュエリー 2010S/A (HINODE MOOK 50) (JUGEMレビュー »)

「33組の日本人クリエーター」に掲載していただきました!そして、掲載されている人たち、知り合いがいっぱい!
+ RECOMMEND
お誂え手帖 ふだん使いのかわいいもの編
お誂え手帖 ふだん使いのかわいいもの編 (JUGEMレビュー »)
花島 ゆき
62ページから71ページまで、デザビレの中での制作風景や諸々を取材、掲載して頂きました!他にも素敵なお誂えをお願い出来る作家さんの作品や工房も興味深いです!!
+ RECOMMEND
ART BOX vol.2 JEWELRY (ART BOX MOOK SERIES) (ARTBOX)
ART BOX vol.2 JEWELRY (ART BOX MOOK SERIES) (ARTBOX) (JUGEMレビュー »)

2ページにわたり、カメオやレリーフを使用した作品を掲載していただいています。
+ RECOMMEND
アンティーク着物スタイルブック
アンティーク着物スタイルブック (JUGEMレビュー »)
大野 らふ
いくつものコーディネートの中に、そして帯留めの紹介もして頂きました!Ponia-ponの店主らふさんのコーディネートは、着物も帯留めもとても勉強になります。
+ RECOMMEND
現代日本のクラフト〈vol.2〉 (ART BOX IN JAPAN)
現代日本のクラフト〈vol.2〉 (ART BOX IN JAPAN) (JUGEMレビュー »)

11月23日発売のこの書籍のP130、p131の2ページに渡って掲載していただいています!
+ RECOMMEND
ダイヤモンド・ナビ Vol.4 (4)
ダイヤモンド・ナビ Vol.4 (4) (JUGEMレビュー »)

この本の見開きと、中のなんと2ページに、作品を紹介していただきました!
ブロの写真とブロの文章で、とても素敵にしていただいています。是非手に取ってご覧下さい!!
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE