作家のひとりごと

ジュエリー Kadomi 内藤圭美のブログです。
<< 10月14日サマルカンドーウルグットへ その1 | main | 10月14日 レギスタン広場 >>
10月14日サマルカンドーウルグットへ その2

おはようございます。

鹿児島へのイベントの荷造りをしております。
ブログは放浪記です。

ーーーーーーーーーーーーーーー

サマルカンドから乗り合いタクシーで約1時間。
車は町を出て土漠のようなところにできた1本道を走ります。
運転手さんに何か話しかけられるのですが、ウズベク語は全くわかりません。
韓国人か?と聞かれたので、日本人、だけ答えてみた。
ウズベキスタンは韓国からの直行便は週に5日は飛んでいて、韓国料理店や韓国の文化は入って来ているみたいなんです。

後ろに座った若い女性3人が、スマホのアプリで日本語で話しかけてくる。
「あなたは一人で来た」
「あなたは休暇を楽しんでいる」
「あなたは寂しさを感じない」
「あなたは何歳ですか?」
と色々質問をして来た。
私のアプリはウズベク語を文章では示すけれども音では話さないので、
指で 46 と示すと、そのあと静かになった。
彼女たちの母親の年齢なんだろうな。もしくはそれ以上。
確かに日本人はとても若く見えるし。
運転手だけは、俺は42だ!と話して来たけど…。


バザールの入り口。


スザニはバザールの一番奥にあります。
奥に見える雪山を超えたら別の国。

あの高い山々の向こうはタジキスタンだ…と思っていたら到着。


ウルグットというスザニで有名な街。
バザールでは噂通り、商魂たくましいスザニ売りのおばちゃん達に囲まれました。
でもインドや北アフリカで慣れているので、
「このままではこの10人近いおばちゃん達に、スザニで茶巾寿司にされる‼」と思いニヤニヤしていました。

 


 


スザニ。これはサマルカンドで作られたもの。
私はサマルカンドスザニが好きで、このサマルカンドブルーの入っている柄は欲しかった。

やったー。日本で買う20分の1くらい。サイズは120cm×160cm位です

 

こちらのおばちゃん達の多くが金歯なのですが、目の色が淡いブラウンやグレーで総金歯で着るこの

アトラス風、ちゃんちゃんこ風上着があまりに似合っていて可愛くて、着せてもらいました。

 


 


危うく買いそうに。
日本では着られないだろうなぁ。私には無理かなー。

 



髪の毛こんなだしね。


買ったスザニの一部。
 
 

こちらが典型的なサマルカンドスザニ。
コットンの生地にコットンの糸、もしくはコットンの生地にシルクの糸で刺繍されているもの。
現代の柄ではなくて、30年位前のもの。
模様には全て意味があるんです。


真ん中は太陽です。
太陽や月、星はサマルカンドのもの。


2匹のサソリがザクロの実を支えています。
子孫繁栄の意味があります。


手刺繍であることが裏を見るとよくわかります。

 

サマルカンドスザニ。ブルーが入ったものです。


これも太陽。


星もサマルカンド。なんだか大きなクッションにしたい柄です。


この部分を巨大なクッションに!


ポットの柄は、ウルグットスザニ。おもてなしの意味があります。


ティーポットです。


サソリや綿の花、そしてザクロもあります。
こちらは番外編。多分サマルカンドスザニだろうと。


これは鳥です。


鳥が向かい合っている柄は珍しいものです。

帰国してから全て手洗いで洗濯をしてみたら、色が抜けてしまったり色移りしてしまったりしたものも。
特に赤い糸。
でも洗濯しないと使えないし。
お店に間仕切りでかけたりなどいろいろ目論み中です。

この他に、シルクのものも。
羽織に仕立てていただく予定のシルクは、仕立て上がったら、改めて。
| admin | 放浪記 | 09:29 | comments(0) | - | pookmark |









    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ Twitter
+ RECOMMEND
JAPAN PRECIOUS no.84(Winter 20―ジュエリー専門誌の決定版 ブランドガイドブック 2016
JAPAN PRECIOUS no.84(Winter 20―ジュエリー専門誌の決定版 ブランドガイドブック 2016 (JUGEMレビュー »)
矢野経済研究所

Kadomiのカメオを用いた商品を掲載いただきました!
+ RECOMMEND
持ち歩ける 吉祥寺本 (エイムック 3069)
持ち歩ける 吉祥寺本 (エイムック 3069) (JUGEMレビュー »)

移転してはじめて掲載していただきました!後ろから2ページ目に小さいですが素敵に紹介していただいています!
+ RECOMMEND
東京 マイファーストジュエリーショップガイド
東京 マイファーストジュエリーショップガイド (JUGEMレビュー »)

ジュエリーショップガイドに今回もKadomi shop&factoryを紹介して頂きました!今回も知人友人がいっぱい紹介されています!
+ RECOMMEND
東京ジュエリーショップガイド―自分で選ぶ自分のための“for me”ジュエリー (αLaVieガイドブックシリーズ)
東京ジュエリーショップガイド―自分で選ぶ自分のための“for me”ジュエリー (αLaVieガイドブックシリーズ) (JUGEMレビュー »)

はじめの方のページにカメオの作品、オーダーリフォームのカテゴリーでKadomiを紹介していただきました!
+ RECOMMEND
KIMONO姫 10全部買えます編 (祥伝社ムック)
KIMONO姫 10全部買えます編 (祥伝社ムック) (JUGEMレビュー »)

P,15にKadomi 和ジュエリーかろん の帯留めとかんざしが掲載されました。
+ RECOMMEND
InRed特別編集 大人女子の浴衣 (e-MOOK)
InRed特別編集 大人女子の浴衣 (e-MOOK) (JUGEMレビュー »)

お問い合わせをいただいたのでこちらで紹介。17ページでイラストレーターのハセガワ・アヤさんが身につけている帯留めは「かろん」のタツノオトシゴの帯留めです。サイトからお問い合わせいただけます。
+ RECOMMEND
GMプレミアムジュエリー 2010S/A (HINODE MOOK 50)
GMプレミアムジュエリー 2010S/A (HINODE MOOK 50) (JUGEMレビュー »)

「33組の日本人クリエーター」に掲載していただきました!そして、掲載されている人たち、知り合いがいっぱい!
+ RECOMMEND
お誂え手帖 ふだん使いのかわいいもの編
お誂え手帖 ふだん使いのかわいいもの編 (JUGEMレビュー »)
花島 ゆき
62ページから71ページまで、デザビレの中での制作風景や諸々を取材、掲載して頂きました!他にも素敵なお誂えをお願い出来る作家さんの作品や工房も興味深いです!!
+ RECOMMEND
ART BOX vol.2 JEWELRY (ART BOX MOOK SERIES) (ARTBOX)
ART BOX vol.2 JEWELRY (ART BOX MOOK SERIES) (ARTBOX) (JUGEMレビュー »)

2ページにわたり、カメオやレリーフを使用した作品を掲載していただいています。
+ RECOMMEND
アンティーク着物スタイルブック
アンティーク着物スタイルブック (JUGEMレビュー »)
大野 らふ
いくつものコーディネートの中に、そして帯留めの紹介もして頂きました!Ponia-ponの店主らふさんのコーディネートは、着物も帯留めもとても勉強になります。
+ RECOMMEND
現代日本のクラフト〈vol.2〉 (ART BOX IN JAPAN)
現代日本のクラフト〈vol.2〉 (ART BOX IN JAPAN) (JUGEMレビュー »)

11月23日発売のこの書籍のP130、p131の2ページに渡って掲載していただいています!
+ RECOMMEND
ダイヤモンド・ナビ Vol.4 (4)
ダイヤモンド・ナビ Vol.4 (4) (JUGEMレビュー »)

この本の見開きと、中のなんと2ページに、作品を紹介していただきました!
ブロの写真とブロの文章で、とても素敵にしていただいています。是非手に取ってご覧下さい!!
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE