作家のひとりごと

ジュエリー Kadomi 内藤圭美のブログです。
Kadomiでのオーダーメイド/セミオーダーについて

セミオーダーメイド、フルオーダーメイドについて

オーダーメイドのお問い合わせを数多く頂きます。
ありがとうございます。

Kadomiでは、オーダーメイド、フルオーダーメイドなどご相談は、事前のご連絡、ご予約をお願いしています。


制作の流れはサイトにも記載がありますが

ご注文デザインなどの決定→ご入金(ここから原則キャンセルは不可)

          
  →ご入金確認後、材料を確保、制作を開始→お納め*差額が発生する場合は納め時に


となっています。

オーダーメイドやフルオーダーメイドをご相談いただく前に、こちらをお読み頂けましたらと思います。


オーダーメイド(フルオーダーメイド)とセミオーダーメイド


Kadomiは、少量生産や1点もののオリジナルジュエリーやアクセサリーを生産、販売しているブランドです。
ですので、他のブランドさんと同様、広く、どなたからもフルのオーダーメイドをお受けしている

という訳ではありません。
マリッジやエンゲージなどのハレの日のものと一部以外は

あくまでも、いつもKadomiを支えて下さる顧客様への特別なサービスの1つとして
お受けしているものです。(10名程のお客様からのみ)


セミオーダーに関しては、範囲をうんと広げて、お受けしています。
かなりのオーダーが、このセミオーダーに入るようにしています。

以下、少し長くなりますが詳細を記載します。お読み頂けましたらと思います。

 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 


このblogやSNSで、弊社で制作したジュエリーの画像を多くアップしています。

その中に、オーダーメイド、セミオーダーメイド というカテゴリーのものがございます。


ここでいう、オーダーメイド=フルオーダーメイドとは、デザインのやりとりや石の手配なども含めて、

必要な事全てを、密にやり取りをしてお客様と共に作り上げて行くオーダーのことです。


Kadomiではオーダーメイド(フルオーダーメイド)は
 

*マリッジ及びエンゲージなどハレの日に関わるもの。
*stile fiorentino(フィレンツェスタイルジュエリー)

は、ご新規のお客様からもお受けしております。#ご新規=Kadomiでのご注文やお買い求めが初めてという方
それ以外のフルオーダーメイドに関しては、一部の顧客様からの制作依頼以外、お受けしておりません。
 

 

広くお受けしているセミオーダーについて
 

一般的なセミオーダーとは、枠をそのまま、石だけを変えたりというようなものですが、

Kadomiでのセミオーダーは、例えばKadomiの商品を気に入って下さり、同じようなデザインを好きな石で作りたい

というような場合も含みます。
お選び頂いた石に合わせて枠を作り、一からのお作りになるので、一般的なフルオーダーと変わらないのですが

どこが違うかというと、

*メールやファックス電話での、デザインやお見積もりの相談のやり取りが必要ない

*ご注文を頂いた後、完成までのご連絡のやり取りは必要最低限でお納めまで可能
なものをあえてセミオーダーという括りにしています。

ご注文をお受けする時に、デザインやお見積もりなどのやり取りを完了することが可能なものです。
百貨店などリミテッドショップでお受けするセミオーダーもこの範囲です。

細かいデザインを詰める為に幾度もメールのやり取りをする必要が出るな、と思われたご注文内容や

お客様によっては、そのようなやり取りが必要になってしまう方だなと判断した場合はお断りする事もございます。


逆をいえば、ジュエリーにお詳しく、過去に他社さんでのオーダーメイドやセミオーダーに慣れていらっしゃる

お客様の場合、フルオーダーメイドの範囲のものであっても、その場でやり取りが済んでしまうような方も。

そういう方の場合は、百貨店で初対面であっても、セミオーダーの範囲としてお受けする事があります。

厳しいと思われるかもしれませんが、これは、お客様の個人情報厳守という

昨今百貨店で厳しく言われている事にも触れてきます事項のため、そのようにさせて頂いています。

 


お客様の石を預かってのセミオーダーに関して

お客様がご自身でミネラルショウなどで購入された石や、受け継がれたアイテムから石を取り出しての

セミオーダーに関しては
 

*今まで、Kadomiの商品をお買い求め下さった事のある方
*もしくは他ブランドでKadomiが制作に関わった商品をお求め下さった事がある方
*アトリエショップ、もしくは百貨店などでのセミオーダー会などに参加して下さった事がある方

からお受けしています。ご新規の方からはお受けしていません。


また、百貨店では、お客様の持ち物に何かあってはいけないという理由から、お預かり出来ない所も多いです。
そのような場合は、アトリエショップにご来店が不可能な方には、会場で石を拝見した後

改めてアトリエにお送り頂くという事もございます。


お客様自身がミネラルショウなどで購入された石の場合


購入元、価格、石の種類などの記載があるものがあればお持ち下さい。
購入元の名前を聞いて、問題無しと思われた場合はそのまま加工を行います。
ですが、海外などネットからの購入や、石の様子を拝見させて頂いた後
簡易鑑別に出してから加工をお受けする場合がございます(多いです)
その場合の鑑別料は実費分をご負担いただきます。(800円〜)
 

 

受け継がれたアイテムから石を取り出してのセミオーダー


石は、簡易鑑別に出します。鑑別料は実費分をご負担いただきます。(800円〜)
弊社では地金の買い取りを行っていませんので、枠を売却しました後、
加工代との相殺は可能です。



上記以外で、どのような方からもお受け出来ない類いの、オーダーメイド、セミオーダーメイドの例
 

*他社さんやブランド、作家と『まったく同じデザイン』もののオーダー。
*他社さんの商品に手を加える加工。例えば、一部デザインはそのまま、他を作り替えるや

 他社さんで購入されたリングをそのまま持ち込まれ、総彫りにしてくださいなどの加工
*石だけ欲しい、もしくは石だけ好みなので、シンプルに枠だけを作って欲しいというもの。
 

つまりは、弊社での加工の必要性の無いと思われる内容です。
 

〜〜〜〜〜〜〜
と、細かく書いてきました。


ご相談は事前のご連絡をお願いしているので、今までは、お問い合わせ下さったお客様にメールや口頭で

お伝えしたり、bolgで時々触れたりすることで問題はありませんでした。

ですが、SNSの種類も増えまして、有り難い事に新しいお客様も沢山増えました。

新しいお客様も大切ですし嬉しいです。そして、私としては、今まで支えて下さっているお客様も大切にしたいです。

サイトを確認頂いてから来店をして下さる方も減ったのか、事前のご連絡無く、開店日では無い日に

急にご相談にいらっしゃる方も増えています。

ご予約無しでのご相談の場合、時間の調整がつかずその日にお話を伺えない事も多く…。
特に真夏や真冬にそのような事になるのは忍びなく…。
そんな理由もあり、ご相談は、必ず事前のご連絡、ご予約をお願いしているのです。
ご予約頂いた方に、ゆっくりとご相談して頂くためです。(1時間半〜時間をとります)

 


友人のイラストレーターが、以前
 

クライアントとの仕事とは、お互いが別の場所から山を見上げて、あ、あの辺りが目標ね、と、

その目標ポイントを『頂上』として、別の場所から確認を取り合いながら同じ場所を目指して登っているような作業だ


と言っていて、まさにそうだ、と思った事があります。

一緒に(確認作業をしながら)その山を登れない相手とは仕事はできないとも。

スタート地点は別の場所でも、相手は今どこに居るのかな、あ、あそこら辺だな。というような。
その目指す場所を共に定め確認し合いながら登る作業。

ジュエリーのオーダーメイドも同じです。

 

誤解されがちですが、石を使う場合、「その石の頂上」ではないです。

あくまでも、お客様の、今オーダーで欲しいアイテムの目標プラス、私が出来る技術でもしその目標が
少し上あたりを目指せるなら、そこを今回の仕事の『頂上』として、山を登って行く。

それには、やっぱり私は、セミオーダーは可能でも、『フルオーダーメイド』は、初対面の方とは
難しいのではないか思っています。
お客様の好みや、普段の服装、どんな時に身に着けたいと思っているのか。
そして、「あぁこの人の為に作りたい!」と思う私の気持ちも多分とても大事で
より制作に力が発揮出来る気がします。

弊社の商品をお買い求め頂いたり、セミオーダー会に参加をして下さる上で、それらを知り、お顔も知り、
その方の雰囲気も知る事で、フルーダーメイドも可能になると考えています。

 

ご理解いただけましたら…と思います。


そして余談。

しかしながら、年に1度か2度、あるかないかなのですが…
何かのタイミングで、お問い合わせ下さった方と初めてお会いして。
その方とのお話や、その方の雰囲気やそのときの身につけられているジュエリーや洋服を見て、
あぁこの方の似合う物がどうしても作りたい、私の引き出しもいっぱい開けて
それこそ、私の出来る事を最大限に使ってご注文を下さる方だ!!と運命を感じて、
初対面の方からいきなり大きなフルオーダーをお受けしたりする事も。
そのご縁が今もずっと続いていて、という方もいらっしゃいます。

なので、上記が絶対、でもないのです。

オーダーメイドやフルオーダーメイドについての詳細を、ここまではっきりとアップする事について。
正直かなり躊躇しましたし、勇気もいりました。
だって、私からお断りをする事があるとも書いた訳ですから。
それでも、ご縁がある方とは、どのような形のスタートであれ、続いて行く物だと思います。
ご縁を大切に、私という作り手を選んで下さった方には『とことん』出来る限りの技術と、
足りない部分は周りの職人のネットワークも駆使して、形にして行きます。
長い文章をお読み下さりありがとうございます。
宜しくお願い致します。

Kadomi  内藤 圭美
| admin | オーダーメイドとセミオーダーについて | 10:06 | comments(0) | - | pookmark |
新作アサガオリングとアサガオリングセミオーダー会

おはようございます。
 

18日未明から昨晩までタイ、インドへ行っていました。

昨晩飛行機が遅れ、電車では帰宅が不可能な時間に到着。
行きも帰りも「整備不良」で飛行機が遅れました。
モノレールは夜中も浜松町までは動いているのですが、そこに着いた時点で全てのJRは終電を過ぎている。
タクシーなのか…。近辺に泊まりなのか…。空港で朝が来るまで待つのか…。
タイ航空は「遅延証明書」のみ出すという。それは何の効力があるのか。
JRならそれがあれば引き換え輸送手段は無料になるけども、タイ航空の遅延証明書は後にタクシー代や
ホテル代を保証してくれるのだろうか…。
などと思いながら帰国のラインを入れたら、旦那がなんと迎えに来てくれていました!!
泣きそうになった。
感謝であります。
今週は夕飯をより頑張ろうと思います。

インドなどの旅日記はまた週末あたりから。
出発前にこちらのアサガオリングを仕上げていました。


インスタにもアップしていたものです。
先日のサファイアトラピ、お問い合わせも多かったのですが、サファイアのトラピこそあまりこれといった
ものが出てこないのです。

サファイアのトラピは、全てがシルバーカラーのものやブラックなど魅力的なルースもありますが、
一つ前のような、キズケもなく綺麗にスライスカットがされているような、且つ青い面の多いようなルースは
それこそ、「出会い」です。

実はこのサファイアトラピ、裏側は石コロみたいな未研磨です。
裏を見るとびっくりするかもしれません。
フチはほとんどグレーカラーでした。
が、その中に青い結晶の放射が見えるのです。


ブルーサファイアのメレーと合わせてリングにと思ってイラストも起こしていたのですが
K18で厚めに覆輪で囲みフチを隠したら、雰囲気のいいアサガオになりそうで急遽変更。
アサガオリングに仕上がりました。
こちらは明日から店頭に出しています。

そして、今回タイでの仕入れで、石を幾つか購入してきました。

東武さんの会期3日目頃、タイに拠点を置く石屋さんから「かどみ、ルビーのトラピが見つかった」と連絡が。
「今ミャンマーに居て今回のは質は良さそうだ、価格は前より上がってしまう。50ピース確保できたので
これから仕上げのポリッシュを依頼する。どうする?」と。
なかなか気に入った物が出ないので、待っていた石。
見ないで決めるわけにはいかない。次回この石屋さんが来日するのは8月末。遅い。
じゃぁ、東武さんでのお納めがある程度終るであろう7月20日前後に、行きます、と。
 
 
 
ミャンマーで確保してもらった50ピースの中から選んだのはこちら。
実物はもっと色みも素敵です。


中指の上、トレーに乗せた1番上は他とクオリティーが異なりますので、K18でリングに仕立てる予定です。
その他の7ピースは、明日からアサガオリングでのご注文をお受け致します。
お納めは8月中になります。

今週、このアサガオリングセミオーダーのため、営業日と時間が少し変わります。

7月25日 (火)14:00〜20:00
  26日 (水)14:00〜19:00
  27日 (木)16:00〜19:00
  28日 (金)13:00〜20:00
  29日 (土)15時くらいまでは中で制作をしているので、ご予約いただけましたら15時まで

となります。
上記営業時間ですが、開始時間前は既に予定が入っているので不可ですが、平日(土曜日以外)は
閉店時間は目安です。Kadomiは日曜日をお休みにしているので、もし遅い時間をご希望の方は
事前にご連絡をいただけましたら可能です。

もし、今もやっぱり欲しいと思ってくださる方いらっしゃいましたら。
宜しくお願い致します。
| admin | ジュエリー | 11:32 | comments(0) | - | pookmark |
ブルーサファイアトラピのアサガオリング

暑いですね。
東京は梅雨でも今年は雨はほとんど降っていないです。

 


アトリエショップはお休み中です。
 
土曜日、日曜日と山梨へ行っていました。
甲府も暑かったのですが、先日のジュエリーフェアのときも、一昨日も昨日も、東京の方が蒸し暑くて。
8月にまた甲府へ行きますが、多分その頃は、あの盆地の甲府のうだるような暑さなんだろうな…。
 
今日は朝から家の事をやって、出社。ゴム型を切ったり、納品の準備をしたり。
店には居るのですが諸々やることがいっぱいで、店舗営業とは行かずです。

次の営業日は25日火曜日。14時からの平常営業となります。
それまでは、アトリエショップお休みをいただきます。

東武さんでご好評いただいたアサガオリング。
ルビーのトラピでアサガオに見えるものは4つしか確保出来ておらずで、初日に全てお客様の元へ。
ご覧頂けなかった方も沢山いらっしゃいました。
当初、ルビーでのみしか制作をしない予定だったのですが、仕入れたばかりのこちら、綺麗にスライス、側面もカット
されていたサファイアのトラピが、アサガオに見えるかな…と、1石だけ「セミオーダー可能」として増やしたのです。
 

こちらです。
もしかしたら、今まで加工した5本の中で、一番アサガオらしいかもしれません。
かなり渋いですし、最初のイメージは、私にとっては1カラット未満の透明感も出るルビーのトラピなのです。
ですが、こちらのサファイアのトラピは、2カラットアップ。
サファイアのトラピで、スライスでもあり研磨もされていて、表面にキズケも少ない良質なトラピ。
リングにしてみたら、あれ?なんだかとても素敵。アサガオだ!と。
 


ブルーサファイアは、最初あまりイメージしていなくて。でも、改めてこの石を見てみたら。


お問い合わせも沢山頂きましたので、後から石屋さんに問い合わせしたら

「こちらはとても綺麗な石だったよね」と。
そして、
「良質だったし、つるんと綺麗に研磨されたサファイアのトラピ自体あまり出てこないんじゃないかな」

という予報もいただきました。
確かに綺麗でした。

 

でも、なかなか無いといわれて、突然出て来るのですよ。多分。
 

ルビーが売り切れたのなら、サファイアでもいいから欲しいというご連絡も中にはありました。

ルビーは待って頂ければ出てきます。
だから、このサファイアは、出来ればこの石だから欲しいと思って下さる方の所へ行って欲しいなと、
そう思っていました。
 

イベント中ですと、確実にご注文頂けるご予約以外は、いつに石を見たいので、確保しておいてという

ご要望にはお応えする事が出来ません。

百貨店に直接お電話でお問い合わせを頂くか、ご来店頂いた方がやはり最優先となります。

 


このアサガオリングは、最初に「あのサファイアのトラピはまだありますか?」とご来店されたお客様

の元へ決まりました。

濃紺だからこそ欲しい、と言ってくださったのが、とても印象に残っていました。

 


 


2ctを超えていたので、お客様と相談をし、リング幅を大きく、高さを抑えて完全1点もので深彫りもして完成。
ルビーの時と、サイズも表情も全く別な雰囲気に。

 

https://www.instagram.com/p/BWjDnq8HEsF/?taken-by=kadomijewelry

こちらは動画です。インスタにアップしていたものです。↑


とても喜んでいただけて、嬉しかったです。
ありがとうございました。

| admin | ジュエリー | 16:02 | comments(0) | - | pookmark |
バイカラーなエルバイトトルマリンのペンダント

おはようございます。
 

今日は金曜日。アトリエショップは13時〜19時までとなります。

いつもより1時間早く閉店します。

宜しくお願い致します。


今日もご紹介をするバイカラーでのセミオーダー。
東武さんでご注文を下さった方の制作ですが、ほとんどの方に7月20日とお伝えしておりました。
そして、オールシルバー、SV925でご注文いただいた方には、イベント終了後から1,5ヶ月とお伝えしていたと
思います。
 
そのお納め日である20日の週、来週アトリエショップを営業出来ないので、20日頃納品とお伝えしていました
方の制作分は、東武会期終了翌日から制作を開始しまして、昨晩の時点で最後の1つの検品を残して終了しています。
お電話、留守電、メールなどで完成のご連絡をさせて頂いておりますが、ご連絡のつかない方が数名いらっしゃいます。
気づかれていないかもしれないと思い、このブログと後ほど、facebookとinstagramでもお伝え致します。

明日以降、来週いっぱいアトリエショップはお休みをいただいております。
お納め方法のご指示をお待ちしております♪

オールシルバーの方は、7月の最終週には完成となります。
東武さんでのお納めが終りましたら、8月末の大阪、9月の松山へ向けて、気持ちを切り替えます。
バイカラーシリーズのセミオーダーのお問い合わせも沢山頂いております。
ありがとうございます♪
ですが、バイカラーでのセミオーダーに関してのみ、石を集めたり準備が整うまでは、一時ストップ。
次回のバイカラーの石でのセミオーダー受注再開は、8月末のうめだ阪急さんとさせていただこうかなと思っています。
もちろん、アトリエショプにあるバイカラーの商品からお選び頂くことは可能ですし、石もご覧頂けます。
7月末〜8月いっぱいは、お受けしているオーダーメイドやフィレンツェスタイルの加工をメインに、
秋の百貨店の準備をして行きますので、ご理解頂けますと嬉しいです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今日ご紹介するのは、セミオーダーでお受けした、バイカラーのペンダントです。
この石は、エルバイトトルマリンと言いまして、色に特徴があります。
石にご興味のある方は、是非こちらをご覧下さい。

GIAのページです。画像を引っ張っていいのか分かりませんので是非こちらでご覧下さい。
エルバイトトルマリンとリディコータイトトルマリンのカットする前の美しい大きな結晶
があります!


前にこちらでもご紹介していると思います。
6月の東武さんでセミオーダー用に会場に持ち込んだトルマリンの左下。こちらが今回ペンダントになった
トルマリンです。
一見、ピンク〜オレンジ系の華やかな色みのバイカラー。ですが、よく見ると、真ん中に濃いピンクの
線がすっと入っています。
こちらをペンダントにしました。
画像を撮ると、これがなかなか難しくて…。


一番色が綺麗に見えるこの位置は、全体がもわっと光ってiPhoneでもだめでした。
エルバイトトルマリンは和名を『リチア電気石』といいます。パライバトルマリンも同じ仲間。
まさにその名前にふさわしいというか、そういう色なんです。
デジカメで撮影の難しい石だと思います。


不思議なのは、向きで全く透明なクリアな場所がある所。
横向きでセットをしまして、ペンダントにしました。
最近手がけたこの形状のペンダントの中では、一番大きかったかもしれません。
枠には、幾何学ではなく、今回は全体に唐草模様を彫り入れて、少しアンティーク風な、シックな枠に。

インスタの動画です。同じページで画像の次に動画を乗せています。スライドするか→をクリック
してみて下さい。
蛍光灯下で見づらく暗くて申し訳ありません。実際の色はもっと華やかです!
でも動画を見ていただくとわかるのですが上下に分かれて半分に色が入っている石なんです。
K18で囲むと、オレンジのような、ピンクのような、何とも言えない華やかな色が出ます。

心を鷲掴みにされた石でした。
トルマリンらしい、トルマリンにしか出せないピンクやオレンジ。
こちらはマダガスカル産のトルマリンでした。


日本から見たら両端にあるようで、実は南米とアフリカって近くて、元は大陸がくっついていた所があってね、

だからブラジルでしか出ないと思われていた石が、アフリカでも出てきているんだよ、とは先日甲府で聞いたお話。

 

もう閉山してしまって出ないと思っていた石が、別の大陸で出てくる。

今、アフリカは世界中から石の採掘の為に人が押し寄せているそうです。特に、インド人。
そんな中から私の手元に集まって来る石が、どんな方の所へ選ばれて行くのかを考えると、その石の移動、
旅にロマンを感じるこのごろです。
ペンダント、お客様にとても喜んで頂けて良かったです。
ありがとうございました。
| admin | オーダーメイドジュエリー | 09:14 | comments(0) | - | pookmark |
トルマリンキャッツのピンキーリング/セミオーダー

おはようございます。

セミオーダーご紹介の前に、カメオのお話など。


昨日はカメオの仕入れがありました。

素敵なカメオは沢山あるんだけれども、ずっと続けている生き物カメオでのアイテム以外は

あまりそう、買い付けは出来ない、というか控えています。

前は比較的大きなカメオなどもバンバン購入していたのですが、日本人が身につけられる大きさの限度という物が

ありますよね。
額に入れて眺めるカメオもありますが、うちはジュエリー屋なので、あくまで身につけられる物で
購入しなくては、と。場面が大きければそれだけ素晴らしい彫刻の物も多いので、サイズ感との戦い?であります。


日本に来日されるカメオ業者さんや彫刻家の方と、今現在3社やり取りがありますが

昨日の方は本当に久々にお会いしました。

一番長く取引のある会社さんなのですが、昨日は色々な話を聞きました。

私が必ず業者さんに聞く、「この人のカメオを見せて」とお願いする3名のうち2名は、なんと、
今カメオ制作をやめている、もしくはペースを落しているという事。

1人目は、女性彫刻家のAgnieszkaさん。ポーランド人で、アーティストでカメオ以外のものも
制作されています。
カメオ彫刻家でコンテンポラリージュエリーなどもご自身で制作されていました。
この方は、もともとカメオ以外の仕事、アート全般をされていたのですが、今はカメオに関しては
注文が来た物しか彫らないとの事。
理由は、「手」だという。
昨日の業者さんがいうには、「手に問題を抱えているんだそう」で、彫刻全般の創作活動を今控えている
ようだと。腱鞘炎?怪我なの?病気?と聞くと、業者さんは
「注文品は、時間がかかるけれど可能みたいだよ。君も彫り師だと分かるだろう、体力とか手の事は」と。
私は金属に彫るけれど、貝は金属より硬くはないよね…むしろパリパリ削れて行く。
「僕も詳しい話は聞いていないけれど、今は手の問題で、仕事を控えている、だけを伝えられているんだ」
と。
フェイスブックなんかでは作品づくりは続けているようなんだけれども、確かにカメオ制作は
減っているのかもしれない。

 
2人目は、日本人にもファンの多い、トゥルコさん。
今、彼はまた、仕事から離れているそう。
以前はご子息を亡くされて、数年仕事を辞められていたトゥルコさん。
カメオ彫刻家の後継者として息子さんの活躍も期待されていた時でしたので、もう、仕事に戻られないのでは
といわれていた彼が仕事を再開したあとのカメオは、特に優しさにあふれた作風へと変わりました。
弊社でもストックを幾つか持っています。
今回は、奥様がご病気で、あまり容態が良くなく、出来るだけ側に居られるよう、彫刻はほとんどされていない
そうです。
カメオ業者さん達が持っていた彼のコレクションもほとんどが売れてしまい、且つ高騰し始めているといいます。
 
何だか、好きな彫刻家が2人も「今現在カメオ彫刻を行う事を中断している」というニュースは、
とても残念でもあり…。
 
作品とも一期一会、私もストックを出来るだけ早く形にしてその彫刻家のカメオもご紹介して行こうと
思ったのでした。

色々話したり聞いたりしているうち、イタリア語が少しすつ戻ってきました。
今回の1番の一目惚れカメオは、初めての彫刻家のもの。


私と同世代の彫刻家です。
人魚姫に羽があるのはおかしいよね、という話題で盛り上がり、ニモいるね!とか散々言った後に
「でも買うんでしょ」。
そうです。バレてます。買います。
とてもストーリーのあるカメオだなぁと、構図も全て気に入って購入しました。
小さくはないけれど、大きくはない。身に着けやすいであろうサイズ感です。
でも、枠はオパールなんかを並べたいな…と思ったり。(結局盛って大きくなる)
ちょっと考えて素敵なブローチにしたいなと思っています。
イタリアの手彫りカメオの美しさを伝えられたらと、カメオでの制作は、ずっと続けていますし、今後も。

〜〜〜〜〜〜


昨日お納めさせて頂いたセミオーダーのこちらは、ピンクトルマリンのキャッツ。
ブラジルからブラジル人とやって来たこの石、買い付けた時は即決。3秒くらい。

先日のミネラルショウ前日のバイヤー日でした。

 


 


この業者さんはイタリア時代からドイツで毎年買っている所。今は日本にも年に2度ミネラルショウに来てる。

この石はグリーンの部分もあったりして、少しバイカラーでもありました。

 


 

 


片面の側面にメレーを留めるご注文でしたので、セミオーダーというより、フルオーダーです!

最終的にグリーントルマリンの淡い色味、そしてダイヤを1石留めさせていただきました。

こちらはどの石を何石入れるか、デパートでお受けするセミオーダーでは決められませんよね。

 


以前から複数回やり取りのあるお客様の場合で、且つ以前から出させて頂いているデパートさんでお受けする場合。
今回の東武さんのように、もう10年以上ずっと出させていただいているような場合は

お納めを弊社で行う旨と、お客様を良く知っている事を伝えます。


そして、側面の石や加工など差額発生前の、他のセミオーダーのお客様と同じ、基本形の
セミオーダーリングとお選び頂いたメインの石の合計金額を、百貨店でお支払いいただきます。


その後何の石を入れるかによって石の価格を調べたり、画像をお送りしたりして決めて行きます。

その石を入れる事によって発生する差額分を、納品時にアトリエショップでお納め頂くという方法を

とります。


ですが、とてもとても「稀」なケースであります。

*みなさんに可能なケースではありません。

 


側面に入れる石の種類と個数が決まっている場合は、その場で全額お会計も可能です。
その日が平日の18時までですと、急いで石屋さんに会場から電話して価格を聞き
石を確保しておく事も可能です!
これから行く大阪や松山で可能なケースもありますので、まだ先ではありますが、会場でお声がけ下されば!

先ほどインスタにアップした動画です。↑
石有りのピンキーはジュエリー上級者なイメージ!
とてもお似合いでした!
このキャッツは本当に可愛かったです!!
ありがとうございました。
| admin | オーダーメイドジュエリー | 09:56 | comments(0) | - | pookmark |
オーダーメイドダイヤモンドリング

おはようございます。


今日は水曜日。

アトリエショップは臨時で営業となります。

 

16時〜20時までとなっております。

16時から1組ご予約がございますため、約1時間は商談中となっていると思います。

宜しくお願い致します♪

 


昨日は石の仕入れがありました。

インド人石屋さんが吉祥寺店舗までいらっしゃったのでした。

結局見せて頂いた中から、数石しか購入しなかったのですが、ちょっと面白いカットの水晶を購入しました。

夏のイメージのさわやかな水晶、でも是非クリスマスシーズンに限定品として出したいな…。
今日はこれからカメオ仕入れ。
イタリア人カメオ業者さんと会います。
そういえば久しぶりだな…。
どんな出会いがあるのか。面白い物を仕入れられたらまたご紹介します。

〜〜〜〜〜〜〜〜

今日ご紹介するのは、先日お納めしたオーダーメイドのリングです。
東武さんでお受けしたセミオーダーではなく、4月末にご相談を頂いていたリングです。
4月末にお会いしてご相談をお受けしていたのですが、その時点では松屋銀座さんでお受けしたセミオーダーの
加工が終ったばかり。
即、東武さんでのDM用アイテムやイベントに向けて新作を手がけなければならず、6月の東武さんが終るまで
お待ち頂いていました。


インスタにアップした画像です。とても好評なようです!良かった。
お客様にも気に入って頂けて、良かったなと。
こちらのリングは、メインはローズカットのダイヤモンド。イエローカラーは天然色です。
側面はトリートのパープルダイヤモンドです。


メインに使用したダイヤは、両表で使用出来るダイヤでした。
今回はアンティーク風な仕上がりになるような、こちらの面を上に仕上げています。
左右はアシンメトリーに、片方のみダイヤを、もう片方はしっかりと彫りを入れました。


こんな雰囲気です。


色々な角度からの画像です。
アシンメトリーのデザインは、人差し指にすると左右どちらに着けても楽しめます。
もちろん、中指や薬指にして楽しんでいただいても!
長い間お待たせをしてしまいました。
ご依頼ありがとうございました。

〜〜〜〜

オーダーメイド、(フルオーダー)は、マリッジ、エンゲージ、フィレンツェスタイル以外のアイテムは、
今現在、約10名の顧客様から頂く以外は、お受けしていません。
ご新規のお客様からお受けできるオーダーは、『ハレの日』のものと、フィレンツェスタイルのみです。
そのかわり、といいますか、この春から、「セミオーダーの範囲」を広げて、百貨店やアトリエショップでも
セミオーダーをお受け出来るようにしています。
それについては東武さんでのセミオーダーのお納めが終りましたら、また改めてこちらでも書きたいと思います。
| admin | ジュエリー | 09:30 | comments(0) | - | pookmark |
セミオーダーバイカラーサファイアのリング

おはようございます。
 

今日は火曜日。アトリエショップは14時〜20時までの平常営業となります。

宜しくお願い致します。

そして、明日ですが、カレンダーにも記載しておりますが、明日は水曜日ですが営業日となります。
お昼前後カメオ仕入れがありますので、16時〜20時営業としております。
16時〜1組、ご相談のご予約をいただいております。
ですので、16時〜17時までは、商談中の札を下げさせて頂いていると思います。
セミオーダーの商品のお引き取りなどで、どうしてもこの時間しかない、というお客様以外は、
出来ましたらこの時間を避けて、ご来店頂けますと幸いです。

オーダーメイドやマリッジエンゲージのご相談のお客様、そして、セミオーダーのお客様もなのですが、
ご相談に関わります事については、事前にご予約をお願いしております。
ご予約無しでご来店からご相談になった場合、事前にブログなどで告知が出来ませんので、
ご相談の間、他のお客様のご来店がある場合は、お話がその度中断致します。
ご予約がいただけますと、ご予定から1時間は商談中の札を下げ、事前に告知を出し、
お急ぎのお客様以外のご来店をお待ち頂く事が可能です。
今のように暑い季節、もしくは冬の寒い季節。打ち合わせ中ですので、ちょっと近くで時間を…と
とてもお願い出来ないような気候です。
ご理解の程、宜しくお願い致します。

〜〜〜〜

今日ご紹介するのは、セミオーダーのバイカラーサファイアのリングです。


この左側です。


こちらの石は、先日のイベントで石屋さんからお借りしていたルースです。
バイカラーのサファイア。石だけ見ると、とてもシックで大人っぽい石でした。
どんな雰囲気になるのかな…。
石は厚み、高さのある石でした。

石だけで見ていた時より、枠をつけたら、何と言いますか、グッと色っぽくなって驚きました!

サファイアのブルーとパイオレットのバイカラー。

何ともいえない魅力のある色みです。

 

インスタで動画でアップしています。


1枚目が画像、スライドして頂くと、動画も見られます。

動画で見ると、動きのある中でのこの石の魅力が伝わるかと。キラッと青がきららめく向きがいくつもあるんです。

 


自分で買い付けた石だと、ある程度アイテムになった時どうなるのかを想像して購入しています。

ですが、石屋さんにお借りした中でお客様がこれがいい!と決められた石は、お客様に手に取って頂くまで

私は全く想像も出来ていません。

そんな石を手がけてみると、完成時に、おおお!!!と思わず声を上げてしまう時が。
今回まさにそうでした。
お客様にも気に入って頂けているといいなと思いつつ…。
ありがとうございました。
| admin | オーダーメイドジュエリー | 09:40 | comments(0) | - | pookmark |
ウォーターメロン トルマリンのセミオーダー

おはようございます。

日曜日です。
 
今日は店は開けていないのですが、ご予約と加工のため午後は中におります。
もし、もしお近くを通られて、日曜日だけれど開いているかしら…。覗いてみようかしら…と思われた方、
16時半までですと、ご予約のご相談の方の前に中をご覧頂けます。
シャッターを半分締めていると思いますので、0422-24-8277にご連絡いただけましたら。

先日東武さんへお納めに行ったのが水曜日。
即お客様にご連絡を頂けるという事でしたので、お納めをさせて頂いた分から、ご紹介をスタートします。


今回、東武さんの会期では、初日、アサガオリングをお求めに朝からご来店下さった方、そして、
新作やセミオーダーのルースをご覧になりたいと会場に足を運んで下さった方で、混み合ってしまった時間が
ありました。
開店直後にこんなに盛況だったのはこの仕事をしてから初めてで、嬉しいのと人手が足りない!のとでバタバタ。
スタッフと東武の社員さん3名体制でしたが、お待たせしてしまった方もいらっしゃったと思います。
お客様同士で、この石かわいいよね!とご相談されたり、石の話などで盛り上がって下さり、
とても和気あいあいとした雰囲気で待って頂き、みなさんとお話が出来た事、スタッフ共々本当に感謝でした。
また、遠方から足を運んで下さった方もいらっしゃり!
あまりに嬉しすぎるスタートで、何か個人的に良からぬことが起きるのではないか…と心配した程でした。
起きませんでした。良かった。


最初にご紹介するのは、ウォーターメロントルマリン。
小さい深い森の中に、赤い花が咲いている、そんな雰囲気の石でした。
実はこちらの石、3,4年前にドイツで買い付けました。そのときは、周りが少しギザギザしていて、
もっと深いグリーンの面積が大く、結晶がそのまま、という状態でした。
ドイツ研磨ですので、スタイスした表面はとても綺麗。なので、そのギザギザを取るべく
御徒町の研磨屋に依頼をして改めてカットを。
すると、ギザギザを取るだけでお願いしていたのに、完全な3角形で仕上がってきました。
森林伐採…。
深い森の面積が小さくなりましたが、真ん中の赤い花がより印象的に。
その状態で、しばらく置いていました。
同じような3角形のダイヤが見つかったらそれと合わせてリングにしたいなと思っていました。

そんな小さな3角形のウォーターメロントルマリンを、K18枠で囲った華奢なリングにしたいなと
思ったのはつい先日。
そんな風にこのリングをセミオーダーしたいなと思って下さる方がいらっしゃったら…と、
会場に「keep」の箱に入れて持って行っていました。
 

ウォーターメロンは特に石枠の中をピカピカにして地金の枠の中に閉じ込めると、美しい色が引き立ちます。
エメラルドのトラピなどもそうです。
K18の枠の中に3本の爪で留めています。
この爪は、トルマリンを守る働きもします。
 

リングは総彫りにしてあります。


華奢ですが(kadomiの商品としては華奢)存在感もあります。
3角形の石は、ペアシェイプ同様、着ける向きによって雰囲気も変わります。
お手持ちのリングと重ねたりして、様々な表情が楽しめそうですよね!
まさに、私が手がけようと思っていたリングを、そのままお客様がご注文下さいました。
嬉しいです。
気に入って下さっていたらいいな、と願いつつ。
ありがとうございました。
| admin | オーダーメイドジュエリー | 10:39 | comments(0) | - | pookmark |
東武さんでのセミオーダー、納品スタートです。

おはようございます。

昨日は朝から御徒町をウロウロ。
 

先週は久々に金を計100g近く買いまして、その、手のひらに乗る小さな金属の塊と、その無垢のぎっちりと詰まった

100gの棒の重さと支払った札束(大袈裟)を思い、あわあわとなりながらそのまま工場へ地金を150m程運びました。

私は実際のK18やプラチナなどの板から制作をするのではなく、大体が、銀で加工をして型を取り、それを

それぞれの地金に鋳造するという方法をとる事が多く、特に今のセミオーダーは形状的にその方法をとる事が多いのです。

地金高い…。高いです…。
そんな朝からダイヤの支払いをしたり地金を買ったり、あっという間に沢山のお金が手元から旅立ったので、
その気疲れ(小心)か、暑さにやられたのか、20時半に閉店後、自宅に戻ってからパソコンの前に座れず
床で倒れて寝ていました…。
それを見越して朝早くから掃除をしておいて良かった…。
 
さてさて、先日東武さんでセミオーダー第1グループ達のいくつかを納品してきました。
お受けした日にちでグループ分けしておらず、加工を進める上で、4つずつくらいでグループにしています。
今回第3グループまでありまして、昨日第1グループ全ての加工を終了し、お納めも終った所です。
第1グループのうち、リング2本。お納め済みです。
週明けくらいに1つ1つご紹介出来ればと思います♪


そして昨晩から第2グループを4種組み立て、仕上げに入りました。
第2グループは、今日くらいから完成のご連絡をさせて頂けるかな?といった所です。
1つ1つコツコツ丁寧に仕上げております。
完成のご連絡まで、今暫くお待ち下さいませ。

来週以降は、営業日が色々変わります。
来週は水曜日に営業日が入ったり、土曜日は山梨出張のためお休みになったりします。
そして再来週はアトリエショップはお休みをいただきます。
今日は土曜日。12時〜19時までの営業です。
暑いですが、お立ち寄りいただけましたら幸いです。
宜しくお願い致します。
| admin | ジュエリー | 09:32 | comments(0) | - | pookmark |
明日金曜日は14時〜20時までとなります

こんばんは。

珍しく夜にブログの更新です。

いやぁ今週は本当に忙しかった。
毎朝早く出て、帰りも遅かった。

明日ですが、午前中御徒町におりますので、オープンは少し遅くなります。
事務所のドアに14時からオープンと書いて貼ってきましたが、戻り次第あけています。

12時に御徒町を出られれば、13時オープンに間に合います!ですが、余裕を持って、14時。

本来ですと、毎週木曜日に御徒町へ行くことが多いのですが、今日は甲府へ日帰り出張でした。
今日、明日と甲府でジェムフェアが行われており、いつもはバスで行くのに、今日は行きは あずさ5号で
向かいました。


甲府の会場下で1億円の水晶の球を覗き込む人。重そう。
今日買い付けた石は、また改めて。


こちらは先日買い付けたパライバトルマリンのメレー10石。


この端っこに並んでいるやつです。
凄い蛍光色です。実際は石のサイズは3ミリ未満。
メレーのパライバトルマリンはブラジル産の良質。一度に使うのは勿体無いと石屋さんに言われていたのですが
オーバルのDカラーダイヤのルースを見つけてしまいました…
自分用に探していた理想に近いオーバルダイヤ。
でもこの石をパライバトルマリンの真ん中に置いてみたら…!!これはこの状態でリングに!!!
秋頃にはリングにしたいなと考えています。
でもまずは、池袋東武にてお受けしたセミオーダーと、会期前に加工をスタートしていましたオーダーメイド
を優先に、コツコツ進めています。
東武にてお渡し、もしくは東武から発送のお客様分のセミオーダーを、まずは水曜日のお昼、東武百貨店に
お納めしてきました。
お客様の元に渡ったかな…。
週明けにこちらでもご紹介出来ればと思います。
お待たせしております方、完成まで今暫くお待ち下さいませ。
| admin | ☆お知らせ☆ | 23:52 | comments(0) | - | pookmark |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
+ Twitter
+ RECOMMEND
JAPAN PRECIOUS no.84(Winter 20―ジュエリー専門誌の決定版 ブランドガイドブック 2016
JAPAN PRECIOUS no.84(Winter 20―ジュエリー専門誌の決定版 ブランドガイドブック 2016 (JUGEMレビュー »)
矢野経済研究所

Kadomiのカメオを用いた商品を掲載いただきました!
+ RECOMMEND
持ち歩ける 吉祥寺本 (エイムック 3069)
持ち歩ける 吉祥寺本 (エイムック 3069) (JUGEMレビュー »)

移転してはじめて掲載していただきました!後ろから2ページ目に小さいですが素敵に紹介していただいています!
+ RECOMMEND
東京 マイファーストジュエリーショップガイド
東京 マイファーストジュエリーショップガイド (JUGEMレビュー »)

ジュエリーショップガイドに今回もKadomi shop&factoryを紹介して頂きました!今回も知人友人がいっぱい紹介されています!
+ RECOMMEND
東京ジュエリーショップガイド―自分で選ぶ自分のための“for me”ジュエリー (αLaVieガイドブックシリーズ)
東京ジュエリーショップガイド―自分で選ぶ自分のための“for me”ジュエリー (αLaVieガイドブックシリーズ) (JUGEMレビュー »)

はじめの方のページにカメオの作品、オーダーリフォームのカテゴリーでKadomiを紹介していただきました!
+ RECOMMEND
KIMONO姫 10全部買えます編 (祥伝社ムック)
KIMONO姫 10全部買えます編 (祥伝社ムック) (JUGEMレビュー »)

P,15にKadomi 和ジュエリーかろん の帯留めとかんざしが掲載されました。
+ RECOMMEND
InRed特別編集 大人女子の浴衣 (e-MOOK)
InRed特別編集 大人女子の浴衣 (e-MOOK) (JUGEMレビュー »)

お問い合わせをいただいたのでこちらで紹介。17ページでイラストレーターのハセガワ・アヤさんが身につけている帯留めは「かろん」のタツノオトシゴの帯留めです。サイトからお問い合わせいただけます。
+ RECOMMEND
GMプレミアムジュエリー 2010S/A (HINODE MOOK 50)
GMプレミアムジュエリー 2010S/A (HINODE MOOK 50) (JUGEMレビュー »)

「33組の日本人クリエーター」に掲載していただきました!そして、掲載されている人たち、知り合いがいっぱい!
+ RECOMMEND
お誂え手帖 ふだん使いのかわいいもの編
お誂え手帖 ふだん使いのかわいいもの編 (JUGEMレビュー »)
花島 ゆき
62ページから71ページまで、デザビレの中での制作風景や諸々を取材、掲載して頂きました!他にも素敵なお誂えをお願い出来る作家さんの作品や工房も興味深いです!!
+ RECOMMEND
ART BOX vol.2 JEWELRY (ART BOX MOOK SERIES) (ARTBOX)
ART BOX vol.2 JEWELRY (ART BOX MOOK SERIES) (ARTBOX) (JUGEMレビュー »)

2ページにわたり、カメオやレリーフを使用した作品を掲載していただいています。
+ RECOMMEND
アンティーク着物スタイルブック
アンティーク着物スタイルブック (JUGEMレビュー »)
大野 らふ
いくつものコーディネートの中に、そして帯留めの紹介もして頂きました!Ponia-ponの店主らふさんのコーディネートは、着物も帯留めもとても勉強になります。
+ RECOMMEND
現代日本のクラフト〈vol.2〉 (ART BOX IN JAPAN)
現代日本のクラフト〈vol.2〉 (ART BOX IN JAPAN) (JUGEMレビュー »)

11月23日発売のこの書籍のP130、p131の2ページに渡って掲載していただいています!
+ RECOMMEND
ダイヤモンド・ナビ Vol.4 (4)
ダイヤモンド・ナビ Vol.4 (4) (JUGEMレビュー »)

この本の見開きと、中のなんと2ページに、作品を紹介していただきました!
ブロの写真とブロの文章で、とても素敵にしていただいています。是非手に取ってご覧下さい!!
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE