作家のひとりごと

ジュエリー Kadomi 内藤圭美のブログです。
4月の予定とお納めしたstile fiorentino

おはようございます。

日曜日の朝です。
 

久々に、3週間ぶりくらいに、お休みです。

しかしながら私はこれから事務所です。
DMの撮影をしに行ってから、休日を過ごそうかと。

昨晩までに仕上げたリングで、松屋銀座のDMを大急ぎで制作です。
恥ずかしいことに、私はまだイラストレーターが使えないので、旦那様に(こういう時だけ様をつける)
もう友人の時から、おこずかい程度のお支払いでDMの制作をお願いしているのです。
ありがたき。
夜は二人であーだこーだパソコンに向かうので、休日のようで休日ではないですね。
しばらくはお休みなしです。
4月のカレンダーです。
 

サイトやSNSにもさっきアップしています。
結構営業時間がランダムです。
来週は、5日に甲府出張があるので、代わりに6日の午前中〜15時まで御徒町行かなければならない関係で
16時〜営業となります。
松屋銀座さん前の火曜日は搬入のためお休みです。
松屋さん終了後は、21日の土曜日以外は、営業時間記載前に、予 と○で囲んであります。
オーダーメイド制作に時間を割きたいのと、店内の改装があるので21日土曜日以外は予約制となります。


最近、ちょっと、いや、ありがたいことですし仕方がないのですが
インスタのDM機能をどうにかしたいと思っています。
7分の1くらいが、正真正銘の商品のお問い合わせで、それ以外はもう、
インド人からの営業(100人じゃきかない)と、返信に困ってしまう内容です。
お問い合わせの前に、まずは、投稿をお読みいただきたい。
投稿に、全部書いています。
セミオーダー可能なものなのか、納品したものなのか。
石についての「これは本物ですか?」とか「この〇〇という石は何ですか?」などの、教えてくださいも多いです。
石について私に問い合わせるくらいなら、ネットで検索した方が良いのでは?と思います。
石だけを買いたいというお問い合わせもすごく多くて、会場にそういう方が石だけを求めにいらっしゃったりも
最近はします。
もちろん、弊社の商品や、お客様にご提案用に買い付けている石なので、石だけをお売りすることはできません。
どうしてもインスタは仕事でやってますしツイッターとかここみたいに自由ではないので(笑)
無視はできず、さらっと記載し、友人やお取引先の石屋を紹介したり検索した方がいいと思いますよ!と
絵文字満載で返信をしますが、インスタのDMはスマホからしか返信ができないので、
毎日毎日そういうことに時間を割かれるのは辛いことです。
インスタが始まる前はそういうのは全くなかったな。

うちは、石に華奢な枠をつける作風ではないですし、地金もたっぷり使い作り込みますので、
それに耐えうる石、石としてもかなり個性の強かったり、綺麗だったり珍しかったりなど、高価な石を使っています。
結果、そうなると、若いお客様には難しい価格設定だと思います。
今重ね付けがブームのようですし。
広くいろいろな方に知っていただけるのはとても嬉しいことなのです。
嬉しいのですが、せめて石だけでも譲って欲しいと複数の方からDMもらうと、石が好きなのは同じなので気持ちは
わかるのですが、作風も何もかもを否定されたような気持ちになり、少なからずショックを受けます・・・・。
魅力的な石を、世界中から私が集めてきているのは、石だけをお売りして、その人が安く作ってくれる作り手に
お願いをしに行くためではなく、あくまで、弊社の商品にするためにわざわざ行って買ってきているんだ。
というごく当たり前のことを、ご理解いただきたく。
 
こんな事をブログで上げなければならないのかー。
そんな時代なのかー。

よって、4月後半は、そういう返信などに割かれた時間を取る戻すべく、どうしても他の仕事が優先で
お待たせをしてしまうオーダーメイドを下さっている顧客様の制作に時間を作るべく。
平日は予約制とします。
 
セミオーダーのお客様のお渡しなども、もちろん可能です。
これ、上記、そのうちインスタにもアップしようと思います。
でも、通常の投稿も、読んでくださる方は、そういう質問DMはされないんですよね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


仙台へ出発する前に、お納めしたリングのご紹介です。


サイトにもある、stile fiorentino の中でも、ハニカムと呼ばれるリング。
蜂の巣のように透かしを入れてあるフィレンツェスタイルリングです。
その幅を、できるだけ狭くする、というご依頼を、昨年11月末の池袋東武さんのイベント時に
いただいていました。
セミオーダーのリングなどは、同時進行で4本くらいまで進められるのですが(結果その方が効率もいい)
こちらのハニカムは制作するときに、この1本だけのために1週間〜2週間、時間と頭を割かなければ
ならないことから納期を3月31日とさせていただいていました。
3月20日前に完成してお納めに行ってきました。


幅7ミリ。弊社にあるリングの半分近い幅。
間にダイヤを留めるのは、透かしの補強のためでもあります。
このリングを、とにかく闇雲に薄く透かしのみにするのは危険。
リングとしての強度やバランスがとても大切だと、イタリア時代の師匠も言っていた。
このリングを手がけるたびに、思い出すのです。
師匠の言葉と、あと、お元気かしらと。

無事お客様お受取のご連絡をいただき、安心しました。
ありがとうございました。
| admin | オーダーメイドジュエリー | 10:14 | comments(0) | - | pookmark |
日帰りエッサウィラ 2/21

今日は土曜日。

アトリエショップは平常営業です。

 

ブログは旅日記。

〜〜〜〜〜〜〜

2月21日は、ずっと迷っていたけれど久々にエッサウィラへ行くことにしました。
エッサウィラへは多分3回目?4回目?でしょうか。
最後に行ったのは、多分このブログにもアップしていると思うので、2008年?9年?あたりかな?
前回2012年にモロッコにきたときは、エッサウィラは寄らなかったから。
どんな風に変わっているのかな?
変わらずいてくれているかな?
と、そんな期待を胸に、前日にバス予約をし、朝8時のバスで向かいました。
行きは霧が出て、到着の30分前まで全く景色が見られなかった。
なので、驚きは帰る時にわかるのです。


CTMや民営バスで行ったことがあったエッサウィラ。
あと、前回はホテルから車がね、フランス人カップルとイタリア人カップルと5人で送迎してもらった。
そのときは、帰りにフランス人カップルが、「私たちは2人だけで車に乗りたい」と言い出しまして。
フランス語がわかりませんので、イタリア人カップルに聞いたところ(彼女の方がフランス語を解した)
我々とは帰りは嫌だって言っているわよあの2人、と。
なんと、運転手にお金を握らせたのか、もしくは我々3人は泊まりに変更になったと言ったか。
乗ってきた車に2人は乗って行ってしまったので、我々3人は帰る手段をなくして、たまたまマラケシュから
来ていた長距離タクシーで帰ったのです。
懐かしい。
イタリア語ができてよかった・・・と思った瞬間でした。
フランス語もできるようになりたい。

話が逸れた。

今回は、スープラトゥールという、一番綺麗なバスで向かいました。
前にバス移動したときは無かった、バス会社です。
CTMとか民営との違いは、バスが綺麗なことはもちろんですし、あと、ヤギや羊が乗ってこないこと。
民営バスなんかは、通路にヤギが押し込まれたりするのです。
暴れたりはしないので、特に気になりませんが・・・・。
バスの価格も、日本人にとっては、そんなに変わらないよね?という額です。
スープラトゥールだと、1時間半おきに、お手洗い休憩があるようです。
休憩所も、カフェや売店があり、まるで日本のパーキングエリアみたい。
出発時に人数も数えているので、置いて行かれることは無さそうです。
CTMや民営バスは置いて行かれますので。


エッサウィラは、モロッコ人も憧れるという、海辺の町。
青いタイルと白いジュラバを着たモロッコ人たちが印象的です。
でもね、正直、すごく変わってしまったなぁと今回思ったんです。
売られているものも、風情がない。
どうした?
どうしたエッサウィラ。


記憶を辿るように歩きます。
10年前、20年前とは変わらない景色もたくさんあります。


フォトジェニックな街に間違いはないので、インスタなんかではいっぱい紹介されているかも。
おしゃれなカフェとかもあるけれど、今回は寄らずに。


こちらはジュエリーのスーク。
青い空と青い扉、そしてタイルが映えます。


この景色がすきなのは、シラクーサ(シチリア)に似ているからかも。


エッサウィラには猫がいっぱいいました。


この景色も変わらない


ランチに肉以外を食べたいなー。


ということで、ツナとトマトのサラダと、イカフライ。
イワシを食べようか迷ったけれど、やめておく。


青い扉の奥に、黄色ベースの柄物ソファ。
この奥にどんな人が暮らしているんだろう。
食事も終えて、時計を見たら13時半。
参ったな。バスは15時45分発に予約していた。
バス停に行くと、すでに14時発のバスは満席。
む〜。
バスの時間までカフェでのんびり過ごして時間を潰しました。
前は時間が足りなかった。
今回は余ってしまった。


バスは、一番前の通路側でした。

10年振りに訪れたエッサウィラは、ちょっと、いや、かなり変わってしまっていました。
ガチャガチャしてしまっていて、ちょっと残念にも、思いました。
 
前は、マラケシュからの道もガタガタでした。
緑はなく、岩漠と土漠が広がるところに、アルガンの木が立っていた。
アルガンの木にヤギが登っていたのを初めて見たときはびっくりした。
それが、こんな風景に。
今回休憩を20分入れて3時間弱。休憩を外せば2時間半で着いた。
前は3時間半かかった。
今回、道がアスファルトになっていて、高速道路も出来ていた。
それに伴い、街が無かった所に街が出来て。
岩漠の続く荒野だった所に、芝が、グリーンが、ビニールハウスも。
エッサウィラ行く道中って、アルガンやオリーブ以外のグリーンて無かったけれど今は違う。
砂漠化をとめるため、水路を作ったり。
そんなプラスな点ももちろん。

人が増えるって、こういう事なんだ。
モロッコは若者の人口が多い国。
今回アップした画像は、私が好きな、20年前から変わらないエッサウィラの風景でした。
この日はこの旅最後のモロッコの夜。
レストランで美味しく食べて、翌日ミュンヘンへ。
25度から降り立ったのは、15時でマイナス3度のミュンヘン。
夜は雪がちらつき、どんどん気温も下がる。
翌日の飛行機で、帰国したのでした。
今回の旅で一番心配したのは、気温差でした。
無理をせず、暖かくして過ごすことを最重要としていたので、元気なまま、帰国できました。
10度あったこの日の気温を、暑いと感じました。
数日挟んで香港へ。
また25度近い気温へ逆戻りなのです。
| admin | 放浪記 | 09:48 | comments(0) | - | pookmark |
本日はご予約のみ、明日は平常営業です

おはようございます。
 

仙台藤崎でのイベントは水曜日で終了しております。

 


本日、金曜日ですが、ご予約のお客様のみとなります。

カレンダーにも記載しております。


水曜日までのイベントの際は、使用したトルソーなど什器や諸々が百貨店から到着するのは金曜日となります。

運送業者さんの出入りや片付けなどが金曜日となってしまうので金曜日からすぐにオープンできません。

商品は既に持ち帰っておりますので、ご予約いただいた方のみとさせていただいております。

明日からは平常営業となります。

よろしくお願いいたします。



昨日、井之頭公園を散歩して来ました。
この池、桜が散り始めると、ピンクの花びらが一面に、絨毯みたいになるんです。
その頃また見に来ようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| admin | ☆お知らせ☆ | 09:13 | comments(0) | - | pookmark |
仙台藤崎始まりました

おはようございます。
 

 

仙台藤崎2日目の朝です。

 


21日に仙台に入った日は、東京も雪、仙台もみぞれのちらつく日でした。

凄く寒かったです。

私は12月半ばから3月頭まではイベントを入れないので、今まで約14年百貨店に出て来ている中で

雪の日搬入というのは初めてでした。
昨日も寒い雨の1日でした。

東北でのイベント出店は初めてで、どなたもお立ち寄りいただけないかもしれないな・・・・と思っていたのですが
昨日は大学時代の友人や、インスタで見てくださっている方がお立ち寄りくださり
あという間に1日が過ぎました。
とても嬉しく思います。


宝飾ケース2台にぎっしりと商品を並べています。
表に出ていないストックもありますので、お声がけいただけましたら。


今後弊社の商品に加工予定の石たち。
気がつけば青系ばかりです。なぜだろう。


久々にぶどうリングを指にして撮影。
今は2本ございます。


今回、初めて 麻矢 さんというブランドさんと2社で出ています。
私の出ている誌面を切り抜いて持っていてくださったと!
共通の友人や知り合いの作家さんが多く、即意気投合!
和気あいあいと、休憩を取り合いながら、会場におります。
よろしくお願いいたします。

*今現在は仙台におります。仙台のイベントについての商品や在庫のお問い合わせのメールは
ホテルに戻り次第、即日返信をさせていただいておりますが
商品の通販のお問い合わせの返信はイベント終了後とさせていただいております。
よろしくお願いいたします。
| admin | 展示会の様子 | 08:27 | comments(0) | - | pookmark |
アフガニスタン産スフェーンのリング

おはようございます。

寒いです。

寒い朝です。
 

 

今日は仙台へ向かいます。

仙台藤崎さんでのリミテッドは、明日22日〜28日まで。

1階エスカレーター側のイベントスペースに出店しています。

 


会場へは、ジュエリー全般、あと和物も少し持って行きます。
展示スペースに限りがあるので、ケース内に出ていないものでも、お声がけいただけましたら
お出しできることがあります。

持っていくセミオーダー可能のルースは、
昨年に引き続き、バイカラートルマリン、バイカラーサファイアなどバイカラー石、
ウォーターメロンなどの多色のバイカラー、あとはスフェーンも数石持って行きます。
それ以外に、セミオーダー可のシリーズ、ボルダーオパールシリーズや、ジャスパーのシリーズなども
持って行きます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今日ご紹介するのは、アフガニスタンさんの細長いバケットのスフェーンリング。


石枠はK18WG、腕はK18YGになります。
↑こちらに動画もございます。
明日より販売となります。

仙台の会場へ持っていくスフェーンは、5石ほど。
先日ミュンヘンや香港でも買い付けて来たスフェーン、アトリエショップで引き続き人気があり、
セミオーダーのご予約がありました。
東京の百貨店ではスフェーンはセミオーダールースとしては持って歩かないのですが、仙台へは持っていくことに。
初めて伺う街は、ちょとドキドキします。
それは初めて訪れる海外などの旅先とはまた違った緊張感です。
インスタなどを見てくださっている方で、仙台の方、2名しか思い浮かばない。
加工台を持ち込んでいます。
きっとぼーっと作っているんじゃ無いかなぁと思っています。
UNICOシリーズの加工をしていると思います。
お声がけいただけましたら嬉しいです!
| admin | ジュエリー | 08:25 | comments(0) | - | pookmark |
マラケシュの日々(2/19〜20)その2

おはようございます。
 

今日は朝一で検診の日でした。

約1年前に蕁麻疹と高熱、足首とかかとに帯状疱疹が出てから、定期的に通っていた大学病院。

やっと、数値が正常近くに落ち着いて来ました。
体重がね、これが痩せないんだな。
ツイッターなどで少し書いていましたが、昨年10月頭から右肩を痛めておりました。
40肩、50肩だと思ってマッサージだけ行き放置していたのですが、整形外科で原因がわかった
(石灰沈着性腱板炎)2月からヨガも辞めまして。
運動全くせずで良くない。
でも4月か5月から、ジムのマシンで体を鍛えつつ、行こうと思っています。
今朝医者に、「体重は?」と聞かれ、最近体重計を見ていません、と言ったら目の前に出されて
「乗ってください」
え?ジーンズ履いていますが
「そうです。乗ってください」
ですよね。
・・・・・。
驚きの数字でしたが、でも血液検査全ての数値が良かったので、気持ちも晴れやかです。

仙台の準備中です。
明日はアトリエショップはお休みです。
商品は店内は空っぽです。

仙台の方、お近くの方、22日からよろしくお願いいたします。
初めて行くので、緊張もしています。

〜〜〜〜〜〜
マラケシュの続き。
 

朝から、ボシャラウィトの博物館があるということで行ってきました。
博物館自体は、別に・・・・という感じでしたが、普段歩かないエリアだったので、道中が楽しかった。
マラケシュ独特のピンクの壁を抜けて行くと、美術館はひっそりとありました。


昔の建物の中の各部屋にかかっているボシャラウィット。
素敵です。


ボシャラウィットとは、古着を割いて作られたラグです。


籠が壁に下がっているだけで、なんともおしゃれです。
青い空がとても鮮やか。


マラケシュは、別名ピンクシティーとも呼ばれています。
そう、ジャイプールもピンクシティ。
壁がピンクなんですよね。


上の画像の建物の扉。
車椅子のマークの輪っかと、扉の輪っか。
こういうデザイン好きです。
ちょっとした事なんだけれども。


どこにでもディスプレイします。

この後、アイアンの職人さんのところへ行ってきました。
3年前に約束をしていた職人さんのところです。
私を覚えていませんでした。
当たり前です。
お願いした商品の、当時送られて来た画像を見せると、あぁ!と思い出してくれました。
職人さんは、身振り手振りで話をしてくれまして。
お願いした什器は、ほかの国のアクセサリー店をやっているという人が気に入って買って行ってくれたそう。
そこまでは間に入ってくださっていた方から聞いていた。
そして、片眼がね、白くなっていて。
自分は、片目がもうあまり見えないから、今はあるものを売っているんだよ、というようなことを
言っていたと思います。
新しく、同じものを作るのは無理だと、身振り手振りで。
今売られていたものは、素敵な鍵や、洋服掛けみたいなもの、あとはオブジェのような作品もありました。

元気でいて欲しいな。
また、来ます。
 

静かな路地から民族衣装の女性が。
さっき画像を整理していて女性が写り込んでいたのを知りました。
白い民族衣装と空色の布で髪を覆っていて。
美しくてハッとしました。
撮ったときは気づきませんでした。


フナ広場の夕暮れの風景。
広場が賑わい始めます。


蛇を勝手に首にかけられたり、猿を肩に乗せられたりします。
一人で歩いているときにそれをされると、正直リアクションに困ります。
誰かがいたら、おどけたり、撮って!とかなるけれど、
一人だと、ただきょとん。となってモロッコ人も「お前一人かよ」みたいになって終わります。

 

この日は夕焼けが綺麗で!


みなさんスマホで撮っていました。
雲1つ無い空よりも、ある程度雲がある方が、夕焼けってドラマティックだなと(深い・・・?)


1回くらいは、屋台で食べます。
上手に食べないと、屋台は高くつきます。


屋台では手をつけたら全て有料。サービスではないので要注意。
パンが厄介で一番高かったりする。
ここの上の画像で私が頼んだのは、左上のトマトサラダだけです。
他は、下げてもらう。


オリーブは下げてくれたけれど、パンとソースは下げてくれないんだな。
パンを返して、ソースだけいただきます。
お会計も、紙に書いてもらった方がいい。
たくましさに、頭が下がります。

続く。
| admin | 放浪記 | 12:00 | comments(0) | - | pookmark |
マラケシュの日々(2/19〜20)

おはようございます。
 

昨日で 『散らない桜リング』 のフライング受注を終了いたしました。

ご依頼のご連絡を下さった方へは、順にご請求書をメールでお送りしています。

このあと、仙台藤崎にて受注を行います。
22日〜28日まで、会場には私が終日おります。(お昼休憩以外は)
よろしくお願い致します。
イベント中は、アトリエショップはお休みをいただきます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜


マラケシュで好きな場所の1つにスパイス広場があります。
スパイスもう売られているし、一角には絨毯やラグなどのエリア、そして魔術とかに使う動物などを売るエリアも。
最初に来た99年も、この広場の風景はほぼ同じ。
変わったのは、周りの建物の様子です。
たった1つだったカフェが増え、今はなんだろう、ディズニーランド見たいな。
マラケシュランド?
それでも好きな場所です。


カフェではのんびりとお茶したりwifi繋いで次に行く場所を決めたりしつつ、広場を眺める。
私はせっかちだし、暖かい飲み物が得意では無いから(せっかち&猫舌はカフェでゆっくり出来ない典型)
日本でカフェでゆったり過ごすことなんて無いので、海外だと不思議と足の疲れを取るために座ったりして。


絨毯屋を眺めたり。
この脇道を入ると、さらに絨毯いっぱいで、今回ここで相当数のラグを見せていただきました。


女性一人でも、マラケシュ旅はオススメです。
宿のことが解決しているので、なんだか気持ちも晴れやか。
よかった。
歩き出します。


籠の中にカメレオン。そして籠の外の側面と上にもカメレオン。これは魔術とかで使う動物エリアに売られているのですが
籠の目が荒くて、出て来てるんです。カメレオン。


上に。


横に。
カメレオンの手が好きです。ハート形みたいです。
動きが遅いので、外にいても問題ないのかな?
外にいる子は小さいので、出たり入ったり自由です。
中に入って、野菜を食べては外に出ます。ゆっくり、ゆっくりと。
大きい子は、体が大きいため、もう網目からは出られないので、中でじっとしています。
・・・・深い(?)


お店を見ていたら、素敵なクロスがあり、テーブルクロスにいいなと見ていたら
「これは羽織るものだよ」と言われてぐるぐる巻きにされました。


もう少し小さければ日本でそうやって使えそうですが、大きいし分厚いのでそれはちょっと・・・・。
アトラスの村で織られたこちら。
新しいものではなく、部分的にシミがあった。
迷って迷って買わなかったけれど、このグリーンとピンクの色合いがとても素敵でした。
ピンクトルマリンとエメラルドの組み合わせは、インドやオスマントルコジュエリーにもあって、とても素敵です。


夕暮れになって来た。


マラケシュには猫がいっぱいいます。


真剣に待っています。そして、肉屋や魚屋さんのお兄さんは、ちょくちょく猫に破片を投げてやっています。
続く。
| admin | 放浪記 | 10:34 | comments(0) | - | pookmark |
本日と明日は「散らない桜リング」のフライング受注日です
おはようございます。


今日は金曜日。

アトリエショップは平常営業です。

金曜日は13時〜20時営業です。
 

本日、13時〜業者さんとの打ち合わせ、14時〜1件オーダーのご予約がございます。
ですが、商談中と一時閉店はせず、開けておきます。


  


  

動画はインスタの@kadomijewelryをご覧いただけましたら。

https://www.instagram.com/kadomijewelry/

『散らない桜』は2パターンございます。

今週に入ってから、『散らない桜リング』のお問い合わせ、たくさんの方からいただいております。

ありがとうございます。

遠方からの方のご依頼、メールでのお問い合わせも、明日土曜日19時で一旦終了とさせていただきます。

そのあと、仙台藤崎のリミテッドが終わりましたら、メインに使用しているトルマリンの在庫数があれば

31日〜のアトリエショップで引き続きご覧いただけるようにします。


アトリエショップ、メールとも、明日17日までのご依頼のお客様へは、仙台でお受けするお客様同様

4月半ばお納めを目指します。

 

アトリエショップにてご依頼のお客様は、16日、17日ですと、アトリエにてクレジットカード決済で
ご依頼可能です。

受注品となりますので、お振り込み、クレジットカードともご一括でお願いしております。

 

*都内の方は16日、17日のみしか受け付けないよ、ということではありません!
メールでもお問い合わせ可能です。

 

ちなみに、フライング受注可能な石数は8。昨日までに3つご成約となっております。


よろしくお願いいたします。
詳細は、3月10日のブログにございます。

まずは、価格などもお問い合わせいただけましたら。
よろしくお願いいたします。
| admin | ジュエリー | 09:19 | comments(0) | - | pookmark |
ホテル移動まで(宿の続き)2/19(月)

おはようございます。


今日もマラケシュの続き。

 


〜〜〜〜〜〜


マジョレル庭園の近くのショップでラグを見て、また歩き出す。


こちらは新市街地。ギリーズと呼ばれる地域です。
道は広く、建物は新しいです。
比較的裕福な方の暮らす地域のようです。
モロッコの椰子の木、すごく背が高いです。


新市街地の道沿いには、オレンジの木が。
実をつけていて、なんとも豊かです。

旦那も欧州以外のところへ連れて行きたいんです。
モロッコとインドは行きたいみたいなんですが、勇気が出ないと。
モロッコからだろうな、とこの時思いました。今のモロッコは行き倒れている人もいなければ
インドみたいに道に糞尿もない。

99年イタリア時代、友人たちと旅したイスタンブールでさえ、バザール内の客引きにカチンときていた旦那。
当時はまだ、今の何倍もしつこかったからね。
「厄介なアメ横」とイスタンブールのバザールを呼んでいました。
多分、アラブの人やインド人はそれ以上に手強胃から、きっと怒るんだろうな。
毎日100回くらい怒るんだろうな。
でも連れて行く。絶対。
怒っている自分がきっと笑えてくると思う。あんなに怒ることって日本だと抑えちゃうしあまりない。
私もそうだった。そうなったら、モロッコもインドも天国のような場所だ。
私のように文化も宗教も素敵に思って通うようになるのだ。


この日、お昼はアルファシア に来ました。
最近はどのガイドブックにも載っているようです。
本格的な美味しいモロッコ料理が食べられるレストランです。
12時オープンと聞いていたので入り口で待っていたら「今日は12時半になっちゃう!」と。
待ちますとも。


2008年以降、マラケシュに来たら、必ず1度は食べにくるアルファシア。
フェズ料理店です。
従業員が女性だけ、のお店。味が繊細で本当に美味しいです。
前も食べた前菜の揚げ物。
中はジャガイモにバラの香りのオイルとか、凄く不思議で美味しい。
赤いのはチリソース。
これも手作りでとても美味しいです。
夜は予約無しでは入れないから、昼オープン時に行くのもいつも同じ。
昼から一杯。


ここはクスクスも美味しい。
これは野菜と鶏肉のクスクス。
モロッコでは金曜日以外で、美味しいクスクスに出会えるお店は少なく、且つ女性が作るクスクスでなければ
美味しくないと言われているそう(モロッコでは)。
その点、この店は従業員が女性だけ。こちらは女性が作るクスクス。
観光客向けの食堂では、モロッコ人はクスクスだけは食べない(男性が作っている所では食べない)らしい。
タジンもそうなんだけど、モロッコは食べ物美味しいです。


食事の後、ギリーズにある行って見たかったラグのお店へ。
結果的に店用に買ったのは、結局ボシャラウィットではなく、AZILAL と呼ばれる
アトラスの高地に住むベルベル人が織った30年前のラグ。
スークではなく、コレクターピースなどを扱う新市街地の専門店で買いました。
こちらを気になって見ていたら、
「パウル・クレー(Paul Klee)みたいだよね」と、店主。
色が凄いね。とても好き。
全体は4色なようで、よく見るとビビッドなピンクやブルーがパイルの織り目に点描画みたいに入っている。
且つ、パイルの仕上げが場所によって違う。
普通の人が織ったものとは思えない、と言うと、「織物やってるの?」
やっていました。今はジュエリー職人。店に飾りたいな。
「これは、アートピースだと思うよ。ジュエリー店に飾るなら、ボシャラウィットはやめなさい。」
そうだよね…
この店主とできない英語で少し話をして、よし、ととこちらに決めたのでした。
石と同じで、やはり出会い。
意外と重くはなく、スーツケースに入れて帰る事が出来ました。

クレーはミュンヘンで学んだ期間があったドイツ人か、ドイツ系スイス?オーストリア?人だったはず。
私はミュンヘンで石を買って、今マラケシュにいる。で、ミュンヘンを経由して日本に帰る。

クレーはそんなに好きでは無いからよく知らないけど、なんとなくこのラグは運命を感じたのでした。
3kgほどのラグを抱えて、歩くのもなぁ、メディナまでは1時間半はかかるなと思い、タクシーで宿近くへ戻る。


時計は14時過ぎ。
先にチェックインを済ませ、ラグを置く。
今日から3日お世話になるリヤドの人に「荷物はこれだけ?」いいえ、取りに行ってくる、と伝える。
なんとスパも有名な、とても大人な隠れ家のようなリヤドでした。
素敵。
屋上のテラス横で手続きを。


奥にはまだテラスが広がっています。
朝食明日はここで食べよう!


今回も地上階の部屋でした。
日中は、吹き抜けから光が差し込みます。
静か。そして掃除が行き届いています。


お部屋も素敵。安心して、今朝の宿へ引き返します。

カップルの女性の方が待っていました。
「遅かったね」
・・・・ここで、カチンとスイッチが入りました。遅いだと?14時だよね。
 
私:え?遅くないよね。朝食の時は時間過ぎても誰も居なかったよね。
女:「なぜチェックアウトをするの?今日なら上階の窓のある明るい部屋に案内してあげられるし」
私:夜中にみんな出て行ったから?サイトは満室ってなってるけれどなぜ?
女:「価格も安くしてあげるから」
私:安いから予約したんじゃない。私はバックパッカーではない。安くても、暗い、お湯が出ないでは
  滞在することはできない。
女:「何かマラケシュで困ったことはない?砂漠ツアーは?
私:無いです。私はマラケシュは初めてではない。6回以上好きできているし、この宿以外困っていない。
  砂漠は以前行って、今回は行かない。
  4泊分支払うから領収書も頂戴。
女:「あのね、料金は1泊分でいいわよ。現金でお願い。領収書は出せないの。4泊分になってしまうから。
   あなたの為に、その方がいいでしょ。あと3日はキャンセルとするから。
   ・・・・その代わり、booking,comの評価にこのことを書かないで欲しいの」
あー。それか。
私:私は4泊支払ってもいい。評価は何も書かないから。
女:「いや、1泊分で、3泊はキャンセルにするわ。1泊分は、宿泊税も支払ってね。
   ごめんなさいね。また何かあったら連絡してね」

と、携帯番号を書いた宿のカードをもらった。
もう用はないと早々と、スーツケースを受け取り、50m移動。

この日もリヤドには誰もいなかった。
私と宿のカップルと、朝いたおばちゃん以外は。
あの宿、どうなるんだろう。
あの若いカップル、譲り受けたのかな。それとも、買い取った?それはないか。
まだ20代前半にも見えた。
 

気を取り直して歩き出す。


染物のエリア。


数日後、booking.comからメールが。

私が宿に現れず、4泊無断キャンセルした と宿から通達があったそうだ。
無断キャンセルの場合、場合によっては全額支払わなければならなくなる。
予約時にはカード番号を知らせる義務もある。
1泊目は泊まった。しかし情報と著しく異なること、お湯が朝夕全く出ないことなどから、
止むを得ず出ることに。残りの3泊はまたbooking.comから50m離れた〇〇に予約を入れました。
4泊分支払う事を申し出たが、1泊分(税金も支払った)でいい代わりに、評価に悪い事(事実を)書き込みを
しないで欲しいと言われた。税金を含めた1泊分を、現金で支払いました。
調べてもらえたらわかります。

とそのままメール。

後日帰国後、より詳細も連絡しました。

宿泊していないと、評価も入れられないんですよね。宿のサイトって。
レビューには、日本語ではいい事しか書いていなかった。
信用できないなと思いました。
あのカップルには、宿の経営は無理だと思う。あんなに暗かったら虫もいそうだ。
他の人が管理して、きちんとしたリヤドに変わればいいなと思います。
| admin | 放浪記 | 09:50 | comments(0) | - | pookmark |
Le Jardin Majorelle へ

おはようございます。
 

散らない桜リングのお問い合わせをありがとうございます。

遠方からの方のご依頼、メールでのお問い合わせは、順番に返信をさせていただいております。

17日までのご依頼のお客様へは、仙台でお受けするお客様同様、4月半ばお納めを目指します。

アトリエショップにてご依頼のお客様は、16日、17日ですと、アトリエにてクレジットカード決済で
ご依頼可能です。

*都内の方は16日、17日のみしか受け付けないよ、ということではありません!
メールでもお問い合わせ可能です。
フライング受注(仙台のイベント以外で確実にご依頼いただける受注)は17日まで、
16日、17日はアトリエでカード払い可能と言うことです!
書き方が分かりづらく申し訳ございません。

その後、仙台藤崎でのリミテッド後は、石の在庫がありましたら、来月の松屋銀座へ持っていきます。
よろしくお願いいたします。
詳細は、3月10日のブログにございます。
まずは、価格などもお問い合わせいただけましたら。

〜〜〜〜〜〜〜

モロッコの続き。
宿に荷物を預けた後、タクシーで向かった先は、Le Jardin Majorelle、マジョレル庭園です。
前に来た時も行っている、サンローランの愛した庭園。
お天気を見たら、私が滞在している間で、朝から雲のない青空の日は、19日月曜日だけのようだったんです。
なので、この日に行こうと決めていました。
あと、庭園からと徒歩圏内の、お気に入りのレストランは火曜日定休だったし。
マジョレル庭園は朝一が人も少なくゆっくり出来るので、タクシーを探し、行って来ました。


相変わらず掃除の行き届いた庭園。
8時半ごろに着きましたが、まだ人も少なくて、朝日と鳥の声と、葉の重なり合う音しか聞こえません。
グリーンと塗られたブルーと、空の青と


もうね、朝の宿のわちゃわちゃが、すっと消えていくと言うか。
癒されると言うか。


世界中から集められたサボテンや竹など。ヤシの木は驚くほど高く、30mもっとありそうです。


この色合わせ。



黄色と青



サボテンて大きくなるのに相当な年月がかかると言いますよね。
芽が出ていると嬉しくなります。



長いサボテンの私と同じくらいの背のところに、花が咲いていました。
え?これはサボテンの花!?
トケイソウのような花で、このサボテンのもしゃもしゃした毛のような繊維に覆われた中に。
もしかしたら、どこかから種がこの繊維に入ってしまって花が咲いたのかなと思うほど、
急に花が側面から飛び出ていて。
初めて見たのでしばらく、本当に5分以上その場で眺めていました。
欧米からの年配の女性旅行者たちも立ち止まって、初めて見た、と言っていました。


この庭園に来ると、ノートにジュエリーとか植物のイラストを描いたりします。
ベンチもいっぱいあって、ゆっくりするのにとてもいいです。
行った2月の朝9時前は、やはり寒い。
日中25度近くまで上がるのですが、朝は8度。
もう少し暖かくなったら、もっとゆったり出来そうです。

館内にカフェがありますが、まだこの時間は開いておらず。
ミュージアムやミュージアムショップは開いていました。


そして、庭園の端っこに、記念碑があります。
以前はサンローランの名前だけか刻まれていました。
今回は


サンローランとともにこの庭園を愛し買い取った、ピエールべリュジュの名前が。
彼は昨年、プロヴァンスで亡くなったのをニュースで見たから。
もう名前が刻まれているんだな。

マジョレル庭園は、1920年代に画家のジャック・マジョレルが造園。
植物収集家だったマジョレルが、この場所に世界各地から植物を取り寄せて、この庭園の元を作った。
マジョレルの没後、1980年にイヴ・サンローランとピエール・ベルジュが買い取って、今の形になった。

ここは、ファッションやアート関係の方は特にいろいろな思いもあって訪れる庭園だと思うけれど、
中に入ると、あぁまた来よう、またマラケシュに、と何となく誰もが思う庭園です。

 


また来よう、と今回も思いました。

 

庭園の近くには、おしゃれなお店やカフェなどが点在するギリーズ(新市街地)。

カフェで朝食をいただきながら、周りのお店が完全に開店となる10時半まで待ちました。
続く。

 

 

 

 

| admin | 放浪記 | 10:08 | comments(0) | - | pookmark |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
+ Twitter
+ RECOMMEND
JAPAN PRECIOUS no.84(Winter 20―ジュエリー専門誌の決定版 ブランドガイドブック 2016
JAPAN PRECIOUS no.84(Winter 20―ジュエリー専門誌の決定版 ブランドガイドブック 2016 (JUGEMレビュー »)
矢野経済研究所

Kadomiのカメオを用いた商品を掲載いただきました!
+ RECOMMEND
持ち歩ける 吉祥寺本 (エイムック 3069)
持ち歩ける 吉祥寺本 (エイムック 3069) (JUGEMレビュー »)

移転してはじめて掲載していただきました!後ろから2ページ目に小さいですが素敵に紹介していただいています!
+ RECOMMEND
東京 マイファーストジュエリーショップガイド
東京 マイファーストジュエリーショップガイド (JUGEMレビュー »)

ジュエリーショップガイドに今回もKadomi shop&factoryを紹介して頂きました!今回も知人友人がいっぱい紹介されています!
+ RECOMMEND
東京ジュエリーショップガイド―自分で選ぶ自分のための“for me”ジュエリー (αLaVieガイドブックシリーズ)
東京ジュエリーショップガイド―自分で選ぶ自分のための“for me”ジュエリー (αLaVieガイドブックシリーズ) (JUGEMレビュー »)

はじめの方のページにカメオの作品、オーダーリフォームのカテゴリーでKadomiを紹介していただきました!
+ RECOMMEND
KIMONO姫 10全部買えます編 (祥伝社ムック)
KIMONO姫 10全部買えます編 (祥伝社ムック) (JUGEMレビュー »)

P,15にKadomi 和ジュエリーかろん の帯留めとかんざしが掲載されました。
+ RECOMMEND
InRed特別編集 大人女子の浴衣 (e-MOOK)
InRed特別編集 大人女子の浴衣 (e-MOOK) (JUGEMレビュー »)

お問い合わせをいただいたのでこちらで紹介。17ページでイラストレーターのハセガワ・アヤさんが身につけている帯留めは「かろん」のタツノオトシゴの帯留めです。サイトからお問い合わせいただけます。
+ RECOMMEND
GMプレミアムジュエリー 2010S/A (HINODE MOOK 50)
GMプレミアムジュエリー 2010S/A (HINODE MOOK 50) (JUGEMレビュー »)

「33組の日本人クリエーター」に掲載していただきました!そして、掲載されている人たち、知り合いがいっぱい!
+ RECOMMEND
お誂え手帖 ふだん使いのかわいいもの編
お誂え手帖 ふだん使いのかわいいもの編 (JUGEMレビュー »)
花島 ゆき
62ページから71ページまで、デザビレの中での制作風景や諸々を取材、掲載して頂きました!他にも素敵なお誂えをお願い出来る作家さんの作品や工房も興味深いです!!
+ RECOMMEND
ART BOX vol.2 JEWELRY (ART BOX MOOK SERIES) (ARTBOX)
ART BOX vol.2 JEWELRY (ART BOX MOOK SERIES) (ARTBOX) (JUGEMレビュー »)

2ページにわたり、カメオやレリーフを使用した作品を掲載していただいています。
+ RECOMMEND
アンティーク着物スタイルブック
アンティーク着物スタイルブック (JUGEMレビュー »)
大野 らふ
いくつものコーディネートの中に、そして帯留めの紹介もして頂きました!Ponia-ponの店主らふさんのコーディネートは、着物も帯留めもとても勉強になります。
+ RECOMMEND
現代日本のクラフト〈vol.2〉 (ART BOX IN JAPAN)
現代日本のクラフト〈vol.2〉 (ART BOX IN JAPAN) (JUGEMレビュー »)

11月23日発売のこの書籍のP130、p131の2ページに渡って掲載していただいています!
+ RECOMMEND
ダイヤモンド・ナビ Vol.4 (4)
ダイヤモンド・ナビ Vol.4 (4) (JUGEMレビュー »)

この本の見開きと、中のなんと2ページに、作品を紹介していただきました!
ブロの写真とブロの文章で、とても素敵にしていただいています。是非手に取ってご覧下さい!!
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE