作家のひとりごと

ジュエリー Kadomi 内藤圭美のブログです。
バイカラートルマリンでオーダーメイドSVリング

おはようございます。


5月が終わる。。。明日から6月ではないですか。

早い。困る。

まだ衣替えも半分しかしていません。
 

 

今日ご紹介するのは、バイカラートルマリンでお受けしたオーダーメイドリングです。


少し話がそれますが、石って不思議だなと思います。

私は石の効力とかパワーとか、ヒーラー系のお話はあまり興味が無いのですが

それでも不思議だなと思う事が時々あります。

それは、例えば今回のリングもです。


今回のリング。バイカラートルマリンですが実は、昨年末にお取引先様がリングをご注文したいという事で

キープをされていた石でした。

キープをされていた数はこの石の他にもう1石。両方ともリングにしたいと。
インドで仕入れをして来て比較的早い段階でしたので、両石ともお客様にお選び頂けるバイカラー石の
ケースからはさげていました。
それが、今年の2月頃にキャンセルとなりました。こういう事も珍しいのです。
丁度ドイツに買い付けに行く前後だったかな?
そのまま、3月のイベントに突入。そこで、お客様がその2石とも気に入られました。
お取引先がやむを得ず手放された石をそのまま、そのお客様が気に入られた。
何となく、まるで石が自らそのお客様のところへ行くのだ、と決めていたようでした。
そういう事って時々あるんですよね。
多分お客様が既に決まっていて、その方へ納める為に、石が私を使ってその方へ運ばれるんだと
そう思う事があるのです。

そういう石ならば、セミオーダーではなく、オーダーメイドでお受けしようと思ったのでした。
1つ目の石でのデザインは即決まり、既にお納め済みです。
そして2つ目のリングを5月末にお納め致しました。
 

こちらです。
中心石は、ピンクとグリーンのバイカラーです。
ピンクが両端に見えています。真ん中がグリーン。
この石を中心に、葉っぱで石枠を支えるデザインで決まりました。
葉っぱにはミル打ちと葉の中心には石をというご希望。
真ん中の石を引き立てるには、あまり強い色や大きな石は避けたい所です。
SV925の枠なので、特に。
 

トルマリンの中から1色、ピンクか、グリーンもいいのでは。
イエローやオレンジだと色が散漫なイメージです。
土台がイエローゴールド系の色なら有りだったかもしれません。

ピンクだと甘くなります。
グリーンだともしかしたら季節を選ぶかもしれない。
無色透明のダイヤは無難。
そして、もう1つご提案したのは、ブラウンダイヤ。
グリーンとピンクの混ざり合うような。そんなブラウンカラーのダイヤを。
お客様が選ばれたのは、ブラウンダイヤでした。
大正解だったと思います♪
 

指にするとこんな感じです。
ロジウムメッキもかけて、無事お納めとなりました。
気に入って頂けて良かったです!


先週はお納めが多かった週でした。
左上のみ弊社のリング(バイカラーサファイア)ですが、その他3点はお客様の元へ。
それぞれの方のところへ行く前に、記念撮影。
どのアイテムも、いいなぁと思って眺めています。
それぞれのお客様の希望も入れたセミオーダーとオーダーメイドのアイテム達。
またコツコツと制作していきます。
| admin | オーダーメイドジュエリー | 09:29 | comments(0) | - | pookmark |
バイカラーサファイア(3カラー)のピンキーリング

おはようございます。

晴れそうな、晴れて!と願う朝です。
 

本日は土曜日。アトリエショップは12時〜19時の平常営業です。


昨日は雨の中静かなアトリエショップ営業日となりました。

時代ですねぇ。静かな店内インスタのDMが鳴りっぱなし。

お客様からのお問い合わせだけならとても幸せなのですが、以前購入したインド人の

石屋さんから、ワッツアップ(ラインの方が日本人には有名ですが同じようなアプリ)であまり

やり取りをしない私に、頻繁に更新しているSNS経由で沢山の石の画像が届きます。

昨日はラブラドライトだけで35枚の画像が…。

 

最初の10枚で、「綺麗ですね!でも、私が探していたのは前にも言ったけれどブルーじゃないよ。

ブルーなら去年沢山買ったからもう買わない」と返信したら、2時間程止まり、その後また画像が。

「今は必要ないから画像は送って来ないで下さいありがとう」と送っても来る。

これは、多くのインド人の方が皆さんそうなのですが、商売気質&本当に良かれと思って送ってくれている。

本当に有り難いのですが、ラインやSNSのメッセージ到着の度に音が鳴ったり、ジ=、とお知らせ音が

する度制作の邪魔になるので、昨日、もう全ての到着音をOffにしました。

静かだー。
しばらくして見ると、更に画像が山…。そして今度はお客様からのDMにすぐに気づかないという。

便利が不便利。どうしましょう…。
 

〜〜〜〜

 


今日は、先日お納めとなりました、セミオーダーのリングのご紹介です。

 

4月の頭に甲府で買い付けて来たバイカラーサファイア。

その中で、3カラーのサファイアがありました。

他のサファイアと色味が全く異なりました。

石屋さんに聞くと、非処理石。つまり非加熱のサファイアです。

個性的でとても惹かれました。


…もし、どなたもこの石を予約されなかったら、自分のリングにしてしまおうかな…

そんな風に考えた程。

でも、ここ2年は石を仕入れる際、「どなたも予約をされなかったら自分のリングやペンダントに」

と思う石しか仕入れなくなった。

あ、これは多分買っておいた方が良いな というカテゴリーの石をやめておくようになった。

欲しい。むしろ私が欲しい。だって。この石だよ?という石の中でも、

「あ”=。助けて。これは私の…」と思った、そんなサファイアでした。
 


赤、そしてブルー。間に淡い赤やクリアなホワイトサファイアも見えました。
こちらのリングは、セミオーダーでピンキーとなりました!
やっぱり、私は作り手ですし、この石の希少性も知っているので、この石はジュエリー初心者の方ではなく
ある程度、ジュエリーや石を知っているお客様の所に行って欲しいなと思っていたのです。
お選び頂いた方は、まさに、あぁこの方の所へ選ばれていく為に私は仕入れたんだなぁと。
そう思った方でした。良かった、と嬉しい気持ちで加工をさせていただきました。

ピンキーリングでマイナス1号というサイズでした。初めてのサイズでした。
最近、2号、1号、0号とご注文いただくピンキーの号数がどんどん小さくなっていきます。
2,5号以下は、サイズ棒に入れての採寸が難しくなり、2号以下はサイズ棒では不可。
ですので、2号より小さいサイズは、サイズ出しが難しくなります。
内側に入れる刻印も、刻印自体に細工をしないと打ちづらくなります。
なので、2号以下だと少し工賃を上げるブランドが多いかもしれません。
独自にサイズ棒を制作して今後対応する方がいいのかな。
制作する際は、既にピンキーをお持ちのお客様の場合は、リングをお借りしてサイズ感などを
見る事もあります。
 
*小指は、関節でリングが止まる方が少ない指なので、指の付け根にリングをぎゅっと押し込むような形で
つけて頂くのが安心です。


形状は、弊社のマリッジリング Primavera の幅広タイプに石枠が乗るデザイン。
重ね付けも出来るデザインです。
リングはK18YG。石枠はK18WG。
以前お納めさせて頂いたリングの彫りとは変えて、彫り入れて行きました。
 
インスタで動画をアップしたものです。↑
水曜日。お納め前に、スマホで撮影していました。
とても小さなサイズで、リングボルダーに入れて撮影出来ないし、お花も買っていないし…。

私の小指に入れて撮影していると、リスの置物が目に入ったので…


乗せてみました!


おお!乗った!王冠のようです!
このサファイア、やっぱり魅力的な石です。
石って本当に不思議。

インスタで沢山のお問い合わせを頂いております。
ありがとうございます。
コメント欄に価格についてのコメントを頂いておりました。
私は、基本、SNSには価格は載せません。1点物や、特にセミオーダー、オーダーメイドに関しては。
何だろう、私が制作をしているのは、アクセサリーというより貴金属。ジュエリーです。
既に売却済みとなった1点物の商品やオーダー、セミオーダーの価格というのは、とてもプライベートな
公表する必要の無いものなのかなと思っています。
ご自分へのプレゼント、大切な方へのプレゼント。励みにしたり、お守りになったり。
商品からその方の元へ渡った時点で。私の物ではなくその方の物になります。
だから、価格も他の方へはお知らせ致しません。
 
UNICOシリーズなどはサイトに価格の掲載のあるものもありますが、基本は1点物も伏せています。
(だからサイトの更新が止まってしまうんですよね…すみません。)
セミオーダ−などご検討中の方は、DMやメールでお問い合わせいただけましたら、
例えば5万円+石代ですよ!など詳細もお知らせしています♪
ご相談にも出来る限り丁寧に乗ります。
一手間とらせてしまいますが、DM(ダイレクトメッセージ機能)やもちろん info@kadomi.com に
お問い合わせいただけましたら。
宜しくお願い致します。
| admin | オーダーメイドジュエリー | 09:57 | comments(0) | - | pookmark |
ボルダーオパールのペンダント

☆カテゴリーをオーダーメイドにしていますが、セミオーダーになります。


おはようございます。

今週はセミオーダーのお納めが幾つかあったので、ブログも頻繁に更新です♪


そうだ、セミオーダーについてです。


最近、インスタなどでリメイクのご相談をいくつも頂きます。

ありがとうございます。

Kadomiを初めて知る方もいらっしゃると思うので、オーダー、セミオーダーについて

時々ブログにもあげて行こうと思います。


今日ご紹介するのは、きっと通常は「オーダーメイド」に入るのだと思います。

 

幾度かブログでもその他の場所でも触れていますが、Kadomiではフルオーダーメイドに関しては、

顧客様とご紹介の方からのみ制作をお受けしています。

 

あくまでKadomiは少量生産や1点もの制作をメインとしているブランドです。

ご新規のお客様からは、マリッジ、エンゲージ、フィレンツェスタイルジュエリー(stile fiorentino)

以外のオーダーメイドをお受けしていません。


今回のオーダーは、お客様が持ち込まれたボルダーオパールに枠をつけるという物でした。

デザインは、今期Kadomiで出しているバイカラートルマリンのペンダントの雰囲気で!
オパールは、私自身も取引があり、品質もとても信頼している会社のものでした。
彼女のセレクトで選んだオパールなら、爪留めしても問題は無い。
きっと素敵になるだろうな…
 
よし!デザインは決まっているのだから、セミオーダーとしてお受けしよう!となりました。


完成図はこちらです。
ボルダーオパールは珍しい四角いカットでした。
以前このオパール屋さんでこういうカットの石を幾つか見せていただいた事はあったんです。
ピアスかな…とその時は思ったのですが、こうやって横向きのペンダントにすると凄く素敵!
枠はK18WG。チェーンはK18YGです。


色々な角度から。
今回覆輪留めではなく、4隅に爪を立てまして、爪で留めています。
出来る限りオパールを大きく見せられるように、そして枠をギリギリまで彫り入れてから最後にオパールを
セットする事ができるので、彫り感も活きるのです。


着用図はこんな感じです。(この後きちんと洗浄して検品もしています)
チェーンは38cm。トップを入れて40cm弱になるようにしています。
丁度首の付け根のくぼみあたりにオパールが来るような感じでしょうか。

「オパールは沢山の色が入っているから、他に身につけるアイテムは何色とも合わせやすい」と、お客様。
その日にされていたルビーのリングとも合う!と話されていました。
トップはホワイトゴールド、チェーンをイエローゴールドなど地金をコンビにする事でも
他のアイテムと ぐん と合わせやすくなるのです。

気に入って頂けて良かったです!
とてもお似合いでした。
ありがとうございました。


こちらは、制作途中にチェーンを選ぶ際の画像です。
お客様にお送りした物ですが、これからご注文頂く際の参考になりましたら。
 
チェーンは3種類ともイエローゴールドで、弊社でバイカラーシリーズ、そして
今回のセミオーダーで使用しているのは右端です。
真ん中は右端と同じ形状ですが細め、左端は一般的なアズキと呼ばれるチェーンです。
(正式にはカットアズキ)
最近、とても細いチェーンに大きなトップがついている商品、巷に多いな…と私は思っています。
切れて落ちないんだろうか、と。
重要なのは美しさとやはり強度。バランスです。

今回、トップは石を留めて2グラムをゆうに超えます。
そこで、チェーン屋さんに意見を頂きました所、強度の面からのおすすめは両端2本です。

左端のカットアズキはチェーンは細めですが、輪の連続の目が詰まっていますので、1番強度があります。
そして身に着けた時、一番目立ちます。

真ん中は繊細で美しいですが、ペンダントをつけたまま洋服を脱いだり着たり(試着室など)の際は

気をつけていただきたい所ですね、とチェーン屋さん。

 

今回のペンダントトップのデザインですと、自然にトップに目が行く控えめなチェーンがおすすめと言う事で
右側のチェーンとなりました。


チェーンを選ぶ際、デザイン画、加工途中のトップも石も持って行き、必ずチェーン屋さんのプロの意見を

伺うようにしています。
シルバーのチェーン屋さんも、金やプラチナのチェーン屋さんも。

強度や価格やバランスでお話ししながら候補を3つくらいに絞り、そこからデザインで最後の1本に
決めて行くようにしています。

オーダの場合は、プロの意見から候補を数本に絞った後、今回のように画像をお送りして決めて頂く事も!
一緒に制作をして行く感じです。
| admin | オーダーメイドジュエリー | 10:13 | comments(0) | - | pookmark |
クッションカットのエンゲージメントリング

おはようございます。

今日は朝からiPhoneの機種変更へ行こうか迷っています。

カメラは未だピントは合わずです。

もちろん動画もピントが合いません。

たまに、たまに普段の操作でも誤作動を起こすようになりました。

でも、それ以外は動く。

デジカメとの2台使いも慣れてきました。

このまま、行けるんではないかと。

でも。

と迷い中。

動くのにな、まだカメラ以外の機能は、たまに再起動とかしないとならないのですが、

再起動したら不具合も戻ったりする。でも仕事では不便。

あ、そうだ、不便だ。

と今ブログを打っていて、「不便」だと打って気づきました。

仕事で使っているんだった。

今日午前中、行こうと思います。機種変更に。

 


〜〜〜〜〜

 


今日ご紹介するのは、先週末にお納めとなりました、マリッジとエンゲージメントリングです。


 

この2つの画像は、インスタグラムにもアップしていた物です。
マリッジリングは弊社のPrimaveraに表面にも彫りが入っている物です。
そして、エンゲージメントは、フルオーダーメイド。

丸みを帯びた四角のクッションカットのダイヤは0,5ctアップです。
お客様がイメージされていたお好きなデザインはティファニーの「レガシー」というリングでした。
一人で行く勇気が無くて(?)後輩と一緒に私もティファニーへ見に行きました。
ティファニーはデザインも本当に素敵ですし、石も綺麗。そして、なんて言うんでしょうか。
完全に「完成されている」のです。

そのまま制作をするとコピー商品になってしまう。
クッションカットの石の周りにはメレー。横から見たデザインをレガシーと同じ雰囲気にすると、
オリジナリティーを出せるのは横から見た腕の部分のみ。それも、本当に本当に小さな面積。
そこにどうオリジナリティーを入れて行くのか、完成されたデザインのバランスを壊さないで行けるのか。
お選び頂いたクッションカットのダイヤをメインに、デザインを改めて起こして行きながら、
新婦様とご相談をしつつ進めて行きました。
 

こちらは側面のダイヤを留めて彫りを入れている所です。
装飾の始まる所は約2ミリ角の四角に。そこに3面にダイヤを入れる事にしました。
あとは、彫りを入れたりミル打ちを増やしたり。


腕の側面です。
息を止めて石を留めるのは久しぶり。
1ミリ以下のダイヤを彫り留める時はアトリエショップは閉めている日でラジオも消します。


その、側面の完成図です。2ミリの四角の上に2つの枝(彫りのみ)と間に葉っぱ、ひし形の中にダイヤを。
周りにはミル打ち。


メインの石枠には少し大きなミル打ちに。そのまま側面に彫り模様を繋げました。
プラチナの白とダイヤの白。綺麗です!
 

人差し指に入れてミル打ちが引っかからないかを調べます。指にするとこんな雰囲気です。


マリッジとエンゲージメント。新郎様はご自身のお好きなブランドでリングをお求めされたそうです!
最近は、お仕事柄新郎様がリングを身につけられない、はたまた逆もあったりで、
新郎様のリングのみ、新婦様のリングのみのご注文も多いのです。


週末、無事お納めとなりました。
喜んで頂けて、ホッとしました。
お渡しする時いつも思います。新婦様って、本当に綺麗。

実は今回リングを制作させて頂いたお客様の、妹様のエンゲージメントも、私は手がけさせて頂いているのです。
それも、御徒町に2010年に店舗を構える前です!
カフェなどで打ち合わせをさせて頂いたのを覚えています。

先週末は妹様もお母様とお子さんと一緒にお立ち寄り下さいました。
ご姉妹の大事なリングを手がけさせて頂き、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
ご結婚おめでとうございます!
ありがとうございました。
| admin | オーダーメイドジュエリー | 09:04 | comments(0) | - | pookmark |
ビタミン剤(?)を持ったリスのリング

おはようございます。

今日もぐんと暖かくなったら良いな!
 

金曜日です。本日もアトリエショップ営業日です。

13時〜20時までとなります。
宜しくお願い致します。


先日井の頭公園の桜を見に行ってきました!
水曜日の事です。
早く出社して制作をして、お昼にランチをかねて外でお弁当を食べよう、なんて思って。
しかしながらベンチは埋まっていましたし、まだまだ宴会も行われていました!
前日の雨や風でも耐えていてくれた井の頭公園の桜。
今年も満開を見逃しているのですが、池の周りを1周歩いて桜を眺めて、画像を沢山撮ったのです。
ですが、この画像もなのですが、まったくピントが合っていないのです。
 
実は月曜日の夜あたりから、iPhoneのカメラのピントが合いづらいなと思っていました。
たまたまダイヤモンドを撮っていた事もあり、あぁダイヤの照り返しが強いからか…と
あまり深くは考えていませんでした。
火曜日の夜、商品撮影の時、んー、なんだろう、このピントの合う遅い感じは。と、
再起動したりアプリを減らしたりしていました。
しかしながら、水曜日、接写だけでなく景色の画像さえピントが合わない?と。
 


いいお天気!な画像ですが、やっぱりピントが合わないのです。


桜の絨毯と桜吹雪!でも、やっぱり画像がボケているなぁ。
で、事務所に戻り、納品前の完成した商品画像を撮ってと思った時、完全にカメラがだめになってしまった
のでした。ぼんやりリングが映るだけの、モヤがかかったような画像。

デジカメは家、しかもiPhoneで事足りていたのでここ2年程充電もしていない。
石屋さんやお客様で、今現在、画像のやり取りをしながら進めさせて頂いていた方は5名程。
丁度イベント時の納品前という事もあり。
まままま、まずい。。。
 
iPhone6プラスだとカメラ不具合がある機種があり、対象商品の場合はカメラ部分を取り替えて
貰えるとサイトで見た。
でも私のは対象外。不具合はカメラだけ。内容は対象商品とまるで同じだ。
カメラだけなんだけれど仕事に急に出る支障。
 
急いでネットで調べて、Appleに電話して、翌日銀座で予約を試みると14時45分が最短。
「朝一並んで頂ければ即対応可能です」
と教えて頂き、昨日朝9時半から銀座Apple前に1番に並び、10時開店と同時に相談出来ました。
結局、診断をして頂くと、
「明らかにカメラのピントがおかしくて異常と目視で判る」のですが、
「それでも繋いで診断すると、カメラ本体に問題は見つからないと出てしまう」そうで、
「多分、内蔵されている撮影後の画像を再現する機能の内部の方に損傷」と思われるそうで、
「初期化した後その部分をインストールし直す作業に15分、3万円」かかると。
初期化かぁ。やだな…。まだ色々入れ直す作業は機種変更と同じではないか…3万円もかかって…。
「それなら、機種変更をした方がいいですよ。auのサポート期間内にあるので○○、…」と詳しく詳しく
教えて頂きました。
とても親切。
 
週明けまでは、引っ張り出したデジカメを使う事に。
デジカメで撮った画像をiPhoneに飛ばして、その後石屋さんにラインしたりとか。
やりとりに1段階増えた感じです。
そこで再確認。
やっぱり、デジカメの画像は綺麗ですねぇ。
接写のピントも問題ないし。
ということで、今、画像でのやり取りが前程スムーズではありません。
週明け機種変更をして、慣れるまで、1週間くらいは今までのようにチャットのようには行かないと思います。
返信に少し時差がありますが、ご了承いただけますと有り難いです。

〜〜〜〜〜〜
今のiPhoneで最後に撮影をしたのは、先日納品をさせて頂いたリスリングのセミオーダー。


今よく見ると、やっぱり細かいデティールにまったくピントが合っていないですね。
お納め前、月曜日の午後に撮影していました。
 
こちら、弊社のリスリングに、オーバルのカボッションカットのバイカラーを持たせたい!という
ものでした。
通常は、5mm〜6mm弱の円形の石を留めています。
石枠の部分だけ、石に合うように制作をし直しまして、まるでビタミン剤のカプセルを抱えているような
リスリングに!
仕事が忙しくて疲れている時や、ちょっと元気が無い時。そんな時にも、元気をくれそうなリングに
なったでしょうか。
気に入って頂けて良かったです。
ありがとうございました。
| admin | オーダーメイドジュエリー | 09:02 | comments(0) | - | pookmark |
ハートの翡翠のピンキーリング

おはようございます。

昨晩中にブログをアップしようと思っていたのですが朝になりました。

本日は14時〜20時までアトリエショップ営業日です。

昨日は突然の雨と雷に驚きました。
外まわりを終え吉祥寺に戻ると、雷が鳴りつつ雨が降り始めたところ。
小走りで事務所に戻りつつ春だな、と思いました。
イベント中にお受けしたサイズ直しやカスタムオーダーはそれぞれ進めております。
来週中、遅くとも再来週の頭には全ての方のものが終えられそうです。
今日ご紹介するのは、2月のドイツ買い付け前にお納めさせて頂いた
ハート形の翡翠を用いたピンキーリングです。
 

昨日インスタにもアップしていたこちら。
淡いアップルグリーンのようなさわやか色、そして横にふっくらとしたハートで且つカボッションカット
の翡翠を見つけたのは日本の石屋さんでした。
ちょっと価格もお高めな翡翠でしたが、一目惚れし迷わず買い付けたのは2、3年前だったと思います。
翡翠でこのようなカボッションカットのハートは珍しく、いつか自分のリングにしてしまおうかな!と
密かに企んでいた程気に入っていた石でした。
 
お客様とのお話がとても楽しく、ジュエリー話に花が咲き、グリーン系の石の話に。
ハート形は大きさのあるクリソプレイズも持っていて、両方をお客様にご覧頂くと
「これでピンキーがいいな!」と翡翠に決定。
どんなピンキーになるのか、お客様のアイデアを盛り込んで形にしていきました。
 

カボッションカットは覆輪で囲む。ふっくらとしたハートはよりふっくらと。
サイケデリックなハートのようなイメージ。
腕(K18YGの場所)はハートの中心より少し上位置に。
重ね付けなどを考慮されてのアイデア。さすがジュエリー上級者です!
そうか、ピンキーも重ね付けする場合は、その方が確かにいいな。


K18WGの石枠には、お客様からお預かりしたダイヤモンドを4石。
上に左右に1石ずつ留めています。
そして彫りを全体にしっかりと入れる!


2号という細いサイズを指にすると私だとこんな位置に!
大人になると、グリーンが気になるのは何故なんでしょう。
翡翠、素敵ですよね!今年はピアスやリング、翡翠は色々出して行く予定です。
翡翠やエメラルドは一生お付き合いして行ける宝飾品だと思います。
あとパールも!パールも今年は色々準備中です。


お客様から届いた画像をこちらにも。
ほっそり美しい指!そしてハートの翡翠。
キラキラしてハートの周りにメレーダイヤが1周しているようにも見えますが、これは彫りのみです。
喜んでいただけて良かったです!
また、翡翠を探そう。またこんな形の翡翠が見つかったらいいな、と思いつつ。

明日は甲府出張。甲府ジュエリーフェアでどんな石に出会えるかな?
楽しみであります。
| admin | オーダーメイドジュエリー | 09:21 | comments(0) | - | pookmark |
優しいアクアマリンのペンダントトップ

旅日記を始める前に、出発前にお納めをしていたオーダーメイドや完成していた

アイテムのご紹介をしていきます。


まずは昨日もアップしていた今週末の営業についてです。


2月24日(金)13:00~20:00  平常通り
   25日(土)12:00~19:00  平常通り
     26日(日)13:00~19:00  日曜日も営業します。


3月はイベント搬入準備の為、3日金曜日の営業後、4日土曜日は店頭に商品が半分無い状態となります。
ですので4日は、オーダーメイドなど事前のご予約のお客様のみとなります。
そんな事もあって、次の日曜日は開ける事にしました。

週末、吉祥寺にいらっしゃる予定のある方は、お立ち寄り頂けましたら幸いです。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜
お客様から石をお預かりし、ペンダントトップを作成しました。
今後、弊社でオーダーメイドをされる方の参考になれば良いなと思いましたので、
石の事についても触れたいと思います。

石には、ダイヤや貴石で特級品ではない限り、目に見える、見えないも含め通常『内包物』
というものがあります。インクルージョンとよばれるものです。
それはその石の個性となります。
ガーデンクォーツやルチルクォーツも内包物。
石を購入する際、ルーペなどで拡大をしてみて、とても気をつける事があります。
それは、表面に傷がある石です。

石屋さんや業者さんの運搬時についたような表面のみの小傷は、研磨をする事で小傷を取り除く
事が出来るので大丈夫なのですが(改めて行う研磨の価格と石の価格で決めます)
取りきれない深い傷だったり、内包物の入り方が外にまで影響し、表面に傷のようになって居る石は
いつかそこから割れてしまう可能性がある石。
そういう石は、どんなに気に入っても、お客様に商品としてお渡しする上で、残念ながら諦めなければ
ならない石となります。
あと、カンのある石。
カンとは漢字で書くと『貫』。焼き物をされている方も同じ言葉を使用される事を最近聞きました。
石では主に、乾燥などで表面に入ってくる線のある石です。
石は乾燥や気温差でいきなり「ピシッ」と割れる事があります。
そういうものは、残念ながら最初に見抜く事が難しかったりします。
せめて、製品にする前にその信号を出している石を省く。
石として眺めるには魅力があるので、製品としてではなく、コレクションされる方には
人気がある石だと思います。
 
今回、お客様からお預かりした石は、大切にされていたアクアマリン。
ミルキーのアクアマリンというより、ベリルですね。
ミネラルショウなどで購入をされた石のようです。
そして、内包物、カンとも大きくあるものでした。


最初、石を拝見した時、これはシンプルに4本爪で留めたり、逆に
覆輪留めなどで石に負荷をかけたら、ちょと怖いなと思いました。
お客様は本当は石座の裏に透かしを入れたかったようですが、透かしを断固反対しました。
基本、そうじゃない方がいいのになぁと思っても、オーダーの場合は「断固反対」は
しないのですが、何故強く反対をしたかというと、こちらの石は、透かすと色がグレー寄りになり、
且つこの石のカンと内包物がよりハッキリと見えるのです。
見える事で魅力の増す石もありますが、こちらはそうではなかった。
それより、石を優しく包むような枠にして、枠の内側をある程度光らせ、また部分的に
加工をする事で表から光を取り込み色を濃く出し、内包物を見えづらくする
目くらませをした方がいいと思ったから。
石重視なのか、枠重視なのか。そこもお客様に決めて頂きました。
石重視であれば、この石を最大限活かす。
枠重視ならば、この石を使用しない。
 
あ、でも最近、絶対にやめた方が良いと思う事、あともう1名の方にも言ったな…。
本当はあまり言わないのです。でも石が魅力的に見えないのが明らかな場合は
理由も全てお伝えします。

お客様のご希望は、「蓮の花」地金も当初は銀や真鍮でお考えでしたが、最終的にK10に。
K10で正解だったと思います!K10の淡いイエロー色は、この石を最大限に引き立てていると思います!
石の向きも逆だと内包物が目立ってしまう。この向きでのセット以外は不可能でした。
 
蓮のレルーフで石を支えるポケットを作り、その下に石のカンをうまく隠す事が出来た。
1カ所斜めに大きく入る線。こちらは真ん中にかかり隠す事は出来ませんでしたが、
石の雰囲気を悪く見せる物ではないので、そのまま。
 

思い出のある石や、プレゼントをされた石。
そういう石はやはり身に着けたいと思いますよね。
石の種類が確定していて、もしくは簡易鑑別に出させて頂き、その後、カンや内包物を見て
「加工中に破損する危険が無いと、私個人が判断出来た石」で
「お客様が通常身につける上で、落下などに注意していただければ問題ないだろう」と思えた石は
可能な限りお受けしたいと思っています。(顧客様のみです)

それは、割れた陶器やローマングラスなどでも同じです。
他で断られてしまってね…と言う方も多いです。


ペンダントの後ろは本人だけが判る楽しみ。
K10で重さが出ないように0,7mmの厚みにしてあるので、彫りも実はかなり浅く彫っています。
表面の表情や光らせ方を変える事で出来るだけ立体感を。


インスタグラムでは動画もアップしています。
旅に出る前のものですが
動きがあり完成が見えると思います。
完成して、ホッとしたオーダーメイドでした。
仕上がりはとても好きです!

お客様ご自身で、ネットやミネラルショウなどで石を購入される方も増えて来ました。
石を目の前にすると、やはり色や形でテンションが上がってしまい、細かいチェックを
忘れてしまうのは私たちプロにもある事です。
石屋さんにだってある事。だから、石屋さんもそういうルースも扱っている。
宝飾系の石屋さんであれば、その石の難も表記していますが、鉱物として石を楽しむ石屋さんでは
表記はありません。
見て楽しむものならば問題ない事でも、身につけるアイテムとして不可な場合もあると言う事だけ
ミネラルショウなどに行く際は心の片隅に!
それでも心惹かれて手にした石を、何かアイテムにという場合は、お声がけいただければと思います。
*マリッジ及びエンゲージ、フィレンツェスタイルは、ご新規の方もオーダーメイドをお受けしておりますが
 それ以外のオーダーメイドに関しましては、顧客様からのみとなります。
 
| admin | オーダーメイドジュエリー | 11:10 | comments(2) | - | pookmark |
バイカラートルマリンでオーダーメイドリング
おはようございます。
 
今日はDM撮影のため事務所に詰めています。
花を使って撮影するのですが、春は特にお花屋さんが楽しいです。
京都伊勢丹でのDMにしようかなと思っているのです。
その後大阪でギフトショウのクリエーターマルシェスペースに出展をするのでその時にも配れたらいいな。
そうだ、大阪のギフトショウ、私が出るのは小さい小さいスペースですが、販売が可能なスペースです。
ギフトショウ自体は招待状が無いと入れない、一般の方の入場が制限されている展示会ですが、
私が出る場所は、バイヤーさんや来場者の方が購入もして頂けるのです。
カードリーダーも持って行きますので、カードでのお支払い(分割はご利用いただけないのです)
も可能です。
もし、招待状を希望される方は、info@kadomi.comにご連絡下さい。
京都伊勢丹のDMとともに発送致します。
そして、来週、アトリエショップはお休みをいただきます。
次回の営業日は24日金曜日です。

〜〜〜〜〜
 
今日ご紹介するのは、昨日お客様にお納めが完了したばかりのリングです。


昨日インスタにもアップしていたこちらです。
こちらのリング、実は、昨年末こんな雰囲気でリングにする予定を立てていました。
弊社のバイカラーシリーズとして。
インドで仕入れたバイカラーより、ちょっと高級なバイカラートルマリン。
バイカラーシリーズとして出す場合は、ちょっと高級ライン、画像で腕がK18ピンクの所を
イエローにしようかなと考えていました。
 

こちらの石。
バイカラーのはっきりとしたそれぞれの色み。ピンクとグリーン、オーラソーマのボトルのように
ハッキリと色が別れています。そして配色のバランスが素敵!!
オリーブカラーではないフォレストグリーンがなんとも印象的な石でした。
購入はもう4年ほど前でしょうか。
バイカラーの石を集めるきっかけになった大好きな石でした。
 
年末、お客様から「バイカラーでのオーダーメイド」のお問い合わせを頂き、その中でご提案をさせて頂くと
お客様もこちらの石がいい!と。デザインもほぼそのままで!
石枠は弊社のイラストにあったのと同じK18ホワイトに。腕はバイカラーのピンクを取ってK18ピンクに。
彫りはガッツリと入れるけれども、お着物を着られる方ですので、引っかかり着物を傷つけないように
出来る限り彫った後を滑らかに、石枠は爪はやめ覆輪に。
 

石は厚みがあるものでしたが、ギリギリまで下げて加工をして行きました。
どこから見ても彫りがギッシリ。


石枠を支える装飾はハートが2つ並んだ雰囲気で。中には綺麗なメレーダイヤを留めました。


とても指のほっそりとされている方でしたので、私がするともうここで止まってしまいます。
春が待ち遠しい色合わせ。
腕はK18ピンクで大正解です!優しい色になったと思います。


弊社の照明の下、オレンジ色の照明の下ですと、より石の色の濃さや魅力が!
気に入って頂けて私も嬉しかったです。
| admin | オーダーメイドジュエリー | 10:43 | comments(0) | - | pookmark |
アクアマリンのオーダーメイドリング

おはようございます。
 

本日は火曜日。アトリエショップは14時〜20時までとなります。

もう1月の最終日ですね。

日々があっという間に過ぎて行きます。

 


2月に入りますと、第3週の火曜、金曜、土曜。そして21日火曜日までアトリエショップはお休み

になります。そして3月はイベントで京都と銀座へ行きます。

明日以降詳細をこちらのブログとサイトにアップ致します。
宜しくお願い致します。
今日は、先日お納め致しましたアクアマリンのリングのご紹介です。


昨年アップした弊社のストックの石の画像の一部です。
この中でもひと際大きなスカイブルーのこちらのアクアマリン。
昨年インドで仕入れてきた石をリングにしました。
インドでの仕入れの際、手に乗せてアップしていた画像をご覧になり、その場でほぼ即決されていたお客様。
アップして1時間程でご連絡を頂いたので、まだ選んでいた仕入れ先にも
「お客様からもうお問い合わせを頂いたよ!」と伝えると、おお!ととても喜んでいました。

ここまでの大きさの石をUNICOリング風に仕上げるのは初めてです。
お客様が「こんな雰囲気がいいな」と言われたリングは、この石をさらにうんと大きく囲う
デザイン。重さが心配。でもお客様は大丈夫、と。


つぶつぶで覆うデザインの粒の中にもアクアマリン。
側面にはK18枠で上からグリーンベリル、そしてエメラルド2種。
当初は全て青系でとご希望されて進めていたのですが、メインのアクアマリンに黄色系の
インクルージョンが沢山入っているため、向きによってグリーン寄りのブルーに見える事が判り。
リングを仕上げてから側面の石を選んで行きました。
エメラルドとグリーンベリルはなんとアクアマリンと同じ仲間。全てベリルです。
なので、色の相性もとても良さそうです。


このリングを見て、同業者の方や作られる方は多分、みなさんワックスで粒もつけたと思うでしょう。
私は、あまりあのワックスで付ける粒が好きではないんです。
粒にばらつきが出、まん丸風に揃わなかったり。まん丸に出来ても、後でぽろっと外れたり。
繊細な金で素敵なグラニュレーション(粒金)も、今回は銀ですし粒が大きいですし、半球に近い
粒にしないと重さが心配ですし…。
という事で、粒は装飾線を使ったり粒を1つ1つ作成し、全て3回程に分けてロウ付けでつけました。
初めての試み。
 

仕上がりはとても気に入っています。
お客様にも喜んで頂けて良かった!


部分的にK18を使用した事も、グリーンの石がより引き立って良かった!


こちらのお客様は、私の色々な引き出しを開けてくださる。
普段のお話や「こういうのあったら素敵」というご提案が、あ、こうしたらもっと素敵とか
この方法なら可能だなとか。
最初のイメージ以外は基本はお任せにして下さるのですが、安心して思い切りやらせていただいています。
今回も、私本人は気づいていなかった引き出しを、見つけて開けて頂けたお仕事でした。
感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。
 
| admin | オーダーメイドジュエリー | 09:54 | comments(0) | - | pookmark |
インド風?オスマントルコ風のstile fiorentino
こんばんは。
12月31日。大晦日の22時半です。

日曜日から、ん?と思っていた胸の痛み。
水曜日に病院へは行ったのですが、木曜日から完全に体調を崩しておりました。(現在進行中)
昨日も今日も、16時頃からは無理せず横になっています。で、今頃起きだす。
家は掃除はそこそこ出来たし、経理も9割り終えましたが、事務所の大掃除は終らず。
新年が明けてから、体調が回復しきったら、やればいいかなと思っています。

2016年も、多くの方にお会い出来、商品を気に入って頂いたり、オーダーメイドで
手がけさせて頂いたり。
とても充実した1年でした。ありがとうございました。
今年もあと1時間とちょっと。
楽しい年末をお過ごし下さい!

2016年最後に、クリスマス前にお納めをさせていただいた stile fiorentitoのご紹介です。
 

こちらです。

今回のオーダーもとてもストーリーがありました。
ご結婚されたとき、プロポーズも、誕生日も記念日、結婚式もされなかった、お互いにイベントが
好きではなかったという、そんな奥様。
最初にKadomiに来店をされたとき、とにかく身に着けているアクセサリーが全ておしゃれ。
且つ本当に似合っていらっしゃった。エスニックな雰囲気のジュエリー重ね付けを。
本当に素敵な方でした。
インド系のK22のアイテムたちと、多分、されているリングとバングルはマルコムベッツ。
それも相当前のものかな?即気づいた。
日本では、バーニーズニューヨークで取り扱われている英国人デザイナー。
吉本ばななが好きで身に着けていることもあって、著書で触れていてより名が知られたブランド。

97年。私がイタリアに渡って3か月目の8月。記録的猛暑の年で亡くなった方もいらした。
そんなうだるような暑さ(当時フィレンツェはブランド店とかリナシェンテというデパートしか冷房が無かった)
と、とあることがあってフィレンツェから逃げ出したくなり、大学時代に通って歩き慣れていた
ロンドンに脱出したのです。
その時、まだ彫金を始める前です。
その97年夏に、マルコムベッツのリングを私は手にしているのです。一目惚れをして。
それもSVとK22のコンビのリングを。そんなに有名な方とも知らずに。
(探したけれど見つからない。どこへ行ってしまったのか…)
そんなご縁もあって、初対面だったこの方のオーダーをお受けしようと思いました。

お客様、旦那様に、「16年越し。そろそろ何か買ってくれたまえ!(お客様のメールのままの文)」
と言ったところ、「最新型食洗機」が候補に。でも、やっぱりリング…ということで
毎晩のネットサーフィンで私を見つけて下さったと。


こちらのリングのテーマは「インド風、stile fiorentino」且つ、弊社のサイトにあるB-36とほぼ同じ彫で。
もう、フィレンツェスタイルという名前なのにインド風と付く。
私的にはお客様を見ていて「オスマントルコ風もお似合いそう」と。
ならば、普通のカットのダイヤはやめましょうかと。
かつ、制作をする過程を楽しんで頂きたく、ご提案してみた所、ご自分でダイヤを選ばれたい!という事で
ダイヤを取り寄せ、お客様ご自身で全てのダイヤを選んでいただきました!


もちろん私も一緒に、ダイヤを選ばせて頂きました。色のアドバイスや石の高さなどを合わせたり。



お納めさせていただいた後、旦那様にリングをご覧頂いたというメールをいただきました。
「結婚継続契約指輪」と名付けられたこのリング。
stile fiorentitoですが、とてもオリジナリティーのある素敵なリングになったと思います。

実はお客様、お仕事ではアクセサリーは結婚指輪も含め、ピアスさえも何もつけられない
んだそうです。
お仕事は、「手話通訳」。
そしてこの手話ですが、日本で「言語」として認められたのは、なんと、ここ数年だそう。
東日本大震災の直後、ボランティアとして参加された後、今までの仕事を辞めて
これは自分もやらなければと、手話通訳を本格的に仕事として始められたそうです。
実は世界共通語でない手話、実際の言葉のように国でそれぞれ違うのかなと思っていたら
日本では地方だけではなく、町や村でも異なるものがあるそう。
手話に関してのお話、背景などを伺っていたら、本当に驚くことばかりで。
通訳として手話をする際は、手の動きや口の動きを読み取られる妨げにならないよう、貴金属は禁止。
その例なども伺い、実際にお客様がされる手話を拝見して、寒気がしたり、涙が出たり。
『手話は見ることば』だと言われるお客様。
言葉で話して伝える以上の臨場感も体験させていただきました。

お仕事が終われば、大好きなイエローゴールドのジュエリーをたくさんまとわれて。
素敵だなぁと、本当に思いました。
お会いするのがとても楽しみなお客様でした。


こちらはinstagramにアップしていた画像。
後ほど動画もアップしようと思います。
たくさんのおしゃれなセレクトショップのジュエリー販売会やイベントにも顔を出されている方なので、
どこかで、このリングをしたエキゾチックな素敵なお姉さまにみなさんもお会いするかもです。
楽しいお仕事でした。
ありがとうございました。
| admin | オーダーメイドジュエリー | 22:52 | comments(0) | - | pookmark |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ Twitter
+ RECOMMEND
JAPAN PRECIOUS no.84(Winter 20―ジュエリー専門誌の決定版 ブランドガイドブック 2016
JAPAN PRECIOUS no.84(Winter 20―ジュエリー専門誌の決定版 ブランドガイドブック 2016 (JUGEMレビュー »)
矢野経済研究所

Kadomiのカメオを用いた商品を掲載いただきました!
+ RECOMMEND
持ち歩ける 吉祥寺本 (エイムック 3069)
持ち歩ける 吉祥寺本 (エイムック 3069) (JUGEMレビュー »)

移転してはじめて掲載していただきました!後ろから2ページ目に小さいですが素敵に紹介していただいています!
+ RECOMMEND
東京 マイファーストジュエリーショップガイド
東京 マイファーストジュエリーショップガイド (JUGEMレビュー »)

ジュエリーショップガイドに今回もKadomi shop&factoryを紹介して頂きました!今回も知人友人がいっぱい紹介されています!
+ RECOMMEND
東京ジュエリーショップガイド―自分で選ぶ自分のための“for me”ジュエリー (αLaVieガイドブックシリーズ)
東京ジュエリーショップガイド―自分で選ぶ自分のための“for me”ジュエリー (αLaVieガイドブックシリーズ) (JUGEMレビュー »)

はじめの方のページにカメオの作品、オーダーリフォームのカテゴリーでKadomiを紹介していただきました!
+ RECOMMEND
KIMONO姫 10全部買えます編 (祥伝社ムック)
KIMONO姫 10全部買えます編 (祥伝社ムック) (JUGEMレビュー »)

P,15にKadomi 和ジュエリーかろん の帯留めとかんざしが掲載されました。
+ RECOMMEND
InRed特別編集 大人女子の浴衣 (e-MOOK)
InRed特別編集 大人女子の浴衣 (e-MOOK) (JUGEMレビュー »)

お問い合わせをいただいたのでこちらで紹介。17ページでイラストレーターのハセガワ・アヤさんが身につけている帯留めは「かろん」のタツノオトシゴの帯留めです。サイトからお問い合わせいただけます。
+ RECOMMEND
GMプレミアムジュエリー 2010S/A (HINODE MOOK 50)
GMプレミアムジュエリー 2010S/A (HINODE MOOK 50) (JUGEMレビュー »)

「33組の日本人クリエーター」に掲載していただきました!そして、掲載されている人たち、知り合いがいっぱい!
+ RECOMMEND
お誂え手帖 ふだん使いのかわいいもの編
お誂え手帖 ふだん使いのかわいいもの編 (JUGEMレビュー »)
花島 ゆき
62ページから71ページまで、デザビレの中での制作風景や諸々を取材、掲載して頂きました!他にも素敵なお誂えをお願い出来る作家さんの作品や工房も興味深いです!!
+ RECOMMEND
ART BOX vol.2 JEWELRY (ART BOX MOOK SERIES) (ARTBOX)
ART BOX vol.2 JEWELRY (ART BOX MOOK SERIES) (ARTBOX) (JUGEMレビュー »)

2ページにわたり、カメオやレリーフを使用した作品を掲載していただいています。
+ RECOMMEND
アンティーク着物スタイルブック
アンティーク着物スタイルブック (JUGEMレビュー »)
大野 らふ
いくつものコーディネートの中に、そして帯留めの紹介もして頂きました!Ponia-ponの店主らふさんのコーディネートは、着物も帯留めもとても勉強になります。
+ RECOMMEND
現代日本のクラフト〈vol.2〉 (ART BOX IN JAPAN)
現代日本のクラフト〈vol.2〉 (ART BOX IN JAPAN) (JUGEMレビュー »)

11月23日発売のこの書籍のP130、p131の2ページに渡って掲載していただいています!
+ RECOMMEND
ダイヤモンド・ナビ Vol.4 (4)
ダイヤモンド・ナビ Vol.4 (4) (JUGEMレビュー »)

この本の見開きと、中のなんと2ページに、作品を紹介していただきました!
ブロの写真とブロの文章で、とても素敵にしていただいています。是非手に取ってご覧下さい!!
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE